更新

ふくらはぎが固いのは○○な証拠?原因と恐ろしすぎるデメリットを徹底レクチャー!



test

3. ふくらはぎが固いのを改善したい!柔らかくする方法とは?

 

固いふくらはぎを柔らかくするためにはマッサージすればいいの?いいえ、マッサージだけではないんです。
毎日取り組むものは続かないし、ハードルが高いと思うかもしれません。
これから紹介するものは、生活に少し取り入れるだけの簡単な方法ばかり。ぜひ参考にしてみてください。

 

◆ ポンプ機能を活用した運動

 


ふくらはぎを柔らかくするには、ウォーキングやジョギングなどのふくらはぎのポンプ機能を利用した運動が効果的。
ただ歩くだけ、走るだけでも、ふくらはぎにとってはとても大事なことなんです。

足が地面について足を上げて、また地面につく…この動作でふくらはぎの筋肉が収縮して、ポンプ機能が働きます。
それによって全身への循環につながってきます。

逆に言うと、筋肉が衰えることによりポンプ機能が弱まりむくみや固さにつながってしまうので、適度に筋肉をつけることも必要になりますよ。

ふくらはぎを鍛える筋トレメニューも公開中!

【参考記事】『【筋トレ初心者必見】ふくらはぎを鍛える筋トレメニュー6選!4つの嬉しい効果も徹底解説!

 

そして、ウォーキングやジョギング以外には、血流が促進される「連続ジャンプ」もおすすめ。

やり方は簡単。
ジャンプと同時に腕を下から上にタイミングよく振る。着地したときにかかとが地面につかないように注意してくださいね。

 

ジャンプしてむくみ解消?いま話題のトランポリンダイエットの効果もスゴかった!

【参考記事】『ジョギングと同じ効果!?「痩せる」と話題のトランポリンダイエットの謎に迫る!

 


◆ ストレッチ

 

1番手軽にできるのがストレッチです、

オーソドックスな方法を1つ紹介します!

①まず立った状態で両足を揃えて、背筋を伸ばします。
②両手はウエストくらいの高さになる台にのせて軽く体を支えます。
③右足を一歩前に踏み出し、左足の膝を伸ばします。
④息を吐きながら、痛気持ちいいと感じるところまで左足をゆっくり後ろに伸ばします。


反対側も同様に行ってみてください。これだけでも身体が少しポカポカするかもしれません!


ふくらはぎを柔らかくするストレッチ大特集!

【参考記事】『ふくらはぎのストレッチ方法6選!嬉しい効果&ストレッチのポイントまで大公開!

 

◆ マッサージ

一日5分でもいいからトライ!

 

お風呂で温まりながらマッサージすると血流もよくなります。
お風呂からあがったら、オイルやクリームを使いマッサージをすると、力もそれほど入れずに足をもみほぐすことができます。

順番は、脚の付け根の鼠経(そけい)リンパを軽く流し、足首、ふくらはぎ、膝裏で、心臓に血液を戻すイメージで行います。

マッサージで特に重要な箇所が、膝裏にある膝窩(しつか)リンパ節です。
リンパ節には老廃物や病原菌などをろ過する働きがありますが、ここがきちんと機能していないとむくみにつながります。

マッサージは、痛いと感じるほどの力ではなく、やさしく、気持ち良いくらいの力加減で行ってください。

ふくらはぎを柔らかくする完全ガイド

【参考記事】『ふくらはぎを柔らかくする方法を完全ガイド!解消するストレッチやマッサージとは!?


 

◆ 食事改善

内側からも整えよう!

 

まずは食生活の見直しをしてみて、インスタント食品や外食が多い場合は気を付けましょう!
インスタント食品などが続き、塩分を摂りすぎていると余分な水分が足にたまりやすくなってしまいます。

そんなむくみや筋肉の収縮に効果的なのがカリウムです。
納豆や枝豆、じゃがいも、バナナ、アボカドに豊富に含まれるカリウムを積極的に摂り、体の中からもアプローチしていってください!

とはいっても、カリウムを取りすぎてしまうのも問題なので、バランスのよい食習慣を心がけましょうね!

自炊しない場合のメニューの考え方は下記記事を参考に!▽

【注目記事】『一人暮らしの食事は栄養が偏りがち!外食やコンビニでも栄養バランスを意識しよう

4. ボイトレに通う筆者おすすめの「ふくらはぎを柔らかくする」方法

 

突然ですが、筆者はバンド活動をしており、ボイストレーニングに月2回通っています。ボイトレは1回1時間ですが、発声や歌の練習と同じ時間をかけて最初にじっくり行うのが、ローラーを使った筋膜リリース。
まさしく、ふくらはぎにの裏をぐりぐりとローラーを動かしてストレッチすると、筋肉を包む筋膜という薄い組織膜がほぐれて、長時間のデスクワークなどでからまった筋膜が正常な位置に。筋膜が正常な位置に戻ると、体の柔軟性が高まり、コリや痛みを解消します。

ボイトレとふくらはぎってなんの関係があるの?と思った人もいたかもしれませんが、下半身(ふくらはぎ)の筋膜を正常な位置に戻すと、筋肉の柔軟性が上がるだけでなく姿勢を正して体の可動域も広がるため、声を出しやすくする効果まで期待できちゃうんです。


ふくらはぎを柔らかくするには、筋肉そのものはもちろん、「筋膜」をほぐすことも重要。気になった人は、筋膜ローラーをチェックしてみて!

 

ご購入はこちらから

トリガーポイント(TRIGGERPOINT) グリッド フォームローラー 筋膜リリース

価格: ¥ 5,302

運動前、運動後にローラーを使って「筋膜リリース」をすると、ふくらはぎが柔らかくなります。それだけではなく、血行を良くしたり、関節の可動域を広げ柔軟が向上したり、姿勢矯正ができたり、体にいいこと尽くし!
疲れやストレスも解消してくれます。特に、長時間立ちっぱなし・座りっぱなしの仕事をしている人はぜひトライしてもらいたい「筋膜リリース」。1つもっておいて損はありません!

Amazonで購入する

 

◆ 何よりも継続することが大切!

 

マッサージやストレッチは1回しただけでも翌朝すっきりしていることもありますが、これだけで改善されるわけではありません。
毎日少しずつでも継続することがなにより大切です。

ふくらはぎは「細くしたいか」「太くしたいか」で鍛え方が変わる!

【参考記事】『ふくらはぎの筋肉を鍛える前に知っておくべき、筋肉の部位と鍛えるときの注意点を解説!

 

ふくらはぎが固いのは○○の証拠?恐ろしい原因とデメリットを徹底レクチャー!

  • 1. ふくらはぎが固い原因は疲労やむくみなど様々!
  • 2. 毎日でも少しずつストレッチ・マッサージを行うことが大切。

ライター後記

ふくらはぎが固くなってしまう原因や、体に起こるデメリットで当てはまるものはありましたか?もしあったのであれば、今日からでもマッサージ、ストレッチを行うことをおすすめします。簡単なものから始めることで、足の疲労感が少しずつ改善されていくはずです。自分の体に向き合って、自分にメンテナンスする時間を意識して健康的なふくらはぎを手に入れましょう!

 

1 2




RELATED POSTS / 関連記事


test

RELATED POSTS / 関連記事