更新

薄毛は予防できる!薄毛になる原因と7つの予防方法



test

いつの時代も薄毛はなにかとネタにされてしまいがち…。
婚活ではマイナスポイントになってしまうし、会社で部下に怒っていてもどこか迫力に欠けてしまったりと、困った問題が山積みになってしまう可能性もありますよね。
そうならないためにも、薄毛対策は若いうちからしておくもの!薄毛になる原因や予防方法をご紹介します。
「しっかり対策をしておけばよかったなあ」なんて将来嘆くことがないように、今できることから始めていきましょう。※11/13更新

薄毛は予防できる!薄毛になる原因と7つの予防方法

薄毛は予防できる!薄毛になる原因と7つの予防方法

1. 薄毛になる原因

 

まずは薄毛になってしまう原因から探っていきましょう。
すでに薄毛に近づいてしまっている人は、心当たりがあるかもしれませんね。
でも大丈夫ですよ!気づいた今から、原因を取り除いていきましょう。

 

■男性の薄毛

 

一般的に薄毛は体質や遺伝が大きく関係するといわれています。
男性の薄毛は『AGA(男性型脱毛症)』と呼ばれ、その薄毛の原因と考えられているのが「5a-リグクターゼ」という酵素。この5a-リグクターゼが男性ホルモンの働きを強くしてしまうんです。
男性ホルモンが強くなると髪の生え変わりサイクルを狂わせてしまい、薄毛に繋がってしまうんですね。

■女性の薄毛

 

加齢とともに女性ホルモンが減少してしまうことも薄毛の原因といわれています。
女性の場合はM字に後退してしまうことはなくても、頭頂部が薄くなってしまったり髪が細くなって、全体的にボリュームがなくなってしまうんですよね。これは『びまん性脱毛症』と呼ばれています。
女性は特にホルモンバランスの影響を受けやすいので、更年期や妊娠出産などのタイミングで薄毛が気になってくることも考えられます。
女性の場合はドライヤーを使用する時間が長かったり、カラーやパーマなど髪のダメージが多いことも影響しているでしょう。

◆薄毛になる4つの原因

 

では具体的にどんなことが薄毛の原因なのでしょうか?
1つずつ見ていきましょう。

薄毛の原因①: 遺伝

 

お父さんやお祖父さんが薄毛だと遺伝する、なんてよくいわれていますよね。
残念ながらこれは本当で、薄毛は約25%の確率で遺伝するといわれていて、4人に1人は遺伝してしまうということになります。
というのも、さきほどご紹介した5a-リグクターゼという酵素の分泌量は、遺伝によって個人差があるんです。
つまり遺伝的に5a-リグクターゼの分泌量が多い場合には、薄毛になってしまう確率が高まってしまうので、薄毛は遺伝するといわれているんですね。

薄毛の原因②: 男性ホルモンの影響

 

男性ホルモンも薄毛に関係しています。しかし男性ホルモンだけが悪影響を及ぼすということではありません。
ご紹介した通り、5a-リグクターゼが男性ホルモンをより強化してしまうため、髪の毛の生え変わるサイクルを狂わせてしまうんですよ。
その結果、薄毛につながってしまうといわれています。

薄毛の原因③: 生活習慣

 

薄毛の原因は、遺伝や男性ホルモンの影響だけではありません。毎日の生活習慣も大きく影響していますよ。
例えば睡眠時間。最近ではスマホゲームがあったり仕事が忙しかったりと、睡眠時間がどんどん短くなっているといわれています。
また食生活も大きく関係しています。人間の身体は食べたもので作られており、髪も例外ではありません。
現代人の食生活は外食やコンビニ弁当も多く、栄養バランスが偏ってしまいがち。栄養バランスが乱れてしまえば、当然髪にも悪影響です。
脂質が多い食事メニューは頭皮にも皮脂を増やしてしまい、毛穴を詰まらせてしまうでしょう。
他にもタバコやお酒も薄毛の原因となっていることも。身体の健康は髪の健康なのです。

薄毛の原因④: ストレス

 

薄毛の原因としてよく言及されているストレス。こちらも実際毛髪に大きく関係しています。
ストレスを感じてしまうと、髪の主成分を構成している亜鉛が不足してしまうんです。髪の主成分はたんぱく質ですが、亜鉛が不足してしまうと髪の主成分であるたんぱく質が合成できなくなってしまいます。
その結果、薄毛に繋がってしまうというわけですね。

それからストレスを感じると、血行が悪くなってしまい血流が滞ってしまいます。
血液によって身体中に栄養を届けているので、血流が悪くなれば当然頭皮まで栄養が行き渡りませんよね。
栄養が運ばれなければ、髪も成長しきれずに抜けていってしまいます。
直接的ではないにしろ、常日頃からストレスにさらされ続ければ、薄毛や抜け毛の原因になってしまうでしょう。

 

2. 薄毛を予防するための7つの対策

 

ではいよいよ薄毛を予防するために具体的には何をするべきなのか?その対策を紹介します。
「自分はまだ大丈夫!」と思っていても、気付いた頃には大きく進行しているのが薄毛や抜け毛
無理にすべてを行う必要はありませんが、できることから早めに始めていくのがベストです。

 

■頭皮マッサージを行う

 

薄毛が進むにつれて頭皮は固くなってしまうもの。固くなってしまえばしまうほど、毛根が根付きにくくなってしまうんです。育毛剤や発毛剤も固くなった頭皮では、十分な効果を得られません。
そうならないためには、頭皮マッサージが重要ですよ。
マッサージすることで、血行を良くしてくれるんです。湯船に浸かって温まっているときに、頭皮を動かすイメージで優しくマッサージをしてみましょう。
おでこや耳の上から頭頂部に向かって、下から上に揉みほぐすのが基本ですよ。

ほかにも頸動脈に沿ってマッサージするとより効果的。
耳の後ろから顔のラインに沿ってほぐしてあげましょう。
自分で行う場合には、絶対に爪は立てないで指の腹で揉み解してくださいね。

ヘッドスパをご存知でしょうか?
美容院に行っている方は見たことがあるメニューかもしれません。
ヘッドスパも頭皮マッサージの一種なんですよ。
頭皮をマッサージしてもらうのって、想像以上に気持ち良いんですよね。
自分でやるのが大変だったり難しい場合には、一度プロにやってもらうのもおすすめです。
とっても癒されるのでストレス発散にもなりますよ。

■正しいやり方でシャンプーを行う

 

毎日行うシャンプーも、重要な薄毛対策の一環です。まずは自分に合ったシャンプーを選んでいるか見直してみましょう。
必要以上に皮脂を洗い流してしまっていたり、しっかり汚れを落とせていなかったりしませんか?スカルプシャンプーに変えてみたり、ボリュームアップ効果が期待できるシャンプーなどに変えてみましょう。

シャンプーの量は適量で、多すぎても少なすぎてもいけません。毛量に合わせて調整してくださいね。
そして洗い方も非常に重要。忙しさにかまけて、ごしごしと雑に洗っていませんか?
爪は立てず、指の腹で優しく洗いましょう。しっかり洗い終わったら、すすぎ残しがないようにしっかり洗い流してくださいね。

正しい方法でシャンプーするだけでも、十分に薄毛対策になりますよ。
洗いすぎもよくないので、シャンプーは1日1回で十分です。お風呂から出たら、必ずドライヤーで乾かす習慣を付けましょう。自然乾燥は髪にも頭皮にもよくありません。

■しっかりと睡眠をとる

 

睡眠時間を十分にとることも、薄毛対策には有効です。
寝ている間に成長ホルモンが分泌されて、髪の成長や修復をしてくれているんですよ。

特に成長ホルモンが分泌されるといわれる夜10時から2時の間は、ゴールデンタイムと言われています。
できれば夜0時前にはベッドに入って眠れると理想的ですね。

ベッドに入ったらスマホを見ないとか、寝る直前は暗くするなど眠りやすい環境づくりをしてみると、すんなり眠れるかもしれませんよ。

■食生活を整え栄養を摂る

 

食生活を改善したからといって、必ずしも薄毛が予防できるわけではありません。
でも髪に必要な栄養素をしっかりとることで、元気な頭皮や髪を作ることができますよ。
バランスのとれた食事がベストではありますが、特に重要な栄養素は以下の3つです。

・たんぱく質
お肉、魚、卵、チーズ、豆類など

・亜鉛
生ガキ、鶏レバーなど

・ビタミン
柑橘類、にんにく、うなぎ、まぐろなど

意識して多く摂取できると健康な頭皮や髪を作ることができるでしょう。

■タバコ・お酒を控える

 

タバコに含まれているニコチンは、全身の血管を収縮させて血行を悪くしてしまうんです。
そのほかにも、ビタミン不足などの悪影響を引き起こしています。
「百害あって一利なし」と言われる喫煙。当然髪にも良いことはありませんよ。
そしてお酒には「アセトアルデヒド」という成分が含まれています。一般的には二日酔いの原因ともいわれていますね。
アセトアルデヒドは薄毛の原因となっている男性ホルモンを増加させるといわれているので、結果的に薄毛の原因となってしまいます。
お酒を飲むときはルールを決めて、飲みすぎたり連日続けて飲んだりしないよう注意しながら楽しみましょう。

■ストレスを解消する

 

ストレスを解消するといっても、現代社会はストレスだらけでなかなか難しいかもしれませんね。
たまには仕事をセーブして趣味に没頭する時間を作ったり、友達と旅行に行ったりする時間を作ってみましょう。
1人の時間を楽しんだり美味しいものを食べたり、自由にゲームをしてみたりと、自分が「スッキリする」と思える時間を持てると、気持ちが切り替えられますよ。

■育毛剤を活用する

 

「育毛剤はさすがにちょっと早いんじゃ…」と思うかもしれませんが、薄毛に悩んでいるなら若いうちから育毛剤を活用するのべきですよ。
髪を育てるための頭皮環境を整えておけば、結果的には薄毛を予防することに繋がります。
ビタミンを直接補給してくれるタイプの商品や、AGA対策商品など、さまざまなタイプが発売されています。
特にオススメなのは、血行を良くしてくれるタイプや、毛髪を作る細胞を活性化させるタイプ。
自分の薄毛の悩みに合った育毛剤を選んで使うことが、未来の薄毛を防ぐ最善の策なのです。

2018年〝育毛剤〟人気ランキングを発表!/span>
抜け毛・薄毛とはもうおさらば!本当に効果のある育毛剤ランキングBEST4

 

【注目記事】薄毛予防に最適な育毛剤とは!?▽

抜け毛・薄毛とはもうおさらば!本当に効果のある育毛剤ランキングBEST4

 

 

3. 重度の薄毛の場合はクリニックに相談を!

 

「まだ20代なのに、昔に比べて確実に薄くなってきてる!」とすでに薄毛に悩んでいるなら、クリニックに相談してみるのも1つの手ですよ。
薄毛の原因は人それぞれ。他の人の原因が、あなたにも当てはまるとは限りません。
自身の薄毛の原因追及なども可能なので、まずは相談だけでもしてみてください。もちろん早めの予防にこしたことはありません。気になったタイミングで相談に行ってくださいね!

 

薄毛は予防できる!薄毛になる原因と7つの予防方法

  • 1. 「遺伝だから」と諦めないで!
  • 2. 若いうちから対策することで予防はできる!
  • 3. 1つでも、できることからはじめてみましょう

 





RELATED POSTS / 関連記事


test

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事