更新

気になる彼は「誰にでも優しい男」だった!究極にわかりづらい脈あり、脈なしサインを見逃すな!



test

誰にでも優しく接する男性の心理を読み取るのは難しい。その人があなたの気になる相手だとしたらなおさら。
「誰にでも優しい男」は、脈あり、脈なしサインがとにかくわかりづらいんです。
そのため、女性側もどんなアプローチをしたらいいか悩んでしまいます。
今回は、そんな「誰にでも優しい男」が出す、わかりづらい脈あり、脈なしサインを紹介していきます。さらにはそんなDYな彼へのアプローチ方法までも伝授!
誰にでも優しい男との恋愛を成就させるコツ、お教えします!

気になる彼は「誰にでも優しい男」だった!究極にわかりづらい脈あり、脈なしサインを見逃すな!

気になる彼は「誰にでも優しい男」だった!究極にわかりづらい脈あり、脈なしサインを見逃すな!

1. 誰にでも優しい男の脈ありサイン

 

誰にでも優しい男のだす脈ありサインは見極めるのが難しい…。
そんな男性でも、本命にだけ送る脈ありのサインはいくつかあるんです!
彼の行動や言動をチェックして、あなたに好意があるか確かめていきましょう!

◆ 脈ありサイン①: よく目が合う

 

好意を寄せている相手を目で追ってしまうのは、本能的な行動の一つ。
誰にでも優しくする男でも、気になる女性のことはちらちらと目で追ってしまいます。
なんとなくよく目が合うなと思ったら、脈ありのサインかもしれません!
グループなどで話している時でも、目を合わせる回数を増やして、あなたにますます意識を向けさせちゃいましょう!

◆ 脈ありサイン②: 連絡が頻繁

 

誰にでも優しい男は、基本的にコミュニケーションが上手。
そのため、たくさんの人と連絡を取り合っています。
そんな相手が、何気ないことがきっかけで連絡してくる頻度が高いのは、脈ありの可能性あり!
誰にでも優しい男でも、好きな相手には、どんな些細なことも報告して、体験を共有したいと思うものです。
LINEだけでなく、電話を頻繁にしてくるのであれば、脈ありの可能性はさらにUP!

◆ 脈ありサイン③: 困った時に助けてくれる

 

困った時に必ずそばにいてくれたり、悲しんでいる時に励ましてくれたりする男性の優しさは本物。いくら誰にでも優しくできる人でも、緊急事態に駆けつけたいと思うのは、あなたが彼にとってよっぽど大切な人だという証。
誰にでも優しい男性の中でも、特に面倒見がいい男性にありがちな恋愛のサインだと言えるでしょう。

◆ 脈ありサイン④: 時に厳しいことも言ってくれる

 

厳しい意見は、誰にでも言えるわけではありません。
誰にでも優しい男性ならなおさら、特別な相手にしか言いにくいことをわざわざ伝えようとはしないはず。何とも思っていない相手には、うわべの優しさだけを伝えるか何も言わないのかのどちらかでしょう。
普段は優しい彼が、耳が痛いことも勇気を出して言ってくれるのなら、それはあなたのことをよほど大切に思っている証拠!

◆ 脈ありサイン⑤: 2人きりになりたがる

 

2人きりの遊びに誘ってきたり、みんなでいる時に2人きりになりたがったりしてきたら、ほぼ脈あり!
誰にでも優しい男は、あなたに対する好意を2人きりの時に伝えようとしているはず。
みんなでいる時とは違う表情を見せてきたり、普段よりもさらに優しくしてきたりするかどうかをチェックしてみましょう。
好きな相手には、誰にでも振る舞う優しさではなく恋人としての優しさを発揮したいと思っているはずです!

 

2. 誰にでも優しい男の脈なしサイン

 

誰にでも優しい男の脈ありサインがわかったところで、脈なしの行動や言動についてもチェックしましょう!
あらかじめ脈なしサインをわかっておけば、余計に傷つくこともなくなります!

 

◆ 脈なしサイン①: 恋愛に対して消極的な発言をする

 

「今は恋愛する気ないんだよね」や「好きな相手がなかなかできなくて困っている」などと発言してきたら要注意。
恋愛に対して色々と消極的な理由をつけてはいますが、目の前にいるあなたに対して脈がないということの表れです。
友達として話しているのかもしれませんが、もしかしたら自分に好意を寄せている相手を遠ざけるために話している可能性も!
どちらにしろ、脈がある可能性は低いです。

◆ 脈なしサイン②: 2人で出かけてもあっさり解散

 

誰にでも優しい男は異性の友人も多いので、他の女性と出かける機会も多いはずです。
もし気になる男性を誘ってOKをもらえたとしても、2人で出かけるだけで喜ぶにはまだ早い!
2人で出かけた時点で、あなたを友人として好きなことには間違いありませんが、それが恋愛的な感情であるかどうかはまた別。
遊んでいる時、少しでもデートの雰囲気を感じなかったり次回の約束を話すこともなくあっさりと解散したりしたら、脈なしサインかもしれません。

◆ 脈なしサイン③: 他の女性にも同じような態度

 

少し優しくされただけで勘違いしないように注意!
彼があなたに示してくれた優しさを、他の人にも同じようにしていないかチェックしましょう。
また誰にでも優しい男が、心からの優しさで異性に接しているのかどうかも注意すべきポイント。距離感が近かったりボディタッチが必要以上に多かったりした場合、もしかしたら彼はただの女たらしの可能性も!

◆ 脈なしサイン④: LINEがすぐに終わる

 

LNEしてもすぐに会話が終わったり、必要最低限の要件でしかやり取りをしなかったりしたら脈なしかも。特に、LINEのきっかけがいつもあなたからである場合は、脈なしの可能性が高いです!誰にでも優しいからこそ、向こうから来たLINEには必ず返信しますが、好きな相手でなければ自分からLINEすることは少ないでしょう。
また、遊びに誘っても口約束で終わったり、なんとなくはぐらかされたりするのはあなたに対して特別な感情がないからかもしれません!

 

3. 誰にでも優しい男へのアプローチ方法

 

誰にでも優しい男と友達になることは簡単。
しかしそれ以上の関係性になるには一体どうしたらいいのでしょうか?
ここからは、具体的なアプローチ方法をいくつかご紹介!誰にでも優しい男には、多少積極的になっても受け入れてもらえる可能性大です!

 

◆ アプローチ方法①: 大げさに喜ぶ

 

彼がしてくれる何気無い優しさに対して、少しオーバー気味なリアクションを取りましょう。大げさに喜ぶことで「この子に親切にしてよかった」と思わせ、また優しくしてあげたいという気持ちを引き出すのです。
どれだけ些細なことにもリアクションをするあなたは彼にとってたちまち好印象に。他の子と差をつけるきっかけにもなるはず!

◆ アプローチ方法②: 感謝や褒め言葉を頻繁に伝える

 

誰にでも優しい男は、人によく思われたいという気持ちを少なからず持っています。彼のいいところや優しい部分を褒めたり、日頃の感謝を頻繁に伝えましょう。
また、感謝は形にして贈るのもひとつの方法。例えば、小さなトラブルを助けてくれたり相談に乗ってくれたりした後は、お礼としてさりげないプレゼントを渡してみるのです。内容は、お菓子やドリンクなどちょっとしたものがベスト。お金のかかった特別なプレゼントは受け取りづらいですが、ちょっとしたものを贈って感謝を形にすると、彼もあなたの気遣いや真心を感じてくれるはずです!

◆ アプローチ方法③: 積極的に誘う

 

誰にでも優しくできる男性と友人になるのは簡単。でも、恋愛に対しては受け身の可能性も高いです。誰にでも優しい男だからこそ、積極的にアプローチしましょう!食事や遊びに誘ったり、2人きりになる機会を作ったりして頻繁に誘ってみるのもいいかもしれません。2人の機会を作ると、あなたに脈があるかどうかもわかりやすいのでおすすめです。

◆ アプローチ方法④: デートスポットに誘って意識させる

 

2人きりになる機会を作れたら、夜景が見えるレストランやテーマパークなどデートスポットと呼ばれる場所に出かけてみましょう。カップルがたくさんいる場所に行くと、恋愛の意識は自然と高まります。ロマンチックな雰囲気の中だと、恋バナも話しやすいはず!
好きなタイプや付き合ったらどんなところに出かけたいか、詳しく聞いてみるのもいいかもしれません!

 

気になる彼は「誰にでも優しい男」だった!究極にわかりづらい脈あり、脈なしサインを見逃すな!

  • 1. あなただけに特別なサインを出してきたら、脈ありの可能性大!
  • 2. 2人きりの時の行動や言動で、脈なしかどうか確かめてみよう!
  • 3. 彼の優しさに特別なリアクションを。積極性が大事です!

ライター後記

誰にでも優しい男はすごくよくモテるか、女子と距離が近すぎて友達のような存在になってしまうか、どちらかだと思います(笑)
どちらにしろ、コミュニケーション能力が高くて誰にでも優しく接することができるというのは魅力的ですよね。
こういう男性とは、特別な友情を築いてから恋愛に発展するパターンを狙うのもアリだと思います。例えば、相談や愚痴を聞いたり悩みを聞き出したりして、彼にとっての特別な存在になること。そばにいるうちにいつしか恋愛関係に発展しているなんてこともあるはず!

 

ミウラコト

仲のいい友達を抜け出して、彼にとっての特別な存在にランクアップしよう!

4人の男子メンバーと共にバンド活動に励みながら、ライター業を勉強中。美容はもちろん、グルメや恋愛にも興味あり!好奇心旺盛ガールです。





RELATED POSTS / 関連記事


test

RELATED POSTS / 関連記事