更新

あなたも芯が強い人になれる!必要なのは「覚悟」と「柔軟性」



test

あなたのまわりに「芯が強い」と言われている人はどのくらいいるでしょうか。優柔不断な人や、良いことを言っていても行動が伴わない人の方が多いのではないでしょうか。また、自分自身がそうだと悩んでいる方もいるかもしれませんね。
芯の強い人、意見のぶれない人は端から見ていてもかっこよく、カリスマ性を感じます。しかし、「芯の強さ」って一体なんなのでしょう?
芯の強い人はなぜそう呼ばれるのか、芯が強い人の特徴をご紹介します。「芯の強さ」の意味を学び、憧れの強い人に近づきましょう!

あなたも芯が強い人になれる!芯を強くするのに必要なのは覚悟と柔軟性!

あなたも芯が強い人になれる!必要なのは「覚悟」と「柔軟性」

1. 勘違いしてない?「芯が強い」の正しい意味

頑固やわがままとは違います!

 

「芯の強い人」と聞くと、どのような人物を思い浮かべますか?強いリーダーシップで皆を引っ張っていく人でしょうか?相手との衝突を恐れず自分の意見をはっきり言う人でしょうか?それとも、自分の意見が通るまで折れないわがままな人のことでしょうか?
どれも「芯が強い」と言われる人の一面ではありますが、全てを表しているわけではありません。

 

【芯が強い】
読み方:しんがつよい

外見上は頼りなげに見えても、やすやすとは外圧に屈しない意志を持っている。ちょっとやそっとのことでは音を上げない。「芯」は物事の中心部を意味し、「心」とも表現する。”

出典: weblio辞書

 

芯の強さの「芯」とは、人の内面のこと。周りとどう付き合っているかということではなく、あくまでもその人の意思の強さや根気強さなどの内面の強さを指して「芯が強い」と言うのです。
芯の強さで進む先を示しリーダーシップを発揮している人もいるでしょうし、芯の強さを人に見せず根気強く何かに取り組み続けている人もいるでしょう。周囲からは全く逆の人種に見えますが、どちらの人物も「芯が強い」ことは共通しているのです。

 

2. 芯が強い人に共通する特徴5選

 

芯が強いと言われる人には共通する特徴があります。あなたにはいくつ当てはまるでしょうか?全然当てはまらないという人も、ブレない生き方ができる人達の特徴を知ることで、少しでもそんな人物に近づくことができるかもしれませんよ。

 

【芯が強い人の特徴①】生き方に信念を持っている

 

芯の強い人は、生きていく上で「こうありたい」という目標や前向きなポリシーを持っています。その理想に向かって一途に努力していくため、周りからは「頑固」だとか「諦めが悪い」などと言われることもあるかもしれません。しかし、芯の強い人はそんなこと気にしないでしょう。
自分の目標に向かって突き進んでいく姿は、時に憧れやカリスマ性を人に感じさせます。大きな結果が伴えばそれはより大きなものになるでしょう。

【芯が強い人の特徴②】生活や心に余裕がある

 

芯の強い人は皆どこか心に余裕を感じられます。それは自分自身に自信があるから。自信を持っているからこそ、自分のポリシーを貫くことができます。
その自信は決して他者を見下したりする類のものではありません。芯の強い人は、強く生きていくためには「自分に自信を持つこと」や「心に余裕を持つこと」が大切であることを分かっているのです。
心に余裕があれば、自分だけでなく周りの人を気に掛けることもできますよね。そのため、芯の強い人は「頼りがいのある人」と言われることが多いのかもしれません。

【芯が強い人の特徴③】言動に筋が通っている

 

芯の強い人は、相手によって意見を変えたり、流行に流されて手のひらを反したりするようなことはありません。また、自分のプライドを守るためにできない事をできると言ったりすることもありません。
他人に合わせて意見を変えることもないので、時に「空気の読めない人」と言われてしまうかもしれません。しかし、それも信念やポリシーを持っているからこそ。
自分に自信があり、自分の言葉に責任を持って発しているので、言葉や行動がぶれることが無いのです。だからこそ、多くの人に慕われやすいのでしょう。

【芯が強い人の特徴④】自分の長所と短所を把握している

 

芯の強い人がぶれずにいられるのは、自分の長所だけでなく短所もしっかりと把握しているからでしょう。自分が得意なことには自信を持って挑めますし、苦手なことにはしっかりと努力をしたうえで臨むことができます。自分を把握することは、心の余裕にもつながります。
また、短所を把握していれば無駄に大口をたたいてしまうこともありません。できることはできる、できないことはできないとはっきり言えることも、芯の強い人の特徴のひとつです。

【芯が強い人の特徴⑤】愚痴や言い訳を言わない

 

どんなに立派な信念を語っている人でも、何か失敗するたびに言い訳や愚痴を言っていては甘えているようにしか見えませんね。
芯の強い人は、自分のポリシーをもって行動しているので、失敗をした時にも愚痴や泣き言などのネガティブな言葉で自分を守ることはしません。それで問題が解決するわけではないとわかっているからです。
自分が間違えたときは潔く謝罪して反省をします。言い訳や責任逃れなどの見苦しい行為は絶対に行いません。

 

3. 芯が強い人になるために必要なのは覚悟と柔軟性

芯が強い人は自分なりの信念を持っている

 

優柔不断な自分が嫌だと思っている人は多いと思います。芯の強い、凛とした人にはやはり憧れますよね。
しかし、ただ言動を真似しても芯の強い人にはなれません。芯の強い人間になりたい方は、次のことに気を付けて生活をしてみましょう。

 

◎ 芯が強い人は初志貫徹型が多い

 

芯の強い人はなにかしら信念を持っています。そして、その信念を根気強く守り続けています。自分の志を初志貫徹できるのは、まさに芯の強い人と言えるでしょう。
やろうと思っても誰にでもできることではありませんが、自分のポリシーをひとつでもいいので持っておくことで、少し近づくことができます。

いきなりポリシーを決めろ!と言われても戸惑うかもしれませんが、まずは自分の生活を振り返って、どうしても許せなかったことがないか思い出してみましょう。
例えば「約束の時間に遅れてくる人が許せない」という人は、時間を大事にしないこと、または約束を守らないことは良くないことだと思っているはずです。それをただ思うだけでなく、自分自身が絶対に守ると決めて続けていきましょう。芯の強い人は誰よりもまず自分に厳しい人です。

自分で決めたことをきっちりと守り続けたら、自分に自信もつき、これが自分のポリシーだと胸を張って言えるようになるはずです。

◎ 芯が強い人は心の柔軟性がある

 

芯が強い人はなかなか自分の意見を曲げない人が多いですよね。しかし、ただ頑固なわけではありません。
芯が強い人は自分に自信を持っている人が多いです。そして、自信があるがゆえに心に余裕があります。心に余裕があるため、人の意見をきちんと聞いて取り入れることができるのです。
自分の信念に反する事については、自分にも他人にも厳しいですが、そこに触れることが無ければ柔軟に相手の意見を聞くことができる。これが本当に芯の強い人です。

人の意見を聞かないだけだとただのわがままになってしまいます。そんな人には誰も憧れませんよね。芯の強さと、わがままや頑固さは決して同じではありません。芯の強い人になりたければ、柔軟に相手の意見を取り入れる心の余裕を持てるように心がけましょう。


▼自信を持つことは人生を豊かにする!!


【注目記事】『自分に自信を持つ方法。9つの行動で仕事も恋愛もうまくいく!

 

4. 芯が強い人との上手な付き合い方

何事も相手を尊重すること

 

芯が強い人は人の意見に左右されることが少なく、一見頑固に見えてしまうこともあります。そのため、「芯の強い人は人としては魅力だけど付き合いづらい」と思っている人も少なくないでしょう。恋愛関係ともなると、より気になることも多いのではないでしょうか。

芯の強い人とうまく付き合うには、まず相手の話を先に聞くことが大事。相手がどうしたいのか、どうすればよいと思っているのか、先に聞き出しましょう。
そしてもし自分と全く意見が違っていたとしても、相手の意見を否定したり、自分の意見をそのまま伝えたりしてはいけません。相手の意見を一部でも良いので取り入れて、「相手の意見+自分の意見」という形で自分の意見やアドバイスを示すようにしましょう。

これは話し合いをする時もそうですが、部屋のレイアウトを決めたり旅行の予定を考えたりする時なども同様です。芯の強い人はなかなか自分の意見を曲げることをしないため、頭ごなしに否定してしまうとただのぶつかりあいになってしまいます。

このように書くと少しめんどくさいと思ってしまうかもしれませんが、相手が芯の強い人かどうかは置いておいても、相手の意見を尊重することは人付き合いの上でとても大切なことですよね。

芯の強さは相手の魅力のひとつです。相手の意見を尊重することを忘れず、相手らしさを引き出しながらうまく付き合っていきましょう。

 

あなたも芯が強い人になれる!芯を強くするのに必要なのは覚悟と柔軟性!

  • 1.「芯の強い人」とは内面が強い人のこと!
  • 2. 芯の強い人はぶれない信念があるからかっこいい!
  • 3. 初志貫徹できる強い精神を目指して、芯の強い人になろう!

ライター後記

「芯の強さ」とは人の内面を表した言葉で、はっきりとした形のあるものではありません。しかし、大リーグのイチロー選手やサッカー日本代表の本田圭佑選手のような人、と言えばなんとなく想像はつくのではないでしょうか。
目標に向かって一途に努力し、自分の理想を叶えていく姿は多くの人に夢と希望を与えています。そこまで大きなことはできなくても、まっすぐ努力していく姿はきっと見ている誰かに感銘を与えるでしょう。なりたい自分になるために、小さいことから少しずつ努力していきたいですね。



モニター募集

RELATED POSTS / 関連記事


test

RELATED POSTS / 関連記事