更新

空腹時の筋トレは〝筋肉を細くする?〟勘違いされがちな筋トレの正しいタイミング



test

みなさんはいつもどんなタイミングで筋トレをしていますか?
仕事終わり、あるいは仕事前など人それぞれ違うかと思います。よく運動をする時間帯については色々な考えを耳にしますが、そもそもお腹の空腹状況で筋肉の質が変わってくるという事をご存知ですか?
なんと空腹時の筋トレは筋肉を細くすると言われているんです!筋トレしているのに細くなるっておかしいですよね。
今回はなぜ空腹時の筋トレは筋肉を細くするのか、そしてベストタイミングはいつなのかを説明します。※2019/06/25更新



▼ゴリマッチョになりたいわけじゃない!そんな人にはプロテインよりHMBが手軽でオススメ▼

空腹時の筋トレは〝筋肉を細くする!〟勘違いされがちな筋トレの正しいタイミング

空腹時の筋トレは〝筋肉を細くする!〟勘違いされがちな筋トレのタイミング

1. 空腹時、満腹時の「筋トレ」はNG!

 

空腹時の筋トレはNGと冒頭でお伝えしましたが、実は満腹時も筋トレはあまりよくないのです。ただ、筋トレをしている目的によってはむしろ最適なタイミングである場合も◎一体何故どちらもダメなのか、それぞれ理由を調べてみました。

 

▼ 空腹時の「筋トレ」がNGな理由

 

空腹時の筋トレは何故ダメなのか。それは筋肉自体を細くしてしまうからなのです!!

もし、あなたの筋トレをする目的が「ダイエットしたい!体重を減らしたい!」という理由であれば、空腹時のトレーニングでも問題ありません
空腹時だと、満腹時や通常時よりも脂肪を燃焼させる為に使われる「糖」が少なく、足りない「糖」を筋肉から作ろうとするのです。
そのため筋肉は分解され細くなりますが、ダイエット目的であるのならばかえって筋肉が太くなりすぎずラッキーって感じですよね。

でも筋トレをする目的が「筋肉量を増やしたい」という理由であるのならば、せっかく作り上げてきた筋肉が脂肪を燃焼させる為にどんどん分解されてしまうのです。悲しすぎる!!

という事で、あなたの筋トレをする目的にもよりますが、キレのある肉体やパンプアップを目指しているのであれば、空腹時の筋トレはNGなんです。

▼ 逆に満腹時の「筋トレ」もNG

 

空腹時の理論から言えば、糖も足りている満腹時であれば、筋肉が分解されないと思うかもしれませんが、満腹時のトレーニングもおすすめできません。
満腹状態の時は、胃の中のものを消化し分解しようと体中の血液が胃に集中していきます。筋トレで鍛える骨格などの血液も胃に集中しているため、ある意味貧血状態。
貧血状態でトレーニングを行っても十分な力を発揮する事が出来ず、トレーニング効率が落ちてしまいます。また血も胃に集中していたけど骨格にもいかなきゃ…と中途半端な血流の巡りとなり胃の中のものが消化不良になる場合も。

血液だけではなく、からだ自体が満腹になると活動モードから休息モードになるので、簡単にいうとトレーニングを十分に出来る準備が整っていない状態にいます。
どうしてもそれでも体を動かしたいと言う時は軽いストレッチなどはいいかもしれません。だけど激しい運動やトレーニングは基本的に体の為にも避けましょう。

食事も立派な筋トレです▽

【注目記事】『筋肉を増やしたいメンズ必見!筋肉増量期の正しい食事講座

 

じゃあ筋トレのベストタイミングはいつ?効率よく鍛える方法は次ページ!
1 2


モニター募集

RELATED POSTS / 関連記事


test

RELATED POSTS / 関連記事