更新

復縁できるかどうかはデート次第!復縁デートで気を付けるポイント



test

なんとかもう一度復縁したい…そんな相手とデートをする機会を手に入れた! という果報者なあなた。これは千載一遇のチャンスです。チャンスではありますが、急いては事を仕損じる。ゆっくりとしかし着実に復縁へと繋げるためには、決してしてはいけないことや心構えがあるものです。
ここではそんなHow toをご紹介。また、自分が誘われた場合の対処法もご紹介していますので、参考にしてみてくださいね!

復縁できるかどうかはデート次第!復縁デートで気を付けるポイント

復縁できるかどうかはデート次第!復縁デートで気を付けるポイント

復縁できるかどうかはデート次第!復縁デートで気を付けるポイント

 

□ 復縁デート前の準備は万全に!

 

① 朝、余裕を持って起きること

せっかく再び二人になれるチャンス。間違っても遅刻なんてしてはいけません。
「付き合っていたときも遅刻しがちだったし、相手もわかってくれているかも」と思うかもしれませんが、そうしたルーズさが、相手の気持ちを遠ざけたのかもしれません。
また、そうでなくても、「成長した自分」を見せることが肝要。朝は余裕を持って起きるようにしましょう。
「電話で起こして」なんてもってのほかです。


② 着ていく服は事前に準備

生まれ変わった自分をアピールするために、外見は非常に重要です。
とはいえ自分の趣味全開の、天上天下唯我独尊ファッションではどんなに高級ブランドでも相手は引いてしまうもの。
相手が好みそうな服装、よくわからなければ爽やかで清潔感のある服装だけは死守して!
朝起きてから「わーどれにしよう!」となると、結果ちぐはぐなコーデになってしまうこともありますので、当日着ていく服は事前に決めておくといいでしょう。天気予報と相談した上で第一候補を決めておき、さらに「雨が降ったら」「思いの外寒かった(暑かった)ら」という予期せぬ当日の天候変化に備えた「プランB」も用意しておくと万全です。

□ 復縁デートの場所はどこにするべき?

 

復縁デートの場所は、「二人で新しい体験ができる場所」がおすすめです。
つまり、「いままで行ったことがない場所」。
人は知らない場所に行くと、ワクワクドキドキするものです。その刺激を共有することで、ふたりの距離は縮まるはず。

いっぽう、「思い出の場所」に行くのはNG。
あなたの中では復縁狙いのデートでも、相手はそこまで思っていないかもしれません。
それなのに、過去に二人で訪れた場所に連れて行かれては、相手は「重い」と感じてしまうでしょう。

相手の女性の好みにもよりますが、別れてからできた最新スポットなどに行けば話題性も抜群なので、盛り上がるかもしれませんね。

□ 復縁デートでやってはいけないこと7選

 

① 遅刻
 
先程の繰り返しになりますが、遅刻はダメ、絶対!
せっかく二人で出かけるチャンスなのに、遅刻されては相手の女性は「自分はないがしろにされている」と気分を害してしまいます。
まあ、普通に失礼な行為ですよね。
たとえ交際当時はそれが当たり前だったとしても、一回破局しているわけですから、過去に甘えてはいけません。
仕事と同じ、時間厳守! 相手を尊重する気持ちは行動で示しましょう。


② いいかげんな服装

やたら尖った靴や眉間に一房垂らした前髪など(あくまでたとえです)、過剰にキメる必要はありませんが、服装もまた相手に対するマナーです。
あまり気張った格好だとかえって張り切っているようで恥ずかしい…と思うかもしれませんが、バチバチにキメるのではなく、相応のおしゃれをすればよいだけなのです。まあその「相応」が難しいのですが…。
とにかく爽やかに、清潔に。
高級品でなくてもいいので、ヨレヨレのスエットで行くような自殺行為は避けましょう。


③ 復縁したいオーラを出す

復縁デートといっても、正解には「復縁につながることを目的としたデート(あなた目線)」。
まだ復縁したわけではありませんので、態度はあくまで「友達」のそれを貫きましょう。
何かと復縁を匂わせるような言動ばかりしていると、どんな最新スポットにでかけたとしてもデートが楽しめず、「相手の復縁オーラにどう対処したらいいのか」に彼女は心を砕くことになってしまいます。
そんなデート、超楽しくねえ。
シンプルに、出先の体験を楽しむようにしましょう!


④ 緊張してガチガチになってしまう

「復縁したいオーラ出しちゃダメだ出しちゃダメだ出しちゃダメだ出しちゃダメだ」というまじないが呪いと化し、なんにも喋れなくなってはこれまた意味はありません。
「元カノ」とか「復縁」とか、そういうことは自宅に置いてでかけましょう。
眼の前にいる素敵な女性と楽しい時間を過ごすのだ、という気持ちで、明るい笑顔で接しましょう。


⑤ タブーの話題に触れる

かつて恋人関係にあったのであれば、お互いについてそれなりに深いことを知っているもの。
相手のコンプレックスや家族の事情など、さまざまですが、当時「タブー」とされていた話題にここで切り込むのは自殺行為です。
それがどんなにささいなことであっても、ダメ、絶対。
たとえば彼女が猫っ毛を気にしていて、あなたはそれをかわいいと思っていたとしても「相変わらず猫っ毛だね〜」とか言っちゃダメです。
「もぉー!なによう!」というのは、相手が自分に気がある場合にのみ成立する茶番。
本気で気にしていることを、ましてや彼氏でもない男に茶化されるとまじでむかつくものです。
それが元彼なら怒りは二倍。
「何彼氏ヅラしてんだよ!」という別の怒りも注がれることになりますので、厳に慎みましょう。ね。


⑥ 長時間連れ回す

別れがたい気持ちはわかりますが、復縁デートは短時間で終わらせること。
遅い時間までだらだらだらだら連れ回しては、相手も疲れてしまい「この人といるとしんどいな」と思われてしまいます。
夕食デートであれば、終電前はもちろんのこと、むしろ2軒めはナシぐらいのさっぱりとした解散にするべし。
タクシー代を出してあげるから、遅くまでいたいというのもNG。金銭の問題ではないのです。


⑦ 体の関係を求める

紹介するまでもないほど論外です。
この瞬間、あなたは相手の女性から完全に嫌われるでしょう。
「いい感じの雰囲気だし…」「だって好きなんだから、誘ってもよくない?」
それはあくまで男性側の視点。
簡単にセックスできる女なのだと思われていることに、女性は自尊心を傷つけられます。
及び、あなたは「性獣」とみなされ、復縁どころか未来永劫絶縁される可能性も。
なんなら共通の友達の知る所なり、社会的信用にまで影響しかねませんので、下半身のいいなりになるのはやめましょう。

 

2. 復縁デートに対する心構え

 

やってはいけないことを紹介しましたが、ではどんな心構えで行けばいいのでしょう?
先の内容と重複するところもありますが、だいたいこんな感じです。

 

□ すぐに復縁できると思うのは危ない

 

一回デートにこぎつけたからといって、イコール復縁、と思うのは間違いです。
単純にその場所に行ってみたかっただけかもしれませんし、ただの暇つぶしという可能性もあります。
もちろん、あなたを憎からず思っているからこそOKしたともいえますが、復縁を決意するまでに、相手の心の中でも考えるべきことがたくさんあるはずです。
復縁デートは、復縁に至る確実そして大きな一歩であることは間違いではありませんが、ゴールまでの距離は未知数。
ここで結果を急ぐとあんまりいいことはありませんので、あまりガツガツせずに「デートできる。わーい」ぐらいに留めておいたほうがいいでしょう。

□ 復縁したい理由をもう1度考える

 

復縁したいからデートにこぎつけたわけですが、果たしてあなたは本当に相手と復縁したいのか、もう一度考えてみましょう。
単純に寂しくなったとか、思い出になった途端過去が美化されてしまったというのはよくある話。
そんな状態で復縁しても、長続きする可能性は低いでしょう。
なぜ別れたのか、そして、なぜ別れたのにまたヨリを戻したいと思うのか。
都合のいい思い出に自分自身が振り回されていないか、客観視するのも大切です。

□ 別れてから自分はどんな成長をしたか思い返してみる

 

漫然と時を過ごしていただけなのであれば、復縁してもまた同じことの繰り返しになるでしょう。
悲しい別れを経験して自分が学んだこと、そして、復縁に向けて努力したことを思い返してみてはいかがでしょうか。
その「再確認」という作業をおこなうことで、デートのときの彼女への接し方も変わってくるかと思われます。

 

3. 復縁デートに誘われたら

 

では反対に、あなたが別れた相手からデートに誘われたら?
最後にそんな逆パターンのマナーについても考えていきましょう。

 

□ 気持ちがない場合は断ろう

 

とくに男性は、自分に好意を持ってくれる女性に冷たくできないもの。
過去お付き合いしていた人ならなおさらですが、この先復縁する気持ちがないのなら、お誘いは受けるべきではありません。
相手に余計な期待を抱かせる分、あとで傷つけてしまうことになります。

「一回デート行くぐらいいいじゃん」と思うかもしれませんが、自分に好意を抱いてくれる人には誠意を持って接するのが大人の男というものです。

□ どんな目的なのか探ってみるのもあり

 

確かに元カノから誘われたけれど、そもそも相手も自分を異性として見ているのかわからない、という場合は、そのお誘いがどんな目的なのか探ってみるのもありでしょう。
例えば、元カノもあなたも同じ趣味を持っていた場合。
その趣味に関連するイベントなどにでかけたくとも、一緒に行ってくれる友達がいないからあなたを誘った、という場合もあり得ます。
はたまた、デートかと思いきや、共通の恩人に関する何かだったりという可能性も。
探るといってもどうやって? というウブなあなたはとりあえずこう聞いておきましょう。
「お誘いは嬉しいんだけどさ。どうして俺なのか聞いてもいい?」
この時、その答えが明らかに「あー、これだったら俺しかいねえわ」という物だったら、そして、そこに行く理由があなた自身にもあるのなら、まあ行ってもOKでしょう。
そこまで計算して彼女が復縁デートを仕掛けた可能性もありますが、それはもう仕方ない。
お気持ちに気づいた時点で、きっぱりお断りするのが男というものです。

□ 思わせぶりな態度はNG

 

先の2つと重複しますが、あなたにその気がない場合は、思わせぶりな態度をしてはいけません。
仮に一緒に出かけることになったとしても、あくまでその場所を楽しむのみに留めてください。
自分のことを好きな相手に対しては冷たくできないものですが、そのいっぽうで、なぜか強気になってしまうのも人のサガ。
自分の承認欲求を満たすために、相手の思いを弄ぶようなことはくれぐれもしないでくださいね。

 

復縁できるかどうかはデート次第!復縁デートで気を付けるポイント

  • 1. 次につなげるべく事前の準備は万全に
  • 2. 急いては事を仕損じる。ガツガツしては、ダメ、絶対
  • 3. その気がないのに誘われたら、誠意をもってお断りを

 





RELATED POSTS / 関連記事


test

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事