更新

スキンケアはほどほどが大事。「やりすぎスキンケア」が肌に逆効果な理由とは?



test

2. “やりすぎスキンケア“を変える!正しい回数や方法をcheck

 

では、正しいスキンケアの回数とはどのぐらいでしょう?
個人差はありますが、目安としてご紹介します。

 

◆ 洗顔は1日に2回がベスト

 

洗顔は基本的に夜と朝の2回で十分です。
日中メイクをしている人も多いでしょうから、夜はメイク落としと洗顔を入念に。
反対に、朝は肌質に合わせて洗顔の仕方も変えましょう。
脂性肌なら夜に分泌された皮脂をしっかり落とす必要がありますが、乾燥肌なら朝はぬるま湯でかるくすすぐだけで大丈夫。
朝はまったく洗顔しない! という人も中にはいますが、寝ている間に顔にもほこりがついていたりしますので、すすぎ洗いぐらいはしたほうが賢明です。

洗顔料選びも重要!

【注目記事】『【40代】洗顔料ランキングTOP3!美容賢者も納得の洗顔料タイプ別人気商品を紹介!

◆ 保湿は肌質に合わせてアイテムを決める

 

皮脂の過剰分泌も、実は乾燥によって起こることがあるので、基本的にはどんな肌質でもこまめな保湿は大切です。
とくに乾燥するのは冬場ですが、夏もエアコンによって室内が乾燥していることが多いので、保湿に関してはどんなときも1日2回といわず、細かくケアできたほうがベターでしょう。
暑くて汗をかいているから保湿はいいや…と思っていても、汗が蒸発することによってお肌はカラカラ、なんていうこともありますからね。
目安は1日4回。朝の洗顔後と、お昼休み、そして夕方、夜の帰宅後です。
昼休みと夕方は、それぞれメイク直しのタイミングで保湿すると、その後のメイクのもちも違います。
スプレーボトルに入れた化粧水や、メイクの上からでも使えるジェルなどが便利ですよ!

ただし、敏感肌や脂性肌など、肌質によって使用するアイテムは異なってきます。
自分に合うブランドがわからない、というときは、試供品を片っ端から試しましょう!

肌の変化に合わせてケア用品も変えていきましょう▽

【注目記事】『【30代】人気おすすめ化粧水ランキングTOP3発表!30代のお肌のお悩みを解決する化粧水とは?【男性向けも!】

◆ 化粧水はハンドパックでなじませる

 

やりすぎスキンケアの人にありがちなのが、化粧水をパンパンと顔に叩きつけること。
とくに大量に化粧水を使用しているときにやりがちですが、肌に余計な刺激を与える元ですし、せっかくの化粧水も撥ねてしまい、肌ではなくソファやフローリングなど、お部屋に染み込んでしまうことに(笑)。
化粧水は必要な量を手のひらに出し、体温で少し温めてから手のひらで顔全体を包み込むようにして保湿しましょう。
このとき、ゆっくりハンドプレスすることでしっかり浸透していきます。
乾燥が気になる方は、これを数回繰り返しましょう。
お風呂上がりや洗顔後、1秒でも早く化粧水をつけることもポイントです。

◆ お肌のざらつきには酵素洗顔料がおすすめ

 

毛穴パックやピーリングが大好き! という人は、酵素系洗顔料を使ってみてはいかがでしょう。
物理的にこすることなく角質をやわらかくしてくれますので、使い続けるうちに肌がやわらかくなっていきますよ。
パウダータイプのものよりも、もともと泡状になっているフォームタイプのほうが「泡立ち不足」で肌を傷める可能性が少ないので、ズボラさんにもおすすめです。

酵素洗顔が肌質を変える!?▽

【注目記事】『酵素洗顔でモテる美肌と美白に!! オススメの酵素洗顔ランキング!

 

3. スキンケアは「やりすぎないこと」が美肌への近道!

 

スキンケアをしていると自分がいいオンナになったように思いますが、やりすぎると肌本来のポテンシャルも奪ってしまいかねません。スキンケアは、その成分を外から入れ込むことだけが目的ではなく、肌の底力を引き上げることが重要です。
正しい知識を身に着け、「必要なこと」をぬかりなく行うようにしましょう!

すっぴんがキレイになれば、メイクも楽しくなりますよ⁉

自分に自信の持てる美肌へ▽

【注目記事】『すっぴんに自信が持てないのは肌が汚いから!?すっぴん美人になる最強スキンケア法

 

 

ほどほどが大事。「スキンケアのやりすぎ」がお肌に逆効果の理由とは?

  • 1. 肌も人間と同じで構えばいいってものじゃない
  • 2. どんなときでも保湿は大事
  • 3. スキンケアの目的は肌本来のポテンシャルを引き上げること!

ライター後記

ここに書いてあるNG項目は全部体験してきました。とほほのほー

 

西まごめ

週刊誌記者を経てフリー編集・ライター。美容男子クレオパトラ担当。

1 2




RELATED POSTS / 関連記事


test

RELATED POSTS / 関連記事