更新

性行為の翌日に生理が来た!体への影響や妊娠の可能性はある?

test

例えゴムをしていたとしても、性行為はいつでも妊娠のリスクと隣り合わせ。妊娠を目的としていない性行為をした後は、生理が来るか来ないか心配になりますよね。自己責任とはいえど、不安だからと言って周りに相談したり病院にすぐに行ったりできない方も多いと思います。
今回は性行為をした翌日に生理が来てしまった場合の体への影響や、妊娠をしているのかどうかについてご紹介していきたいと思います。

性行為の翌日に生理が来た!体への影響や妊娠の可能性は?

1. 妊娠した可能性は比較的低い

 

性行為をしてすぐであれば、前戯の時や挿入した時に何かあったのかなど原因がすぐに分かりやすいのですが、性行為をした翌日に生理のような血が出て来たしまった場合、何か性行為とは別に不正出血があったのか?すぐに生理が来ると言う事は妊娠している可能性もあうのではないか…と不安になってしまいますよね。

 

◆ 生理=精子を受精しなかった証拠

 

女性は一般的に一定のサイクルで、排卵が起きます。そして子宮内膜を厚くし、受精卵を迎える準備をするのです。ところがこの際に受精卵が子宮内膜まで来ないと、厚くした子宮内膜を子宮の外に出し、元の子宮内膜の厚さに戻すのですがこの子宮から出され、剥がれた子宮内膜が血となり体の外に出る現象が「生理」と呼ばれるのです。
なので、生理が来たのが翌日であろうと、なおかつ女性の体内に精子が例え入っていたとしても精子の寿命も長くて1週間とも言われていますし、子宮内膜はもう剥がれているので妊娠はほぼないと言ってもいいと言われています。しかし、全くないという訳ではないことをお忘れなく!!

◆ セックス後はホルモンの影響で生理が早まることもある

 

また、性行為をするとホルモンが活性化し排卵を促進される事もあるようです。本能的に体内にある精子が死なぬうちに排卵をしようと早まってしまうという説もあるみたいです。
なので、性行為をした後に生理がいつもよりも早く来たという現象は病気などではないので安心して下さい。また挿入によって子宮が刺激されて早まってしまう事もあるよう…。
どちらにせよ良い状態であるとは言えないので性行為が原因で生理が早まってしまった場合は、生理中はゆっくりと体を休めて自分自身を労わってあげましょう。

◆ ストレスで生理周期が乱れている

 

性行為は関係なく日常で積み重ねられたストレスで生理周期が乱れてしまい、翌日に来る事もあります。一般的に生理の周期は28日周期と言われているのであまりにも早く生理が来てしまったり、逆に全然生理が来ない場合等、周期に違和感を感じたら産婦人科で早めに診てもらう方がいいでしょう。
産婦人科はなかなか行きづらいという方も多いかもしれませんが、意外に世の中の女性はこうした生理不順などでも通っている方が多いんですよ。産婦人科で診てもらう事によって自分では気付かなかった病気を早期発見できたり、生理痛やホルモンバランスによる情緒不安定な状態を緩和させる事が出来たりするので、何か違和感を感じるのであれば、早めに産婦人科で診てもらうべきですよ!

 

2. ただし「着床出血」や「不正出血」の可能性も

 

先ほどもご紹介したように、子宮内膜が剥がれおち出血する「生理」であれば妊娠の可能性はほぼないに等しいと言われていますが、この出血が子宮内膜が剥がれた訳ではなく出血してしまった場合は、原因によっては妊娠の可能性が高くなるので注意しましょう。

 

◆ 着床出血とは?

 

まずは着床出血。この出血があると妊娠している可能性が極めて高いでしょう。なぜならば着床出血とは受精卵が着床した際の出血。普通の生理では一週間程続く出血も着床出血である場合は2~3日で終わる場合がほとんど。出血量も少量です。稀にホルモンの関係で着床出血する場合もありますが、この場合だと出血は1週間続く事もあるとか。生理と見分ける事は難しいかもしれませんが、普段よりも生理の時期が明らかにずれていたり、少量で短期間で出血が終わった場合は着床出血を疑ってもいいかもしれません。
また妊娠の初期段階の状態である事が多いので、他の妊娠の初期段階である吐き気、だるさなども伴う場合もあります。これも生理痛と勘違いする場合も多いかもしれませんが、このような条件が重なった時はすぐにまずは市販の妊娠検査薬などで調べてみるといいかもしれません。また、妊娠した人全員がこの着床出血が起こるという訳ではないので、出なかったからと言って妊娠してないとは言い切れません。

◆ 不正出血とは?

 

生理でもなく着床出血でもなく出血がある場合は不正出血である可能性が高いです。性行為により性器などの体内の一部が傷ついてしまって出血している場合もありますが、病気である可能性も…。
ホルモンバランスの乱れで不正出血を起こす場合もありますが、中には子宮頸ガンや子宮体ガンなどガンの可能性も…。他にも膣炎などの様々な病気の可能性があるので、生理予定日付近ではない不正出血はそのまま放置せずに一度病院に行ってみた方がいいかもしれません。

▼妊娠を望まないのであれば必ず避妊を

【注目記事】『生セックスはハイリスクローリターン!その人と本当に生セックスしても平気ですか?

 

大切な身体のこと。不安があればすぐに病院へ!
1 2
モニター募集

test

RELATED POSTS / 関連記事