更新

ダニエルウェリントンの偽物に要注意!本物との見分け方と、正規品を買うための方法解説!



test

人気のダニエルウェリントンの時計、これから買いたいと考えている人も多いのではないでしょうか?シンプルでスタイリッシュなデザインがさりげなくてオシャレですよね。
そんなダニエルウェリントンの時計、なんと偽物が出回っているとのこと。これから購入予定の人は、絶対に失敗したくないですよね。そんな不安を解消すべく、絶対に信頼できる安全な購入先と、本物・偽物を見分けるポイントを紹介します!すでに購入済みの人も、ぜひチェックしてみてください!

ダニエルウェリントンの偽物に要注意!本物との見分け方と、正規品を買うための方法解説!

ダニエルウェリントンの偽物に要注意!本物との見分け方と、正規品を買うための方法解説!

1.【大人気!ダニエルウェリントンの時計】本物・偽物の見分け方7つ

 

ダニエルウェリントンの偽物は把握しきれないほど出回っているようですが、見分けるポイントはいくつかあります。あとで紹介する安全な購入先で買うのが一番ですが、どうしても他で買いたいという人は、これらのポイントを確認しておきましょう。

 

◆ ダニエルウェリントンの本物・偽物を見分けるポイント①: 付属品

 

まず見分けやすいポイントが、購入時に同封される付属品。本物には「専用ボックス」「専用ピン(ベルトを外す際に使うもの)」「保証書」「英語版保証書」が付属しています。
公式サイトや正規代理店で購入したものには必ずついていて、これがないとたとえ本物でも保証対象から外れてしまいます。

◆ ダニエルウェリントンの本物・偽物を見分けるポイント②: 保証書

 

正規販売店で購入した場合、必ず保証書が付属します。公式サイトで購入した場合は納品書が同じ役割を持ちます。
正規販売店で購入したものには2年間の保証が付いていますが、他で購入したものについては保証対象外とのこと。安心の面から考えても正規店で買うほうがよさそう。

◆ ダニエルウェリントンの本物・偽物を見分けるポイント③: ベルト

 

ダニエルウェリントンの革ベルトは天然皮革。イタリアンカーフレザーやアメリカンレザーなど、オーガニックにこだわっているようです。偽物には合皮のものも多く、これも見分ける一つのポイントになっています。

◆ ダニエルウェリントンの本物・偽物を見分けるポイント④: 保護フィルム

 

本物のダニエルウェリントンは、開封時、文字盤の表と裏にフィルムが貼ってあります。特徴になるのがフィルムに入った赤いタテ線。フィルムがない、もしくは赤いラインがないという場合は、偽物の可能性大。

◆ ダニエルウェリントンの本物・偽物を見分けるポイント⑤: シリアルナンバー

 

2016年以降に販売されたダニエルウェリントンの本物の時計には、裏蓋にシリアルナンバーの刻印が入っています。それ以前に販売されたものにはシリアルナンバーはないため、他のポイントで見分けるしかありませんが、現在販売されている本物には必ず入っているので、参考にしましょう。

◆ ダニエルウェリントンの本物・偽物を見分けるポイント⑥: 電池

 

普通、時計を購入した際、本体がすぐ稼働できるように電池が入っていますよね。ダニエルウェリントンの偽物は、電池が入っていないものも多いようです。開封時に電池が入っていなければ、偽物を疑うほうがよさそう。

◆ ダニエルウェリントンの本物・偽物を見分けるポイント⑦: デザイン

 

人気シリーズだけあって、偽物もかなり精巧に作られているようですが、見分けやすいポイントもいくつかあります。

一つ目はつまみ。つまみ部分の形がドーム状に盛り上がったものが本物ですが、偽物は平らな形状が多いようです。

二つ目は時間を表す文字の代わりに入っているライン。アワーマークと言いますが、このラインが太いものは偽物。本物では、針よりも細くかなり華奢なラインになっています。

三つ目は分針の長さ。本物では先ほどのアワーマークの半分ほどまで分針の長さがありますが、偽物は分針が短いものが多いです。

以上のように、一番重要なデザインの部分にもかなり違いがあるよう。せっかく買ったのに偽物を身につけて歩くなんて恥ずかしいしもったいないですよね!

 

2. ダニエルウェリントンの悪質な偽物が意外と多いので要注意!

 

老若男女幅広い層から大人気のダニエルウェリントン。人気なものには、悲しいことに偽物もかならず出てきてしまいます。偽物を買ってしまわないために、注意点を押さえておきましょう!

 

◆ ダニエルウェリントンの偽物はたくさん出回っている!

 

人気のあるアイテムにはつきものですが、人気を利用しようとする悪質な業者もたくさん。実際に、偽物と思われる低クオリティな商品が届いたり、お金を支払っても商品がそもそも届かなかったりと、被害を受けた人は多いようです。そんなことにならないよう、購入先には十分気を付けましょう。

■ ダニエルウェリントンを買うときの注意①: 怪しいサイトでは買わない

 

支払いが銀行振込のみだったり、連絡先の表記がはっきりされていなかったり、サイト状の日本語や漢字に違和感があるなど、ちょっとでも怪しいと感じたサイトでは絶対買わないこと。偽物が届く可能性が非常に高いです。

■ ダニエルウェリントンを買うときの注意②: 明らかに安いものは注意

 

正規品では普通しないような大きすぎる値引きなど、価格が明らかに安いと思われるものは買わないことです。「ラッキー」と思い買ってしまう人も中にはいますが、本物であれば価格で釣るようなことはありません。

■ ダニエルウェリントンを買うときの注意③: 並行輸入品と記載されているものは疑う

 

「並行輸入品」とは、日本の正規販売店が輸入するルートとは別ルートで国内に入ってきたもののこと。ダニエルウェリントンの日本の正規販売店は、「ビヨンクール」という会社からのみ仕入れを行っています。つまり、それ以外の仕入れ先(海外の直営店や正規代理店など)から仕入れた商品は全て「並行輸入品」。
確かに本物の可能性もありますが、100%安心できるものではないので、安易に購入しないほうが絶対におすすめです。

 

3. 絶対安全なおすすめの購入先はこの2つだけ!

直接店舗で買うのも良し!

 

これから購入したいと思っている人にとって、偽物の存在は不安ですよね。絶対に本物を買える安心な購入先はないの?と思っている人のために、信頼できる国内の購入先を紹介。100%本物と安心できるのはこの2カ所だけです。

 

◆ ダニエルウェリントンの信頼できる購入先①: ダニエルウェリントンの公式オンラインショップサイト

 

ダニエルウェリントン公式サイト: https://www.danielwellington.com/jp/

公式サイトであれば間違いなく本物が届き、保証なども確実に受けられるので安心ですよね。少しでも不安に思う人は、公式サイトから購入するのがおすすめです。


◆ ダニエルウェリントンの信頼できる購入先②: 日本総輸入代理店「BEYOND COOL (ビヨンクール)」

 

日本国内で唯一、ダニエルウェリントンと直接契約している会社がビヨンクール。この会社が輸入しているものはすべて本物で、逆にそれ以外は疑ったほうがいいということです。
ビヨンクールは自身の公式サイトでダニエルウェリントンの販売をしているほか、楽天市場などにも公式オンラインショップを構えています。また、ビヨンクールが商品を卸している正規店も国内にいくつもあります。
以下の公式サイトに正規店・正規オンラインショップのリストが載っているので、購入を考えている人はぜひ一度見てみることをおすすめします!

BEYOND COOL 公式サイト: http://beyondcool.net/

◆ 公式サイトで買うときのメリット!

 

正規店以外で購入する理由は、多くの場合「価格」ですよね。でも実は、正規店でもクーポンコードを使うことで簡単に割引が利用できるのです。SNS上でもクーポンコードを載せている芸能人などをよく見かけます。価格を理由にリスクを負うのはもったいないので、ぜひ検討してみましょう!
また、正規店か公式サイトで購入したものには「24ヶ月間の保証」と「30日間の返品期間(※新品未使用品のみ)」がついているので、他で購入するよりも安心度は圧倒的です。迷っている人は正規店での購入を!


ダニエルウェリントンについてもっと知りたい方はコチラ!


【注目記事】『ダニエルウェリントンの評判は?気になるサイズ選びや、人気の理由まで徹底解説!

https://biyodanshi.com/20181130post-27983/

 

ダニエルウェリントンの偽物に要注意!本物との見分け方と、正規品を買うための方法解説!

  • 1. ダニエルウェリントンの偽物は本体や付属品で判断できる!
  • 2. ダニエルウェリントンの偽物を売っている業者は思っているより多いので要注意!
  • 3. 安心できるのは「公式サイト」か「正規輸入代理店」の2カ所のみ!!

ライター後記

せっかく人気の可愛いアイテムをゲットしたいと思ったのに、偽物を買ってしまった…なんて悲しすぎますよね。そんな経験、誰もしたくないもの。たしかに正規の購入先よりも安く買えると思うと、つられてしまうのも分かります。でも、あとで後悔しないためにはやっぱり安心・安全が大事!

 

yuka

なんでも公式が一番。

北海道出身。歌・ファッション・美容が大好き。趣味走ること。インテリア・色彩などに興味があり、デザイン学校に通っています。





RELATED POSTS / 関連記事


test

RELATED POSTS / 関連記事