更新

【画像で解説!】男性のスーツスタイルのおしゃれな着こなし方&コーデ特集



test

多くのサラリーマンにとっての制服、それはスーツです。みんな同じような服装だからと気を抜いている方も多いかもしれませんが、同じような服装だからこそおしゃれに着こなすことでより輝いていくのです。
スーツをおしゃれにビシッと着こなすことはモテにつながるだけではなく、仕事上で相手に与える印象まで大きく変えていくものなのです。
現代の大人の戦闘服、スーツを着こなしてしっかりと男をアゲていきましょう!

【画像アリ!】男性のスーツスタイルのおしゃれな着こなし方とイケてるコーデ特集

【画像で解説!】男性のスーツスタイルのおしゃれな着こなし方&コーデ特集

1. 基本となるスーツの着こなし方

 

いきなり応用に走るのはダサくなってしまったりマナーがなってないと思われてしまう可能性もあります。まずは基本となるスーツの着用方法をしっかりと学んでおきましょう。

 

◎ジャケットのサイズ感を合わせる

 

スーツにおいても最も重要なのは”サイズが自分と合っているかどうか”、これに尽きます。どれだけ高価なブランドのスーツを着ていようが、ダボっとしていたり逆にピチピチであれば途端にだらしなく、ダサく見えてしまいます。
スーツはシルエットが命、選ぶ際はしっかりと採寸をして挑みましょう。
最近ではスリムシルエットのような細身のスーツが人気です。トレンドもしっかりとチェックしておきましょうね。

◎パンツ丈の長さを合わせる

 

ジャケットと同様、パンツの丈感も着こなす上での重要な要素。丈が長すぎると、立ち上がった時のパンツの裾のたわみ(クッションといいます)が大きくなりすぎて重心が下になってしまい全体のバランスが悪くなってしまいます。とはいえ短すぎて座ったときに靴下の先の地肌まで見えてしまってもいけません。
基本はハーフクッション~ワンクッション程度で、裾が若干たわむ程度に設定するのがおすすめです。
立ち仕事が多かったり、よりスタイリッシュに見せたいならたわまないノンクッションにするのも良いですよ!

◎ボタンやフラップなどの着用マナーを守る

 

知っているようで意外と知らないスーツにおける着用マナーがいくつかあります。
まずはボタン。ジャケットは基本的に一番下のボタンは「飾りボタン」と呼ばれていて、その名の通り飾りなので留めてはいけません。マナー違反なだけでなく、ジャケットの形が崩れるといったデメリットも。また着席時にはジャケットのボタンはすべて外すのがマナーです。

それからフラップ。ジャケットのポケットについているフタのような部分ですね。雨よけやホコリよけとしての役割を果たすフラップですが、ビジネスシーンにおいては基本出したままでOK。「屋外では出し、室内ではしまう」とも言われていますが現代ではそこまで気にする必要はないでしょう。ただし外での着用を想定していない冠婚葬祭における礼服やドレススーツの場合はフラップをしまってくのがマナーです(そもそもフラップがついてない場合もあります)。

◎全体の色のトーンを合わせる

 

シルエットの次に大事なのが全体の色のバランスを取ること。スーツはグレー、シャツは青、ネクタイは緑…のように色を多く使い過ぎてしまうとまとまりが無くなってしまいます。
全体のトーンを決めることはスーツに限らずファッションの基本。基本は全体で3-4色以内に抑えて全身のまとまりを意識するようにしましょう。
また靴が黒ならベルトは黒、靴が茶色ならベルトも茶色、というように靴とベルトの色を合わせることも基本のひとつですよ。

 

2. 周囲に差をつけろ!おしゃれに魅せるワンランク上の着こなし術

 

基本を押さえておけばようやくスタートラインに立った、といったところでしょうか。スタンダードな着こなしをマスターしたら次はさらに上のオシャレを目指していきたいですね。
似通ったスーツスタイルの中でも個性を出すためのポイントをいくつかご紹介します!

 

■スーツのデザインや柄にこだわる

 

スーツスタイルの主役はなんといってもスーツ。サイズ感やシルエットの重要さはすでにお話しましたが、もちろんそれだけでは決まりません。
まずは柄。スーツ生地には無地やストライプ、チェック柄など多くの種類があります。柄が大きいほどカジュアルさが強くなっていき、無地に近いほどフォーマルさは増していきます。
それから色味も重要です。同じネイビースーツひとつとってもブルーに近い明るい青や、ダークネイビーのような暗い濃紺まであります。こちらは明るいほどカジュアルに、色が暗いほどフォーマル度は高くなります。

どれくらいのカジュアルさが許されるかは職種や着用シーンによって異なってくるためある程度の見極めは重要ですが、日常的に着用するスーツであればしっかりと遊び心を持って選ぶと良いでしょう。

■おしゃれなVゾーンを演出

 

スーツで最も個性を発揮できる場所が、ジャケットの襟、シャツ、ネクタイからなる”Vゾーン”です。組み合わせ次第で大きく印象を変えることが出来ます。スーツを毎回変えるのは難しくても、シャツとネクタイなら手軽に変えることができますよね。
全体のトーンは意識しつつも、柄入りのネクタイやシャツなどで個性を出してみてくださいね。

ネクタイの色は相手に与える印象にまで影響を与えるので、大事な商談や面接などの時には、意識してネクタイを選んでみることも大切ですよ。

ネクタイも黒を取り入れていい時代!?ビジネスマンの印象をガラッと変えるネクタイの色の選び方!

■スーツ小物でアクセントをプラス!

 

スーツ小物にこだわってみることでもオシャレさを演出することが出来ます。例えばネクタイピンをつけてみる、ポケットチーフを添える、カフスボタンを変えてみるなどなど。
さりげない部分ではありますが、そういうところこそ案外目に入ってしまうもの。細部にまでこだわりを見せることで「本当におしゃれに気を遣ってるんだな」と良い印象を与えることでしょう。

■挿し色を加える

 

全体のトーンを合わせることが重要、とはお伝えしましたが意識しすぎてしまうと地味でなんだか野暮ったい印象になってしまう場合があります。そんな時はネクタイや靴下などに明るい色のアイテムを加えることで全体にメリハリがついてシャキッとしたコーデへと変わっていきます。
派手な色や柄であっても、全体に占める面積が小さければアクセントになって悪目立ちすることもありません。その場合は他のアイテムとぶつかってしまわないように注意しましょうね。

 

3. 男をアゲるおしゃれなスーツ着こなし集

 

最後にスーツをおしゃれに着こなすおすすめのコーディネート例をご紹介していきます。同じスーツであってもビジネスシーンとパーティーや結婚式二次会のような場ではできる装いの幅も大きく変わってきます。ある程度カジュアルな服装が許されるような場合にはちょっと大胆なコーデにも積極的に挑戦してみてくださいね!

 

■ネイビースーツを使ったオシャレコーデ①

 

ネイビースーツを使った正統派なコーデ。全体を青系にまとめることで大人の余裕を感じさせるような落ち着いた雰囲気を演出しています。
スリーピースのスーツはフォーマルな印象が強くなりますが、大きめの水玉ネクタイを着用することで堅くなりすぎず親しみやすさを感じますね。

■ネイビースーツを使ったおしゃれコーデ②

 

こちらもネイビースーツを使ったコーデ。スーツとネクタイを同じ色の無地で揃えることでモード感を感じますね。そのままだと地味な感じで終わってしまいそうですが、チェックシャツをはじめ、ポケットチーフやネクタイピンなど小物を加えることでシンプルながらも洗練された印象になります。

■グレースーツを使ったオシャレコーデ①

 

グレースーツを使ったオーソドックスなコーデ。シャツとネクタイに赤色を加えることでメリハリがついてシンプルながらも力強い印象を与えてくれます。シャツのチェック柄やネクタイの小紋柄にもちょっとした遊び心を感じます。お手本のようなコーデですね。

■グレースーツを使ったオシャレコーデ②

 

グレーのチェック柄のスーツを使ったコーディネート。大きな柄の入ったスーツは難しそうなイメージがありますが、スーツ以外の部分を無地などシンプルにすることでスッキリとまとめあげることができます。

■ブラウンスーツを使ったオシャレコーデ

 

秋冬にぴったりなブラウン系のスーツを使ったコーデ。シャツや靴下に青みを加えることで印象が重たくなりすぎずおしゃれにまとまっていますね。短めのパンツ丈も今っぽさを感じさせます。

 

【画像アリ!】男性のスーツスタイルのおしゃれな着こなし方とイケてるコーデ特集

  • 1. まずは基本的な着用マナーを守ろう!
  • 2. スーツはサイズ感が命!
  • 3. 細かいこだわりで周囲に差をつけろ!

ライター後記

服装1つでその人の印象は大きく変わっていきます。同じスーツであっても体に合っていなければ途端にだらしない印象を与えてしまいます。人は見た目が9割、と言われることもありますが、その9割には服装や髪型も含まれています。まずは見た目からしっかりと意識して変えてみてください。見た目が決まると自信が持てて自然と心や考え方も変わっていきますよ。

 

ヨシロウ

オーダースーツは作り方によっては意外と安いのでおすすめです!

今までずっと美容に無頓着に生きてきたが、20半ばを過ぎ「このままではイカン!」と遅咲きながら美容に目覚め、美肌と失われた青春を求め日々奮闘中。





RELATED POSTS / 関連記事


test

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事