更新

【ニュー男子】三峯神社考



test

 

おはようございます。新しい年がはじまりましたね。
そういうことに全然詳しくないのですが今年は(?)2月5日が春節、旧正月だそうです。
この間、お正月があったばかりですが、のろのろしているうちにビュンビュン時が過ぎたので、

あらためてこの旧正月に、心をあらたにしよう。

いろいろ自分のよきように利用して心の風通しを良くしよう、そんなことを思っています。
ちなみに、ホロスコープ的には春分が1年のはじまり。「宇宙元旦」だそう。
だからどうした、と言えばまったくそうなのだけど、ようするに外側の現実やら現象は、自分の内側を見つめ整えるために使えばいいのだからして、リフレッシュ、ふんどし締め直す的な機会を欲するときは、どんどん取り入れていこう! と思うのであります。

そんなわけで旧正月明けに、去年にひきつづきまた三峰神社へお参りへ行ってきました。
初めての昨年は、基本的に雨、ときどき雪、というそれは寒くて昼でも暗くてどこか「あの世」のような場所に感じた。
今年は寒かったけどよく晴れて、同じところでもこうも印象が違うものか、と驚くほどでありました。

三峰神社といえば、関東屈指のパワースポットなどとネット界隈で言われているのですが、
いろんな人が書いた記事に目を通して受け取ったのは、パワースポットといっても、ハッピー系ではなくハード系神社だということでした。
二度目の詣でを終え、一度目のことも思い出し、「たしかにあそこはズシンとくる」と思った。

話は少し変わりますが、占星術世界では「土星」は「土星先生」などと呼ばれることもあり、厳しい天体だったり、試練の星みたいにあらわされている。
その土星情報を知った今年は「三峰神社って土星みたい」と思った。
そして、逆説的に土星が象徴するものへの理解が少し深まった気がしている。

さて、なにを書きたいかというと、たとえば試練とか厳しさみたいなものもまた”恩恵”ということです。
体感だけで書いてて恐縮ですが、だって、三峰神社が関東随一のパワースポットとされているけれど、その三峰さんは、どう考えても「お願いごとがあったらすぐ叶えるよー」みたいなムードじゃないのですもの。
実際、去年の三峰初詣の直後になんともハードなことが勃発。
そしてそれは”単発のアクシデント”ではなく、勃発したことでそれまでの生活が変化してしまい、そのズシリとしたnew現実を生きなくてはならない、というものだった。そのような2018年だった。

山奥にあり車で家から3時間はかかる土地のため、次にここへくるのは何年後だろう?と、初めて行った時に思ったのですが、たとえば「三峰神社がさー」と通りすがりの人が喋っていたり、SNSの投稿でパっと目に飛び込んできたり、ちらちら”三峰サイン”があらわれたと思ったら、今年も行くという話になった。
そして参拝後、また現実がガツンと動き出した。
その”動き”は「ラッキー!」みたいなことではなくて、「ひー」「ズーン」ってなもので、
ああ、そうだった、そういう神社だったのだ。ということを深く思い出している今。

でも、去年の”勃発”も今年の「ひー」も、決して悪い出来事ではない。
占星術での「土星」は今世の使命をあらわすとされている。太陽が「人生の目的」で土星が「使命」。
その違いの個人的な見解は、人生の目的は”わたしの叶えたい夢”みたいなもので、
使命は”わたしたちの向かう未来のためになすこと”。
個人的な快適さを経て、より大きな集団的な快適さのために私というパーツはどのように在るべきか、それを示すのが土星であり、使命なのかな、と。

土星的な生き方、自分になるにつれ、より自他の境がなくなり、利他の心が自然となり、自分ひとりだけの幸福から、みんなの幸福を願うようになる。
その意識になったとき、より大きな幸福を得ることができる。
そんなことを感じます。
また、そうした土星的な意識の拡大のためには、それまでのコンフォータブルを揺り動かし、余分や甘さを手放し、より本質的なものにフォーカスしなさいよ、という事態が時には必要。
パワースポット三峰神社の発するパワーとはそうしたものなのかなと思う。

もちろん、三峰詣の後、「ラッキー!」みたいな展開が起こる人もいるのでしょう。
だから、ただぼくがそう感じたにすぎません。
「ぼくがそう感じた=そう捉えた=その意味、力を与えた=自分の中のその部分を意識した=そこが活性化した」という話です。

うだうだ書いていますが、ようするに、

自分がフォーカスすることが、人生にあらわれる。

ハードなこと=災いではなく、newな自分への殻が割れる際の必要体験。
三峰詣を終え、旧正月明けにそんなことを思っているのでございます。本年もよろしくお願いいたします。
(あっ! 今夜会う人が、三峰神社の存在を教えてくれた人だったんだ! ふぅー、ふしぎ)

 

■パワースポットに興味のある方はコチラも▽


【参考記事】『一都六県のおすすめパワースポット【恋愛成就・祈願達成】

 





RELATED POSTS / 関連記事


test

RELATED POSTS / 関連記事