更新

脱毛器〝最強〟決定戦!おすすめの家庭用脱毛器を徹底比較!



test

電車に乗れば季節を問わずに「脱毛」の広告が掲載されていますよね。
いつの時代も脱毛にはお金や手間がかかるものですが、家庭用脱毛器さえあれば自宅で簡単に脱毛できるので、非常に注目されているアイテムです。
しかしメーカーやアイテムによって脱毛方法が違ったり、価格や機能も異なります。
何を基準に選んだら良いのか、迷ってしまいますよね。
今回はしっかり脱毛できるおすすめの家庭用脱毛器をご紹介します。

さあ、脱毛器の最強を決めよう!おすすめの家庭用脱毛器を徹底比較!

1. 脱毛は家でも出来る!

 

カウンセリングを受けたり予約をしてサロンに通う脱毛は、プロに頼めて安心ですがやっぱり金銭的にも時間的にも負担が大きいものです。
「通うつもりが忙しくて結局全然通えなかった」とか「人気の店舗は予約が取りにくくてやめちゃった」なんて声もよく聞かれる脱毛サロン。
あまり人に見せない部位をまじまじと見られてしまうのが嫌で通えない人も多いでしょう。

脱毛サロンのハードルが高い人でも、脱毛はしたい!

そんな時におすすめなのが、家庭用脱毛器です。
脱毛はサロンに通わなくても、自宅でも脱毛はできるんです。

 

2. 家庭用脱毛器の選び方

 

脱毛器は自分に合ったものを選ばないとせっかく購入しても意味がありません。
宝の持ち腐れになってしまわないためにも、それぞれの商品の特徴を確認してから決めてくださいね。

特に注意したいのは「痛み」です。
現在発売されている家庭用脱毛器は、「フラッシュ式」と呼ばれるエステサロンと同じ方法で脱毛するタイプと、医療用レーザーを低刺激にした「レーザー式」の2種類があります。

まずフラッシュ式は、メラニン色素に光を当てて毛根にダメージを与えることで脱毛する方法です。
他の方法に比べて痛みが少なく済むため、エステサロンでの脱毛もフラッシュ式が多いんですよ。
広範囲に照射するので脱毛器を使用する時間が短くすみます。

レーザー式はメラニン色素に反応するレーザーの熱を毛を育てる毛母細胞に当てることで、脱毛します。
レーザー式の家庭用脱毛器は医療用のレーザーと同じ仕組みでできていますが、出力を下げています。
フラッシュ式よりも照射範囲が狭く、ピンポイントで脱毛していくので痛みを感じやすいのですが、効果はレーザー式のほうが期待できますよ。

●フラッシュ式→広範囲に照射するため痛みは感じにくい。効果は緩やか
●レーザー式→照射範囲が狭いため痛みを感じやすい。効果は期待できる


多少痛みを感じてもより早く脱毛したい場合には、レーザー式がおすすめです。
痛みに弱い人は、効果は緩やかでもフラッシュ式をおすすめしますよ。

 

 

3. 家庭用脱毛器の最強はどれだ⁉定番商品を徹底比較!

 

家庭用脱毛器で検索すると、すぐに名前が挙がる定番商品がいくつかあります。
それぞれの特徴を見ながら、どれがベストな脱毛器なのか探っていきましょう。

 

【エントリーNo.1】ケノン

 


ご購入はこちらから


ケノン (ke-non) 脱毛器



価格: ¥ 69,800


Amazonで購入する




脱毛に興味がない人でも一度は目にしたことがあるはず。それくらい有名な脱毛器ケノン。
脱毛方法は、痛みの少ないフラッシュ式です。
2.5cm×3.7cmの業務用クラスに匹敵するほど広範囲に照射できるので、回数も少なく済みますね。
照射数も1つのカートリッジで最大20万発可能で、1ショット0.021円というのも驚きです。ランニングコストもコスパも◎ですよ。

連射機能も搭載されているので、低出力の光を最大6連射まで変更できます。
これなら肌の弱い人でも安心して使用できますね。

脱毛可能部位はほぼ全身で、顔用のカートリッジを装着すれば男性のヒゲも脱毛できます。
恋人や友人とシェアしても良いかもしれませんね。

ケノンはセット内容がとても豊富。

・本体
・ゴーグル
・脱毛用プレミアムカートリッジ(本体装着)
・眉毛脱毛器
・保冷剤
・付属品収納バッグ
・充電器
・取扱説明書
がAmazonで販売されているセット内容です。

本体や充電器は当然ですが、ゴーグルや保冷剤などもセットに含まれているので届いたらすぐに始められますよ。

使い方もとっても簡単。
設定することは3つだけで

・自動で照射するか自分で照射するか
・連射するかしないか
・出力レベル

日本語表示なので簡単に設定できますよ。

自動モードにすると肌に当てるだけで照射してくれるので、テレビやスマホを見ながらでも脱毛できちゃいます。

脱毛器メーカーでは異例の「ISO9001」を取得している日本国内の工場で製造されているので、安全性も十分確保されています。
アフターケアも1年間の無料保証が購入と同時についてきますよ。
不安な場合には有料になりますが、追加で延長保証をつけることもできるんです。
通常のメーカー保証1年に有料延長保証2年で合計3年間の保証をつけられます。

通販でしか販売されていないので、不安になってしまうかもしれませんがその販売実績を見てみても、安心できるのではないでしょうか?
困ったことがあったら、電話での問い合わせ対応もしていますよ。

【エントリーNo.2】トリア

 


ご購入はこちらから


トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4



価格: ¥ 39,800


Amazonで購入する




アメリカでFDA認可を受けているトリアは家庭用脱毛器の中でも数少ないレーザー式です。
クリニックで使用されているダイオードレーザーを開発したレーザーの専門家によって開発された家庭用脱毛器。
出力は5段階にわかれているので、自分に合った出力に調節できますよ。

トリアのメリットは、脱毛を実感できる速さ。
個人差はあるもの結果を体感できるタイミングが早く、毛の周期にもよりますが4ヵ月前後で脱毛が完了したかな、と感じられる人もいるようです。
クリニックと同じような効果を期待する場合や、より早く結果を求める場合にはレーザー式のトリアが良いかもしれませんね。

しかし口コミを見てみても「かなりの痛みを伴う」という声が非常に多く聞かれました。
特に濃い毛や太い毛は特に痛いので、髭を脱毛するときには男性でも涙が出てしまうという声もありましたよ。
自分で麻酔クリームを購入して使用しているという人も…。
それでも痛いというのですから、やっぱり相当な痛みを伴う商品のようですね。
また「トリアで脱毛した後は毛嚢炎になってしまうこともある」という口コミもあったので、人と会う予定がある場合には使用を中止しているという人もいましたよ。

痛み以外にも「充電式なので使いたいときにすぐ使えない」「本体が持ちづらく使いづらい」などの声がきかれました。
トリアの充電は500回を超えたらバッテリー交換が必要になります。
照射回数は25万発で、1回あたり0.08円ほどです。

確かに短期間でしっかりと効果は期待できそうですが、ほかとは比べ物にならないほどの痛みに耐える必要があるようです。

どうしても今すぐに結果を出したい人や、痛みに耐えてでもレーザー式で脱毛したい人にはおすすめできるでしょう。
しかし脱毛初心者さんや痛みに耐えられないという人は、「痛くて結局使えなかった」ではせっかく高いお金を払っても意味がありませんよね。

 

あまりの痛さに被験者が涙目で逃亡!?

【注目記事】『口コミは信じない!トリアの脱毛効果を編集部で検証!

口コミは信じない! トリアの脱毛効果を編集部で検証! ビフォー・アフターのビフォー編!

 

【エントリーNo.3】光エステ

 


ご購入はこちらから


パナソニック 光美容器 光エステ ES-WP80-P



価格: ¥ 44,910


Amazonで購入する




光エステはパナソニックから発売されている家庭用脱毛器です。
日本でも馴染み深いブランドで、安心感がありますよね。

脱毛方法は痛みの少ないフラッシュ式です。
8.3c㎡の大きめな照射部分にWランプが搭載されているんですよ。
このWライトが連続発行することで、1回の照射で2倍の光量を届けることができるんです。
ハイパワーでも肌には優しいので安心して使えますね。
コンセントタイプなので、充電を気にせず使用できます。

出力段階は5段階。
出力レベルが1なら連続照射が可能で、約1.4秒間隔で照射できるので急いでいるときでもすぐにできちゃいます。

光エステは肌検知センサーが搭載されています。
「おすすめレベル表示モード」という機能があり、自分の肌の色に合わせてちょうど良い出力レベルをお知らせしてくれるんですよ。
他にも肌に当たっていない時や色の濃い部分には照射しないという機能もあって、非常に気が利いていますよね。

付属品の中には、アタッチメントが3つセットになっています。
・ボディ用
・フェイス用
・ビキニ用
の3点ですよ。

それぞれ脱毛したい部位に合わせて付け替えてくださいね。
脱毛できる部位は腕、足、ワキ、ビキニライン、顔の5か所。
ただしフェイス用とはありますが、男性の髭には使用できないので注意してくださいね。

使い方も簡単ですよ。
肌に押し当てるだけで照射できるボタンプッシュレス照射に加えて、そのままスライドして連続照射も可能です。

とっても使い勝手が良さそうな光エステですが、難点もあるんです。
それはランニングコスト。
ランプのカートリッジは約30万回照射できて、1ショットあたり0.29円です。
しかし使い切りなので、照射し終わってしまっても交換できないんですよ。
使い切ってしまったら、また新しいものを買う必要がありますよ。
買い替えるといっても、数万円する光エステをまた買うのはハードル高めですよね…。

30万回で脱毛が完全に終わるなら良いのですが、家庭用脱毛器は続けていないと時間経過とともにまた生えてきてしまうもの。
全身の脱毛をするとなると、長期的に考えるとランニングコストが高くついてしまいそうですね。

【エントリーNo.4】ルメア

 


ご購入はこちらから


フィリップス 光美容器 ルメア プレステージ SC2009/70



価格: ¥ 117,000


Amazonで購入する




フィリップスから発売されているルメアは、約82%の人が2回目にして効果を実感したという情報もあります。

脱毛方法はフラッシュ式で、スマートスキンセンサーを搭載しています。
スマートスキンセンサーは、光エステと同じように肌の色に合わせて自動で照射レベルを設定してくれる機能ですね。
照射レベルは5段階ありますよ。日本人は3か4がちょうど良いそうです。

アタッチメントは3種類あり、顔用、身体用、ビキニエリア用に分かれています。
顔用のアタッチメントがありますが男性の顔周りには使用できないので、髭の脱毛には使用できません。

充電式なので、場所を選ばず使えますが少し本体が大きく、取り回しが難しいかもしれませんね。
しっかり脱毛部位に直角に触れていないと照射できないようになっているので、部位によっては上手に照射できないこともあるようです。

カートリッジ交換ができない使い捨てタイプなので、約25万発照射し終わったら本体ごと買い替える必要があります。
1回あたり約0.20円ですが、25万発使い切ってしまったら終わりなところが難点ですね。

【エントリーNo.5】ノーノーヘア

 


ご購入はこちらから


YA-MAN NO! NO! HAIR STA100P



価格: ¥ 6,000


Amazonで購入する




家電量販店での販売もあるので、ノーノーヘアも見たことがあるかもしれませんね。
一時期はキャッチーなCMも放送されていました。

ノーノーヘアはヤーマンから発売されている脱毛器。
他の家庭用脱毛器とは違って、サーミコン式と呼ばれる独自技術を採用しています。
サーミコン式は熱線式とも呼ばれ、熱線で毛を焼き切るという脱毛方法。

ノーノーヘアの場合は脱毛器といってしまうと、ちょっとイメージが違うかもしれませんね。
他の脱毛器は使っているうちに毛の生えてくるサイクルが長くなっていき、使っていくうちに毛が薄くなってくるもの、というイメージです。
しかしノーノーヘアは、その名の通り「ムダ毛処理をするだけのアイテム」と言えるでしょう。

熱線式というだけあって、熱で毛を焼くため毛が焦げるにおいがしてしまうという口コミがみられました。
使い方は「肌に直角に当てて滑らせるだけ」という簡単なものですが、毛が長かったりひっかかってしまうと「非常に強い痛みを感じる」という声もあります。

家庭用脱毛器という意味では、あんまり意味をなさない可能性が高いでしょう。
痛みもあって続けていくうちに毛が薄くなるような効果も期待できないなら、普通に処理するのと大差ないですよね。

■ 家庭用脱毛器の性能まとめ

 

基本的には家庭用脱毛器といっても、サロンで使われているフラッシュ式やレーザー式の脱毛器の出力を小さくしたもので、性能としてはそこまで大差ありません。

ただサロンで使われている脱毛器に比べると、出力が小さかったり照射面積が狭いため脱毛できたと実感するまでには、時間がかかるでしょう。

おおまかに分類分けするなら

・フラッシュ式→ケノン・ルメア・光エステ・
・レーザー式→トリア
・サーミコン式→ノーノーヘア


というイメージです。
脱毛サロンでも痛みの少ないフラッシュ式を採用しているサロンがほとんどなので、初心者や脱毛についてよくわからないという人には、やっぱりフラッシュ式がおすすめですよ。

カートリッジが交換できるケノンは、カートリッジを交換するだけで新品同様に使えるので、コスパもランニングコストも◎です。

トリアのような充電式なら家中場所を選らずに使えますし、ケノンをはじめとするコンセント式はパワーもあり使いたいときにいつでも使えますよ。

1度の脱毛にかかる時間も機種によって異なり、トリアは片ワキ4~5分かかりますがケノンは10秒とさまざまです。
家庭用脱毛器は使い切りタイプのものが多く、照射回数が決まっていて使い切ってしまったら本体ごと交換しなければいけません。

家庭用脱毛器は「永久脱毛」ではないのをご存知でしょうか?
生える周期は遅くなりますが、脱毛器を使用しなくなってしばらくすればまた生えてきてしまうんです。
そのため長期間使用し続けなければいけない家電なんですよ。
家庭用脱毛器は安い買い物ではないので、使い切ってしまったからと言って本体をもう一度購入するのは、ちょっと躊躇してしまいますよね。

■ 最強はやっぱりケノン!

 

脱毛器といえばケノンというほど、知名度が高いだけあるんです。
その機能的にみても安心面で見ても、最強はやっぱりケノンですよ。

コールセンターによる電話でのサポートや1年保証なども充実しているケノン。
それだけ販売実績がある確かな製品という証拠ですね。
価格は他の商品に比べて高く感じるかもしれませんが、ランニングコストやコスパで考えるとケノンが一番なんです。

自社サイトやAmazonにも多くの口コミが書き込まれています。
「数ヶ月使用しただけで、毛が確実に薄くなってきた」
「冷やしながらなら痛みも感じない」
「髭に使用してもOKだし、3回目の使用からは明らかに生えてくるスピードが遅くなりました」
「短時間でエステと同じような脱毛ができるので、初期費用はかかったが自分で処理したりサロンに通う手間を考えたら、買って良かった」
など、満足している口コミが多く見られました。

フラッシュ式なので照射範囲も広く、自宅にいながらサロンに通ったような仕上がりが期待できるでしょう。

段階調節できるのも嬉しいポイント。
10段階にわかれているので痛みに強い人も弱い人も、好みによって強弱を調整できるんです。

付け替えのカートリッジにも種類があり、公式サイトには美顔器として使えるものもありますよ。
使用したい部位によってはうまく照射できないこともありますが、ケノンは部位によってカートリッジを交換できるんです。
またカートリッジには紫外線や有害なライトを吸収してくれる特殊なフィルターがついているので安心ですね。

初期費用としては高額に思えるかもしれませんが、長い目で見たりサロンに予約をして足を運ぶ手間を考えれば、そんなに高い買い物ではありません。
総合的に考えても、やっぱりケノンがおすすめですよ。

 

4. 家庭用脱毛器の使い方とポイント

 

基本的な使い方はどの脱毛器も同じですが、使用前には必ず取扱説明書を確認してから使用してくださいね。
おおまかな手順は下記のとおりです。

 

①毛を剃る

 

最初にシェーバーなどで毛を剃っておきます。
まったくつるつるの状態ではなく、1ミリ程度伸ばした状態が家庭用脱毛器を使用するベストタイミングですよ。

②保冷剤で冷やす

 

ピアスを開けるときなどにも、保冷剤で冷やしますよね。
家庭用脱毛器を使用するときも、同じように保冷剤で冷やしましょう。

③照射する

 

それぞれの機器の取扱説明書に従って照射してください。

基本的にはこの3ステップでOKですよ。
最初は最低出力で照射して、大丈夫そうなら徐々にレベルを上げていきましょう。
早く効果がでるようにと、最初から高出力で行うのはNGですよ。

また同じ場所に何度も照射しないように注意してくださいね。
一度照射したら、必ず数週間はあけてから次の照射をしましょう。
結果を急ぎすぎないで、肌のことを一番に考えてください。
せっかくムダ毛がなくなっても、肝心のお肌がボロボロでは意味がありませんよ。

他にも家庭用脱毛器を使用するうえでのポイントをご紹介していきましょう。

◎ 家庭用脱毛器の使い方とポイント①: 保冷材で冷やしながら行う

 

ケノンには保冷剤が付属していますよね。
家庭用脱毛器を使用するうえで、保冷材は必須アイテムです。しっかり冷やしてある保冷剤を必ず用意してから脱毛を始めてくださいね。
冷やすことで痛みを感じにくくできますよ。初めての時は念入りに冷やしておきましょう。
また照射後にも熱を持っている場合があるので、照射前後に保冷剤でクールダウンすると良いでしょう。

◎ 家庭用脱毛器の使い方とポイント②: 傷口やほくろは隠す

 

フラッシュ式もレーザー式も、ほくろや傷口に照射してはいけません。
家庭用脱毛器から照射される光は、毛の色を作っているメラニンに反応して熱を与え細胞を破壊するという仕組み。
つまりほくろや傷口も毛と同じと判断されて、熱を与えてしまうんです。当然痛みも感じますし、肌荒れを起こしてしまう可能性もあります。
そのため傷口やほくろ周辺は、必ずシールや白い布などで隠してから照射しましょう。

◎ 家庭用脱毛器の使い方とポイント③: 目の保護に努める

 

フラッシュ式もレーザー式も、同じ光を照射して脱毛します。その光には紫外線などの有害なものも含まれているんです。
毛根にダメージを与える光なので、当然といえば当然ですよね。
そのため光を直接肉眼でみないように注意しましょう。
しっかりとUVカットしてくれるサングラスを着用して目の保護に努めましょう。

◎ 家庭用脱毛器の使い方とポイント④: 保湿ケアは必ず!

 

家庭用脱毛器を使用したあとは、肌が非常に乾燥している状態です。熱を与えるので、軽いやけどと言っても良いかもしれませんね。
照射し終わったら、必ず保湿ケアを行いましょう。
クールダウンさせるのも効果的なので、化粧水を冷蔵庫で冷やしてから塗るのもおすすめですよ。
敏感な状態になっているので、保湿効果だけの低刺激のものを選びましょうね。
化粧水で熱をとったら、クリームでしっかりフタをしてあげれば保湿ケアは完璧です。

◎ 家庭用脱毛器の使い方とポイント⑤: 間隔を空けて使用する

 

家庭用脱毛器を使用したら、最低でも2週間は間隔をあけましょう。
短い間に何度も家庭用脱毛器を使用してしまうと、肌に負担をかけてしまいます。
最初のうちは特に慎重に間隔を空けましょう。
自分の肌の様子を見極めて、大丈夫そうなら次の照射というように調節しましょうね。

サロンのように予約も足を運ぶ必要もなく自分の好きな時にできるので、焦らずに自分の体調とも相談しながら脱毛してきましょう。
例えば生理前や微熱があるときなど、普段と体調が違ったり肌の調子が悪い時は使用を中止することをおすすめしますよ。

 

5. 肌トラブルが起きてしまったときは

 

家庭用脱毛器を使用していて肌トラブルが起きてしまったときは、使用をすぐに中止してください。
熱を与えているので、まずは保冷剤や流水でしっかりと冷やしてみましょう。
しばらく様子を見てみても、症状に改善が見られなかったり痛みが引かない場合には、皮膚科に相談してみることをおすすめしますよ。
まれに体質に合わないということも考えられるので、無理して使用せず購入元に問い合わせをしてみるのも良いでしょう。
「1ヵ月以内なら返品可能」という場合もあるので、まずは相談してみると良いかもしれませんね。

 

▶▶安全面&痛さとコスパで考えるなら脱毛クリニックがベスト!安全かつ低価格で行える脱毛クリニックはコチラをCheck▽

【注目記事】『【脱毛クリニック厳選ランキング】ムダ毛の悩み!解決できるクリニックはここにあり!

 

さあ、脱毛器の最強を決めよう!おすすめの家庭用脱毛器を徹底比較!

  • 1. コスパやランニングコストのことも考えて家庭用脱毛器を選ぼう
  • 2. カートリッジ交換ができるケノンが最強!
  •  





RELATED POSTS / 関連記事


test

RELATED POSTS / 関連記事