美容男子は男をアゲる美ジネスマガジンです。
ヒョウモントカゲモドキ徹底ガイド【値段、種類、販売場所など】意外にも飼いやすくて話題!

ヒョウモントカゲモドキ徹底ガイド【値段、種類、販売場所など】意外にも飼いやすくて話題!

人間に癒しを与えてくれるペット達。
最近では、犬や猫といったポピュラーなペットだけでなく、爬虫類の様にちょっと珍しいペットも注目されています。
そんな爬虫類の中でも、見た目の愛らしさと買いやすさで人気なのが、ヒョウモントカゲモドキ(別名レオパード ゲッコー)です。
芸能人の愛好家もいる為か、多くの人が注目している品種です。
今回は、そんなヒョウモントカゲモドキの魅力や、買い方について解説していきます。

ヒョウモントカゲモドキ徹底ガイド【値段、種類、販売場所など】意外にも飼いやすくて話題!

1. 癒しのヒョウモン トカゲモドキって?

 

ヒョウモン トカゲモドキとは、一体どの様な生き物なのでしょうか。
まずは基本的な知識から解説していきます。

 

◆〝ヒョウモン トカゲモドキ″って?

 

ヒョウモン トカゲモドキ、別名レオパード ゲッコーは、トカゲモドキと呼ばれる、イモリの一種です。
ヒョウモン トカゲモドキの「ヒョウモン」は「豹紋」、つまり豹のような模様、という事。
別名のレオパード ゲッコーも、そこからきています。
全長は18㎝~25㎝程で、ペットとして買われる爬虫類の中では小型です。
夜行性で、ピンチになるとシッポを切って逃げる性質があります。

元々はインドの北西部やアフガニスタン等の、中央アジアから西アジアの荒野や平原、砂漠地帯に住んでいた生き物です。

◆ ヒョウモン トカゲモドキの種類

 

ヒョウモン トカゲモドキは色彩豊かで、色によって種類が違います。

一般的なノーマルをはじめとして、
・ハイイエロー
・タンジェリン
・ハイポタンジェリン
・リューシスティック
・ブリザード
 アルビノ

等、様々な種類が存在しています。

品種は、体長、体色、柄などが品種として確立されていて、まとめられた特徴と、それを満たしている種類の事を「モルフ」と呼びます。
モルフによって値段に違いがあり、同じヒョウモン トカゲモドキでも色彩が違えば大きく値段が変わる事もあるのです。

◆ トカゲ初心者に癒されるペットとして人気!

 

ヒョウモン トカゲモドキは、小さく動きが遅い動物です。
その為扱いやすく、初心者向きと言われています。

爬虫類によっては、飼育に強い日光が必要な品種もあり、代用として照明器具が必要になる場合があります。
しかし、ヒョウモン トカゲモドキは夜行性の生き物ですから、これも必要ありません。
他の爬虫類が必要とする器具が不要な分、初心者でも飼育環境を整えやすいのです。

また、爬虫類によっては人に触れられる事を嫌うタイプもいますが、ヒョウモン トカゲモドキは人に触れられる事を嫌がりません。
鋭い爪や牙もないので、世話の為の移動等、飼育する上で必要な触れ合いはもちろん、手等に乗せてふれあいを楽しむ、ハンドリングも比較的簡単にできます。

 

2. ヒョウモン トカゲモドキがほしい!と思ったら

 

ペットとして飼う場合、まずは値段や購入できる場所を知らなくてはなりません。

また、ヒョウモン トカゲモドキは購入の際に法律が関係していきます。
この法律についても解説していきますので、しっかり覚えておくようにして下さい。

 

◆ ヒョウモン トカゲモドキの値段

 

ヒョウモン トカゲモドキは、モルフによって値段が違います。
一般的なモルフであるノーマルや、ハイイエロー等は3,000~5,000円程度で販売されていますが、珍しいモルフだと10万以上の値段で取引される事もあります。

しかし、これは目安の値段としてとらえておいて下さい。
ヒョウモン トカゲモドキはモルフだけでなく、入手方法によっても値段に違いがある為、必ずこの値段、とは言えない場合があるのです。

◆ ヒョウモン トカゲモドキの販売場所①: ペットショップ

 

ヒョウモン トカゲモドキの入手方法は、大きく分けて2つです。
その一つが、ペットショップで購入する方法です。

とはいっても、犬や猫に比べて出回っている数は少ないです。
確実に購入したいなら、爬虫類専門のペットショップに足を運びましょう。

こうしたペットショップなら、ヒョウモン トカゲモドキを飼う為のグッズやエサも一緒に購入できます。
また、お店の人からアドバイスを受けたり、相談をしたりする事もできるので、とても便利です。

◆ ヒョウモン トカゲモドキの販売場所②: 展示会

 

もう一つの方法が、爬虫類を集め、販売するイベントである展示会に参加して購入する方法です。
展示会では様々な種類のヒョウモン トカゲモドキが販売されており、運が良ければ珍しいモルフを購入できたり、ペットショップよりもはるかに安い値段で購入できたりします。

ただ、展示会で販売しているブリーダーによっては、あまり良くない状態で販売している場合もあります。
良い状態のヒョウモン トカゲモドキを購入したい、と考えて参加する場合、自分で販売しているブリーダーを見極める必要があるのです。

また、展示会は開催場所や時期が決まっているイベントです。
参加したい場合は開催場所や時期にも注意しておきましょう。

◆ 爬虫類に関する法律、知ってる?

 

ヒョウモン トカゲモドキは爬虫類の一種です。
その為、購入や飼育を考える場合は、それに関連した法律を知っておく必要があります。

現在、爬虫類の購入には対面での説明が義務付けられています。
通販やインターネットでの購入は違法行為に当たるのです。

 

3. ヒョウモン トカゲモドキの飼い方とは?

 

ヒョウモン トカゲモドキの購入方法を知ったら、次は買い方についても知識を得ておきましょう。

ヒョウモン トカゲモドキを飼うには準備だけでなく、エサ等の問題も深く関わっていきます。
人によっては「ヒョウモン トカゲモドキは平気だけど、エサがダメ!」なんて理由で飼う事をあきらめている人もいるのです。
自分がちゃんと飼育できるかどうか、考えながら学んでいきましょう。

 

◆ ヒョウモン トカゲモドキの飼育環境

 

ヒョウモン トカゲモドキを飼うには、最低限でも以下のグッズが必要になります。
・40~50㎝程度のケージ
・水入れ
・床材
・シェルター
・パネルヒーター
・湿度計

それぞれ解説していきます。

ケージですが、ヒョウモン トカゲモドキのサイズに合わせて購入していきます。
50㎝なら、最大サイズの25㎝の2倍の大きさになりますから、体が大きくなっても安心です。

ケージには
・ガラス
・プラスチック
・アクリル

と種類がありますが、安価で丈夫な上に、取扱店が多いガラスがおすすめです。

ヒョウモン トカゲモドキが水を飲む為の水入れも用意しましょう。
水入れは、水を飲みやすい様に口が広くて底が浅いタイプがおすすめです。
ヒョウモン トカゲモドキが乗ってもひっくり返らないように、ある程度重さがある物を選んであげるようにして下さい。

床材は床に敷く素材の事で、ヒョウモン トカゲモドキによって好き嫌いがあります。
個体によっては、気に入らない床材だとストレスを感じ、エサを食べなくなってしまう場合もあるのです。

床材は
・新聞紙
・キッチンペーパー
・パームウッド
・ウッドチップ

等様々です。

新聞紙やキッチンペーパーは用意や掃除が簡単ですが、見栄えはあまり良くありません。

パームウッドやウッドチップは見た目が良く、ヒョウモン トカゲモドキが穴を掘ったりして遊ぶ事ができます。
しかし、目を傷つけたり誤飲したりする可能性もある為、そういった点が気になるならおすすめできない床材です。

床材はヒョウモン トカゲモドキの好みや、自分が欲しい利点に合わせて選ぶといいでしょう。

シェルターはヒョウモン トカゲモドキの隠れ家となる物です。
夜行性のヒョウモン トカゲモドキが、昼間姿を隠す為に使われます。
姿を隠せる場所があると、ストレスの軽減に役立ちます。

ペットショップには様々なシェルターがありますので、お店の人のアドバイスを受け奈良が選ぶようにしましょう。

パネルヒーターと湿度計は、ケージ内の環境を保つ為に使われます。
ヒョウモン トカゲモドキは変温動物なので、自分で体温調節ができません。
温度の高い所と低い所を行ったり来たりする事で、自分の体温を丁度いい状態に保つのです。

パネルヒーターをケージの下、片側半分の所に置く事で、疑似的に温度の高い所と低い所を作る事ができます。

ヒョウモン トカゲモドキは、湿度が高い場所に住んでいた生き物です。
その為、ヒョウモン トカゲモドキが過ごしやすいよう、ケージ内の湿度を調節してあげる必要があります。

ヒョウモン トカゲモドキを飼う場合、ケージ内の湿度を40~60%に保ってあげなくてはいけません。
湿度計はこの湿度を保っているかの確認と管理の為に使っていきます。

◆ ヒョウモン トカゲモドキの餌は?

 

ヒョウモン トカゲモドキのエサは複数あります。
・コオロギ
・ミルワーム
・ピンクマウス
・ディビュア
・ミミズ
・人工餌

です。

エサの与え方は
生餌をケージ内に入れる
ピンセットで口元に持っていく
の2パターンがあります。

エサの種類や与え方を見ると分かりますが、ヒョウモン トカゲモドキを飼う際、場合によっては、ヒョウモン トカゲモドキだけでなく、エサとなる虫等の飼育も必要になります。

生餌として与えなくても、自分で餌をピンセットでつまんで与えなくてはなりません。
「爬虫類は平気だけど、コオロギやミミズ、ネズミは苦手!」という人は、ヒョウモン トカゲモドキを飼うのはあきらめた方がいいかもしれません。

◆ ヒョウモン トカゲモドキの可愛い脱皮について

 

ヒョウモン トカゲモドキは、数か月に1度脱皮をします。
脱皮が始まると体の表面が白くなるので、普段からよく観察しましょう。
脱皮後の皮を見ると、ヒョウモン トカゲモドキの模様等が残っています。
上手くいけば、ほぼそのままの姿で脱皮の皮を見られる場合もあります。

湿度が低いと脱皮の皮がそのまま残ってしまい、壊死を起こしてしまう事もあります。
脱皮が始まったら湿度管理をいつも以上にしっかり行い、皮が残ってしまったらぬるま湯に付けて優しく落としてあげて下さい。

◆ ヒョウモン トカゲモドキの注意点

 

ヒョウモン トカゲモドキを飼う際、気を付けなくてはならないのは脱皮不全だけではありません。
クル病
クリポトスポリジウム感染症
その他細菌感染
等、様々な病気にかかる可能性があります。

これを防ぐには、
適切な量と種類のエサを与える
毎日よく観察し、異変がないかチェックする
温度や湿度管理をしっかり行う
異常があった場合は、ペットショップや爬虫類を扱っている獣医に相談する
といった対策を取りましょう。

 

4. ヒョウモン トカゲモドキは飼いやすい癒しペット!

 

ヒョウモン トカゲモドキは爬虫類の中では比較的飼いやすく、可愛らしい品種です。
ちょっと個性的な癒しペットが欲しい人は、飼育してみてはいかがでしょうか。
飼育の際は、しっかりと飼育環境と餌の用意を整えてから飼うようにするのを忘れないで下さい。

 

 

可愛いし飼いたいけど…という方はこちらの趣味もオススメ▽

【参考記事】『おすすめインドア趣味20選!「モテたい!いいね!が欲しいならコレ」

 

ヒョウモントカゲモドキ徹底ガイド【値段、種類、販売場所など】意外にも飼いやすくて話題!
最新情報をチェックしよう!
>美容男子「男性エステモニター」募集中!

美容男子「男性エステモニター」募集中!

メンズエステに無料でいけちゃう!

CTR IMG