更新

スーツ×黒シャツは着こなしや組み合わせ命!ホストに見間違えられたらまずモテない!



test

様々なシーンで着るスーツに合わせるシャツの色の基本は〝白〟ですよね。
しかし、今日ではパーティや祭典などではスーツに黒シャツを合わせる人が増加中なんです!ただ…着こなし方によっては、売れていないホスト風に見られてしまう可能性が高いのがスーツ×黒シャツのコーデの欠点。そんな風に見られないように、今回はスーツと黒シャツの着こなし方や組み合わせ方をレクチャーします!

スーツ×黒シャツは着こなしや組み合わせ命!ホストに見間違えられたらまずモテない!

スーツ×黒シャツは着こなしや組み合わせ命!ホストに見間違えられたらまずモテない!

1. スーツ×黒シャツはどのシーンであり?

 

ハリウッドスターや芸能人はよくパーティやカジュアルな祭典にスーツ×黒シャツのコーデをしている人が多いですよね。正直、顔が良いから何を着てもかっこよく見えてしまうのもあるのですが、一般人はそんな頻繁にパーティや祭典にお呼ばれすることはありません(笑)。

つまり、黒シャツを着る機会が少ないんです。
そのため、どのシーンで黒シャツを着ていいか分からない人も多いんです…。はたして黒シャツOKのシーンとは一体どんな時なんでしょうか?

 

◆ ビジネスシーンではNG?

 

見たことある人…います?(笑)
当然ながらビジネスシーンでの黒シャツはNG。理由の1つとして誠実さに欠けるという点が挙げられます。白はよく「純潔」や「誠実」といったイメージを持たれる色なのですが、黒に関しては「闇」や「敵」をイメージさせてしまうことが多いんです。
漫画やTVアニメの世界でも悪者は「黒」をメインとした衣装、色をしてることが多くあります。(もちろん例外もありますが)

シャツの色1つで人の誠実さを測れるかは微妙ですが、
第一印象で商談相手などに「敵」のイメージをわざわざつける必要はありませんよね(笑)

◆ 結婚式はOK?

 

結婚式などの冠婚葬祭や式典、いわゆるフォーマルな場においては着ていくべきシャツの色が白かサックスブルーのどちらかにするべきと決まっています。そのため、黒シャツはNG。とりわけ結婚式は、主役があなたではありません。新郎新婦の関係者として出席するわけですから、せっかく誘ってくれた新郎新婦に恥ずかしい思いをさせないようにしましょう!

◆ 入学式や卒業式はOK?

 

結婚式などの冠婚葬祭や式典、いわゆるフォーマルな場においては着ていくべきシャツの色が白かサックスブルーのどちらかにするべきと決まっています。そのため、黒シャツはNG。
とりわけ結婚式は、主役があなたではありません。新郎新婦の関係者として出席するわけですから、せっかく誘ってくれた新郎新婦に恥ずかしい思いをさせないようにしましょう!

◆ 入学式や卒業式はOK?

 

入学式や卒業式も世間的にはフォーマルな場として位置づけられています。
しかし、結婚式に出席する場合とは違い、自分のための入学式や卒業式であれば黒シャツはOKとなっています。
ただ、結構目立つことと、中には良く思わない人もいるということは頭に入れておきましょう。

◆ カジュアルなパーティならOK!

 

フォーマルな式典やパーティではないため、カジュアルな場では黒シャツでもOKです!
他にもドレスコードがあるレストランなどにスーツ×黒シャツコーデをあえて取り入れるのもアリでしょう。着られるシーンが限られているシャツだからこそ、こういうときに思い切って着てみましょう!

 

2. 黒シャツの着こなし方のポイントを紹介

 

冒頭でも述べましたが、スーツ×黒シャツコーデは着こなし方1つで新人ホストと間違われることがあります。

ホストに見えるというだけで女性からは「チャラい」「粋がってる」「どこのヤンキーですか?」などの罵声を浴びせられること間違いなし(笑)
女性はそれだけ黒シャツの着こなしには厳しいんです…。

そこで、最低限ここだけは守ってほしい着こなし方のポイントをまとめました!

 

◎ 黒シャツの着こなし方のポイント①: 派手な貴金属をつけない

 

黒シャツについつい合わせたくなってしまうのが〝金のネックレス〟じゃないですか?
「どこのヤクザ映画だよ!」って言いたくなる人いますよね(笑)
本当のアウトロー的なの人じゃない限りは100…いや200%似合いません、止めましょう。

◎ 黒シャツの着こなし方のポイント②: シックにまとめるようにする

 

黒シャツ自体がドレッシーな雰囲気出しているため、それに対抗するようなアイテムで組み合わせるのではなく、黒シャツを中心としたシックな雰囲気でまとめることが重要。
シックな感じでまとめることで一気にホスト感が抜け、大人の男へと変貌します!

◎ 黒シャツの着こなし方のポイント③: グレー、白などのモノトーン色で合わせる

 

黒シャツを上品に着こなしたいのであれば、グレーや白を組わせてみましょう。
もともと、白と黒とグレーの3色は組み合わせることで統一感を出すことができる色であり、特に黒×グレーや黒×黒などはまとまりがあり、より上手い着こなしとして見られるででしょう。

◎ 黒シャツの着こなし方のポイント④: カジュアルでまとめる

 

スーツではなく、黒シャツ単体で攻めるのであれば、パンツはカジュアルな色をしたアイテムを選ぶと良いでしょう。体型にあわせてベージュのチノパンやスラックスを合わせるのもよし、白のラインが入ったクロップドパンツなどであわせるのも良いでしょう。
黒シャツはスーツと組み合わせればドレッシーに、単体で着ればカジュアルさを出すことができる有能なアイテムです!上手に着こなせるように研究してみましょう!

 

3. 黒シャツを着こなすおすすめコーディネート3選!

ひとつ間違えると即ダサい印象になるので要注意

 

前述したようなポイントを踏まえた黒シャツコーデを紹介します!
実際に取り入れる際に、参考にしてみてください。

 

【黒シャツを着こなすおすすめコーディネート①】グレーのスーツ×黒シャツ

 

黒シャツとグレーのスーツのコーデ。
スーツをグレーにすることで黒シャツがしっかりと中心で存在感を出すことができています。

【黒シャツを着こなすおすすめコーディネート②】黒×黒×黒の3ピースで統一感を

 

こちらはまさに黒一色で綺麗にまとめているコーデ。胸ポケットからはワイン色のハンカチ、ホワイト系のネクタイでアクセントをつけているのも着こなしのポイント。
意外とスーツやシャツ以外のアイテムでアクセントがつけられるのもこのコーデの良い点と言えるでしょう。

【黒シャツを着こなすおすすめコーディネート③】差し色のネクタイがポイント!

 

こちらが柄もなし、全身黒で統一していますが、ネクタイを差し色にしています。
1つ前のコーデと似ていますが、こちらの方が、シンプル感がでているので黒シャツコーデ初心者におすすめです!

 

4. 黒シャツを着こなして上品でかっこいい男になろう!

 

黒シャツは着られる機会が少ないアイテムですが、だからこそ1回1回の着こなしが大事!そんなアイテムです。
間違ってもホスト風に見られないような着こなしを目指しましょう!

個人的にはネイビー系のスーツに黒シャツオンリーのコーデも好きです。

 

スーツ×黒シャツは着こなしや組み合わせ命!ホストに見間違えられたらまずモテない!

  • 1. ビジネスシーンで黒シャツじゃNG!
  • 2. 黒シャツはカジュアルなシーンで使える!
  • 3. 着こなしをマスターしてオシャレ上級者へ!

ライター後記

まだシャツの決まりを知らなかったころ、結婚式で黒シャツを着ていってしまった苦い経験を持つライターは私です(笑)
今思うと、新郎新婦に迷惑はかけていないものの周りの常識人からは「なにあの人…」てきな目で見られていたんだろうなと思うとぞっとします…。
これを読んだ方はそんなことにならないように気を付けましょう!

 

桃野 カン詰

黒シャツを着こなしてこそオシャレ上級者!

大学生の時にヒッチハイクにて日本縦断。人の温かさとキノコの恐ろしさ、猪の獰猛さを知る。現在アメリカ大陸を横断しようと目論んでいる最中。





RELATED POSTS / 関連記事


test

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事