更新

ボルダリング上達のコツは【姿勢・ホールド・ムーブ】3つの基礎にあり!



test

4. ボルダリング上達のコツ【ムーブ編】

 

最後はムーブについて。基本移動や掴み方のコツを習得したら、「ムーブ」の種類も押さえておきましょう。

 

①ダイアゴナル

 

初心者でもマスターしやすい登り方。
ホールドを取りに行く手と、同じ側の足を内側に捻るようにして進みます。例えば、右手でホールドを掴んだら、右足を内側に捻ってホールドに乗る、といったようなイメージです。

このとき、両腕を伸ばしておくことと、次のホールドを掴むタイミングで体を捻るようにすることがポイント。捻るタイミングが早すぎると、体力の消耗が早まります。

②正対ムーブ

 

ダイアゴナルムーブと一緒に覚えておきたい、基本ムーブの一つ。
両足はガニ股の状態にして、体を壁に引き寄せながらホールドを取りに行きます。
次のホールドを掴むときは、手と同じ側の足を少し高めにおいて進みます。重心を足に預けながら動きましょう。

③ ヒールフック

 

かかとを使って体を支える登り方。かかとをホールドにひっかけて、体を壁に近づけるように巻き込みながら進みます。
かかとはホールドの横からねじり込ませるようにして載せると、うまくハマりやすいのでおすすめです!

④ キョン

 

2つのホールドに、引っ張り棒のように足を置いて、下半身を安定させる登り方です。
片方の足を内側にひねり、重心を低くすると登りやすくなります。
足だけでなく、腰からねじり上げるようなイメージにすると、体がぶれずに安定するのでおすすめ。

 

5. ボルダリングを上達させるために必要な「3つ」の筋肉

 

ボルダリングの上達が早い人は、ひそかに自宅やジムで体を鍛えているんです!
具体的に、鍛えるべき箇所は以下の3つ。

 

①体幹

 

体の軸を安定させることで、余計な筋肉痛や体力の消耗を防ぐことができるようになります。体幹は、ボルダリング中の姿勢に関わる重要な要素。
手足に頼らず、無駄のない動きをするなら体幹トレーニングは欠かせません。

体幹の鍛え方はコチラ

【参考記事】『体幹トレーニングで人生変わる!モテるカラダ、脱げるカラダに!

②握力

 

ボルダリングは、指を使ってホールドに引っ掛ける動作をスムーズにすることが上達のカギ。
手の握力もそうですが、指の力を鍛えることも大切です。
指のトレーニングは自宅でも簡単にできるので、暇があれば試してみてはいかがでしょうか?

指の筋肉の鍛え方はコチラ

【参考記事】『指の筋肉鍛えたい人、必見! 指の筋力UPトレーニング方法を伝授!

③広背筋

 

背中の筋肉も、ボルダリングに欠かせません。上級者やプロアスリートの体を見ると、みんな広背筋や僧帽筋が発達しています。
広背筋を鍛えると、手で掴んだホールドを体に引き寄せる力が発達するので、動きがスムーズになります。
懸垂やジムトレーニングなどでしっかりと鍛え上げましょう!

広背筋の鍛え方はコチラ

【参考記事】『背中の筋肉「背筋」の鍛え方大全集!モテる背中はトレーニング次第で誰でも手に入る!!

 

【初心者必見】ボルダリング上達のコツは基本にあり!【姿勢・ホールド・ムーブ】を基礎から解説!

  • 1. ボルダリングにはオブザベーションも重要
  • 2. 手や腕だけではなく、足や背中を使って登る

ライター後記

知人はボルダリングにハマっていて、休日のたびにボルダリングジムに出かけては、登っている動画をインスタにアップし続けています(笑)
みるみる上達しているし、何よりも本人が楽しそうなので、いいストレス発散になっているみたいです。
コツは色々あるようですが、上達への近道は「頑張る」より「楽しむ」ことだと思います。登る回数を増やして、体を慣らしていきましょう。

 

ミウラコト

楽しく続ければ上達する!

4人の男子メンバーと共にバンド活動に励みながら、ライター業を勉強中。美容はもちろん、グルメや恋愛にも興味あり!好奇心旺盛ガールです。

1 2


モニター募集

RELATED POSTS / 関連記事


test

RELATED POSTS / 関連記事