更新

靴下はスーツスタイルの陰の主役!おしゃれに魅せるポイントとおすすめコーデ4選!



test

スーツにシャツ、ネクタイに靴や時計…。スーツスタイルをおしゃれに決めるポイントは何個もありますが、その中でもないがしろにされがちなのが靴下。全体に占める面積も狭く、立っているときは基本見えないので手を抜いてしまっているという人も多いと思います。
しかし、そういう部分こそ意外と目につくものですし、チラッと見えた靴下がダサかったら一気に台無しになってしまうことも…。
逆にいえば完璧な靴下なら「あ、細かい所まで気を遣ってオシャレ…!」と好印象になりうるということ!
そんなスーツスタイルの完成度を決定づける靴下の選び方や着こなし方をご紹介します。
※2019/1/18更新

靴下はスーツスタイルの陰の主役!おしゃれに魅せるポイントとおすすめコーデをご紹介します!

靴下はスーツスタイルの陰の主役!おしゃれに魅せるポイントとおすすめコーデをご紹介します!

1. スーツに合わせる靴下の選び方

肝心なのはブランドではなく丈感と色柄!!

 

細部までこだわってこそのスーツスタイル。パーフェクトにキメるためにもスーツに合った靴下を選ぶことは必要不可欠なのです。
ビジネスシーンでの着用マナーを守りつつ、スーツをおしゃれに仕立てる靴下の選び方をまずは押さえていきましょう。

 

■靴下の丈

 

靴下の丈は座ったりしゃがんだりしたときでも素肌が見えてしまわないような長さのものを選ぶのが鉄則です。くるぶし丈なんてもってのほかですよ!素肌が見えてしまうと途端にだらしない印象を見た人に与えてしまいます。
通常の丈だとずり下がってきてしまうという人は『ロングホーズ』と呼ばれるひざ下あたりまで長さのあるハイソックスのような靴下もおすすめですよ。むしろ海外ではスーツの際はロングホーズの方が一般的だったりします。

■靴下の色

 

スーツの色、もしくは靴の色に合わせたものを選びましょう。主に黒やネイビー、グレー、ブラウンなどですね。
堅くない業界だったり、結婚式の二次会やパーティーなどでスーツを着用する場合はスーツと対照色など派手な色を挿し色として使ってみるのもオシャレですよ!

なお、基本的にビジネスシーンでは白い靴下はNG。明確な背景があるわけではありませんが、白い靴下は悪目立ちする、スポーツや学生のイメージ、カジュアルなどといった理由でマナー違反とされることが多いです。どうしても白靴下が履きたい理由があるわけでもないなら避けた方が無難でしょう。

■靴下の柄

 

スーツに合わせる靴下の柄は無地や小紋柄など控えめなものを選ぶのがベター。ブランドロゴなどが大きく入っているものも避けた方が良いでしょう。
ただしこちらも色と同様、ある程度カジュアルな装いが許される場であれば敢えて派手めな柄を選んでみるのも良いでしょう。その場合はスーツは無地にするなど他の部分とぶつかってしまわないように気を付けましょうね。

 

2. スーツファッションが光るおしゃれな靴下コーデ

大事なのはコーデの相性!

 

百聞は一見に如かず。靴下の選び方をなんとなく把握したところで、実際に靴下がオシャレさを引き立てているおすすめのスーツコーデをご紹介します。
自分でできそうなところからどんどん真似しちゃっていってくださいね!

 

■ネイビースーツ×ブルーソックスのコーデ

 


全体をブルー系に統一したスーツコーデです。暗めのネイビースーツですが、靴下をはじめ、シャツやネクタイで明るめの色や柄を取り入れることで地味過ぎずにさりげないオシャレを演出していますね。明るめのカラーは小さい部分に取り入れることでカジュアルになりすぎずにしつつ他の人との差をつけることできます。

■ ブラックスーツ×レッドソックスのコーデ

 

正統派な感じにまとまっていますが、ちらっと見えるボルドー色のソックスがアクセントになっておしゃれさを感じさせますね。真っ赤だと目立ちすぎてしまいますが、赤でも少し暗めの色をチョイスすることで浮かずにしっかりと馴染ませることができますよ!

■ レザースーツ×柄入りソックスのコーデ

 

ちょっと珍しいレザースーツと柄入りの靴下を合わせたスーツコーデ。最近流行になりつつあるレザースーツは実はいろんな柄との相性抜群!靴下とネクタイの色を合わせることでしっかり統一感も出していますね。
次のページではワンランク上の男になれるブランド靴下を紹介!

1 2


モニター募集

RELATED POSTS / 関連記事


test

RELATED POSTS / 関連記事