更新

腕時計のプレゼントには意味がある!贈るなら注意すべき3つのこと



test

大切な人への贈り物として定番の腕時計。常日頃身に付けるアイテムのプレゼントは憧れがありますよね。特に腕時計は、持っているだけで自信を持てるような特別なアイテムです。
そんな腕時計を誰かにプレゼントする行為には、それぞれ意味が込められていることをご存知でしょうか?例えば、恋人同士であっても男性から女性へ贈るのと女性から男性へ贈るのには意味に違いが生まれます。
もし、パートナーや大切な存在に腕時計をプレゼントしたいと考えている方は、贈ることの意味を理解するべき!
今回は、腕時計をプレゼントするときの意味や注意点について詳しくご紹介します。

腕時計のプレゼントには意味がある!贈るなら注意すべき3つのこと

腕時計をプレゼントする意味って? 贈るなら注意すべきこと3つ!

1. 腕時計をプレゼントする意味

 

腕時計は、常に肌身離さず身に着けるアイテム。「時間」を象徴する最も身近な必需品ですよね。
腕時計をプレゼントすることには、『相手と時間を共有して一緒に居たい』という意味が込められており、特別な関係性においてはさらに絆が深まるようなメッセージが伝えられます。
しかし、特別な意味ゆえに、関係性によっては少々重いプレゼントになってしまうことも。知り合って間もない友人同士であったり、どちらか一方が好意を持っていたりする場合においては「一緒に時間を過ごそう」というメッセージはいささか意味深かもしれません。
すでに成り立っている関係性同士において、お互いの絆や愛をさらに深めたいという特別な機会にプレゼントする腕時計は、とてもロマンチックな意味をもたらしてくれることでしょう。

 

◎【相手別】男性から女性へ

 

男性から女性へ贈る腕時計には、「共に同じ時を歩んでいこう」という意味があると言われています。
二人の関係性において、何か節目となるタイミングでプレゼントするといいかもしれません。誕生日や記念日はもちろん、例えばどちらかが転勤になり遠距離恋愛が始まってしまう時など、お互いの距離をより近くに感じるためという理由でプレゼントする腕時計はとてもロマンチックですよね。
恋人同士の場合は付き合いたての段階よりも、ある程度長く付き合った節目で贈るといいかもしれません。

◎【相手別】女性から男性へ

 

一方、女性から男性へ贈る腕時計には「あなたの時間を束縛したい」という意味が込められているそうです。
これは、腕時計は男性のシンボル的存在というイメージがあることにも関係しています。
男性にとって腕時計は、車や靴などのように、社会的なステータスや性格を表すものと広く考えられています。ビジネスマンにとって、スーツと腕時計はセットで必需品です。仕事中、あらゆる場面でも肌身離さず腕時計をつけています。
そのため、男性へ腕時計をプレゼントすることには「束縛」のイメージが強くついてしまうのです。
これも、遠距離恋愛中の恋人や多忙でなかなか会えない彼に向けて贈るプレゼントとしてはいいかもしれませんが、男性によってはプレッシャーを感じてしまうこともあるので注意が必要です。

◎【相手別】親から子へ

 

親から子に向けて贈る腕時計には「勤勉に生活してほしい」という願いが込められています。家族が子に向けて、応援の意を伝えたい時や激励したい時に意味を持つプレゼントなのだそうです。
また、腕時計は大人の象徴的アイテム。成長の証、また大人への自覚を持ってもらいたいという気持ちを込めて贈るプレゼントとしても効果的です。
誕生日や合格祝い、就職祝いなどにぴったりですね!

◎腕時計をプレゼントする心理

 

腕時計は、腕に巻きつけるアイテム。女性から男性へ贈る時には「束縛」という意味が込められているそうですが、そもそも腕時計をプレゼントすることには相手に対する「独占欲」の気持ちが込められているという説もあります。
腕時計は毎日肌身離さず着けるので、常に相手を意識したり思い出したりしてしまいますよね。
腕時計をプレゼントしようと考える心理には、贈る相手に、「常に自分のことを考えていてほしい、思い出してほしい」という気持ちが少なからずあるはずです。
特別な関係性や、信頼している同士のプレゼントとして、腕時計はもちろんおすすめ。
しかし、関係性が浅いうちにプレゼントすると、かえって二人の距離は離れてしまうかもしれません。
愛する相手に独占欲を抱くのは自然な感情ですが、くれぐれもその気持ちが行き過ぎないように注意しましょう!

 

2. 腕時計をプレゼントするなら注意すべきこと

 

腕時計のプレゼントには特別な意味が込められていますが、その分選ぶ際や渡す時にいくつか注意点があります。

 

◎腕時計をプレゼントされる側の印象

 

腕時計は一般的に、ブランド性が高く高価なプレゼントというイメージがあります。意味の通り、特別な関係性においてはぴったりなアイテム。しかし、二人の関係性が浅いうちに腕時計をプレゼントされると、もらった方はプレゼントの意味を考えたり疑問に思ったりしてしまいますよね。つまり、腕時計は気軽に贈るアイテムではないということです。
腕時計をプレゼントされたら、贈ってきた相手は自分に好意を抱いているのではないかと思うのが自然です。
もし、特別好意を抱いているわけではない相手に腕時計を贈りたい場合は、相手に誤解されないようにきちんと理由を説明しておくべき。
どうしても誤解されたくない場合は、一対一ではなく複数の友人たちと一緒に贈るといいかもしれません。

◎腕時計をプレゼントしない方がいい相手

 

最も避けたほうがいいのは、まだ深く接したことのない異性です。誕生日やお祝い事で、何かをプレゼントしたいと考えていても、腕時計以外のものにしておきましょう。たとえ、その相手に特別な好意を抱いていなかったとしても、深く接したことのない異性からいきなり腕時計を贈られたら驚いてしまいます。
また、片思い中の異性も同様に避けておいたほうが賢明です。「束縛」「独占欲」という意味を持ってしまう腕時計は、片思い中には危険なメッセージかもしれません。
あくまで、深い信頼関係のある二人だということを前提に腕時計のプレゼントを考えましょう。

◎腕時計をプレゼントする最適な相手とは?

 

最適な相手は、将来を見据えて関係性を築けるパートナーです。ある程度の長い付き合いのある相手であるということは前提として、この先も一緒にいたいと思える相手かどうか、腕時計のプレゼントはお互いにとって将来を考えるきっかけになるかもしれません。
遠距離恋愛中の恋人や、プロポーズを考えている恋人など特別な相手にここぞというタイミングで贈りましょう。
反対に、恋人同士であっても将来を考えられない相手であれば腕時計は避けておいたほうがいいかもしれません。
軽い気持ちで腕時計を贈ってしまっては、思わせぶりな行動になってしまいます。破局の際には腕時計を原因に揉めるかもしれませんし、別れてしまった後にはいつまでも使い続けられないでしょう。
将来を見据えて、ずっと一緒にいたい相手かどうかきちんと考えてみましょう。

 

3. 腕時計を贈りたい!プレゼントの贈り方

 

以上の注意点を踏まえたうえで、特別な相手に腕時計をプレゼントしましょう!
時計を贈る際に意識しておきたいポイントをいくつかご紹介します。

 

◎相手好みのデザインのものを選ぼう

 

腕時計には様々な種類があります。ブランド性が高いもの、機能性が高いもの、デザイン性に優れたものなど、贈る方にもセンスが問われるアイテムです。
腕時計は常日頃身に付けるものなので、相手好みのデザインであるかどうかは非常に重要になります。
特に男性へ贈る腕時計は、スーツとの相性を考える必要があります。恋人同士でペアのデザインを選ぶなら、ガーリーなものや派手すぎるものは避け、スーツに合うようなシックでシンプルなデザインのものがおすすめです。

◎ブランドは相手の年齢に合うものを

 

相手の年齢を考えることも重要。
腕時計ブランドのターゲットは年齢層によって分かれている場合が多いため、どのデザインが相手の年齢にあっているかどうかを見極めましょう。
例えば、年齢が離れている年の差カップルなどがペアで腕時計を購入する時は注意が必要。年上の相手のデザインに合わせるのがおすすめですよ。
年上の相手に贈る場合はなるべく派手な色や安価すぎるものは避け、格がつくような重厚感あるデザインにしましょう。

◎気持ちを伝えよう

 

腕時計のプレゼントは特別なタイミングで贈るもの。せっかくの機会に、相手に自分の気持ちを伝えましょう。
これからも一緒にいてほしい、お互いを励みに頑張ろう、素敵な大人に成長してほしいなど、腕時計をプレゼントする意味はどれもロマンチックで素敵なメッセージです。
ただ物だけを贈るのではなく、言葉を添えたりメッセージカードを書いたりして、相手を喜ばせる演出をしてみてくださいね!


【注目記事】『クリスマスプレゼントに!彼女に贈りたいおすすめの腕時計6選

クリスマスプレゼントに!彼女に贈りたいおすすめの腕時計6選

 

腕時計をプレゼントする意味って? 贈るなら注意すべきこと3つ!

  • 1. 腕時計をプレゼントする意味は「一緒に時間を過ごそう」。相手に対する自然な独占意識が現れる特別な贈り物。
  • 2. あくまで特別な関係性の中でプレゼントするのがベスト。知り合って間もない異性間では注意が必要です
  • 3. 相手の趣味や年齢に合わせて、大人の品格があるものを選ぼう。

ライター後記

大学生のカップル同士でも、腕時計のプレゼントは定番です。でも、その後別れてしまうと、せっかく特別な意味を持った贈り物でも使うことができなくなり、挙げ句の果てにはメルカリやヤフオクにて売りに出される末路を迎えるアイテムとしても定番です。笑
腕時計は特別なプレゼントというだけではなく、大人を象徴するアイテムでもあるような気がしています。ビジネスマンとして、社会人として、一人前であることを表すような証ですよね。
腕時計をプレゼントされるということはある意味「認められる」ということなのだと思います。
特別な関係性において、愛したり愛されたりすることを認めあえる証として腕時計を贈るのはとても素敵ですよね。

 

ミウラ コト

腕時計は大人の象徴。プレゼントする時も、大人としての自覚と責任を持とう!

バンド活動に励みながら、ライター業を勉強中。美容はもちろん、グルメや恋愛にも興味あり!好奇心旺盛ガールです。





RELATED POSTS / 関連記事


test

RELATED POSTS / 関連記事