更新

美容業界で使える!自信にもなる!スキンケアの資格「費用や期間を徹底比較」



test

3.【スキンケア資格②】スキンケアカウンセラーについて

 

こちらは、スキンケアアドバイザーに比べてより高度なスキンケア知識を学ぶだけでなく、「カウンセリング」における話し方や心得なども身につけられる資格です。
肌の悩みを持つお客様の心に寄り添い、本質的な悩み改善へと導くことができるようになるそうです。

 

◎ 取得するメリットは?

 

スキンケアアドバイザーよりさらに高度な知識が身につけられることに加え、カウンセリングスキルも学ぶことができることが、この資格のメリットです。
メンタルヘルス・カウンセリングの要素を踏まえ、まずお客様の悩みを聞く力を養い、そこから顧客心理に基づいたHow toを理解していくことが可能です。

◎ 取得までの期間、費用は?

 

こちらも通信講座で受講が可能ですが、前述したスキンケアアドバイザーの資格を取得していることが受講資格となります。
期間は同じく6ヶ月で、公式テキストによる課題レポートの正解率が80%を超えると認定されます。
受講費用は¥68,000で、やはり年会費、初回登録料、合格後も資格更新料などが必要。これらの金額もスキンケアアドバイザーより若干高額になります。

◎ こんな人におすすめ

 

学ぶ内容も高度になり、費用も割高になりますので、スキンケアアドバイザーを取得したあと「もっと知識を深めたい!」という方におすすめです。スキンケアカウンセラーを取得している人の職業はスキンケアアドバイザーとだいたい同じですが、さらに自分自身をスキルアップさせたい! という方にピッタリなようです。

スキンケアカウンセラー公式サイトへ

 

4. そのほかにも…美容業界で役に立つ「スキンケア資格」

 

スキンケアに関する資格は他にもいろいろあります。
美容業界を目指す方、美容に興味がある方は、費用と内容を比較して自分にぴったりなものを探してみてはいかがでしょうか?

 

◎ その他のスキンケア資格

 

・スキンケアマイスター

 

日本コスメティック協会が認定する資格で、コスメやサプリメントに関する知識が中心となります。受講料も5000円と安価なので、入門編の資格を考えている人にも敷居が低いですね。

・ベビースキンケアセラピスト

 

こちらは赤ちゃんのスキンケアに特化した資格です。大人より繊細な赤ちゃんのお肌。資格を取得すれば、意識の高いママたちから信頼を得られそうです。ロイヤルセラピスト協会が認定する企画で、受講料は125,000とややお高め。
身近に赤ちゃんがいる人にもおすすめですね。

・スキンケアスペシャリスト

 

通信講座のformiが行っている資格講座で、皮膚科学から総合的に学べる資格です。やはり通信講座ですが、35,000円と受講料がリーズナブルな上に内容も比較的充実しているようですので、スキンケアアドバイザーを取得するには少し予算が…という方にはおすすめかもしれません。
ただし、こちらを受講してもスキンケアカウンセラーの受講資格は得られませんので、スキンケアカウンセラーの受講を先々考えている人は注意しましょう。

・スキンケアフェイシャリスト

 

スキンケアアドバイザー、スキンケアカウンセラーと同じくスキンケア協会が認定している資格です。こちらはフェイシャルケアに特化。エステの施術で一番人気はフェイシャルですし、最近では美容院や理容室でもフェイシャルマッサージを取り入れているところが増えていますので、そうした職業の方におすすめです。もちろん、自分自身のフェイシャルケアに興味があるという方も。スキンケアアドバイザー、スキンケアカウンセラーなどと一緒に受講することができるのも効率的です。

◎ 美容部員になるなら、この資格もとっておこう

 

そのほか、「美容部員になりたい!」と思っているのなら、以下の資格取得も検討してみましょう!

・日本化粧品検定(コスメ検定)

 

受験者数は30万人を超え、美容関連の検定試験としては日本最大級です。化粧品の歴史に始まり皮膚理論学やメイクの基礎知識、さには薬機法などの法律も盛り込まれています。Webで無料で受験できるのも大きな魅力。美容ライターなどにも人気があります。

・コスメマイスター

 

スキンケアマイスターと同じ、日本コスメティック協会が認定している検定。こちらはスキンケアマイスターに比べコスメ寄りの内容になっていますので、美容部員や化粧品関連の仕事をするならおすすめの資格です。

・メイクセラピー検定

 

メイクセラピストジャパンが認定する資格で、心理カウンセリングの手法を取り入れたメイクアップ技法(メイクセラピー)を学ぶことができます。メイクだけでなく心も元気になるようなサービスを提供したい、という人のおすすめ。高齢化社会のなかで今後需要が高まりそうですね。

・メイクアップアドバイザー検定

 

JMA日本メイクアップ技能検定協会が認定する資格で、スキンケア、メイクアップの基礎的な知識を確認することができます。化粧品に関心の高い一般女性がターゲットになっていますので、美容部員を目指したい人は腕試しにどうでしょう?

レインボー池田くんもメイクアップアドバイザー資格ゲット!?▽

【参考記事】『メイクアップアドバイザー試験の勉強、スタートー!


一言でスキンケア資格といっても、細かく見ればそれぞれに特徴があります。自分がやりたい仕事や美容で目指したい目標にあった資格を取得するようにしましょう!

 

美容業界行くなら「スキンケアの資格」!かかる費用や期間はどれくらい?【種類別に徹底比較】

  • 1. スキンケア資格で幅広い知識が学べる!
  • 2. 主な資格は「スキンケアアドバイザー」と「スキンケアカウンセラー」
  • 3. 他にも資格はたくさん!自分に合ったものを選ぼう

ライター後記

先日まさに友人が受けていたコスメ検定。無料かよ! ということで、私も受けてみようかなと思いました。

 

西まごめ

週刊誌記者を経てフリー編集・ライター。美容男子クレオパトラ担当。

1 2




RELATED POSTS / 関連記事


test

RELATED POSTS / 関連記事