更新

あなたはどのタイプ?戦国武将たちの性格や人間的魅力について詳しくなろう!



test

歴史好きなら戦国武将にも憧れがありますよね!強くてかっこいい姿は特に男性にとっての永遠の憧れ、目標なのではないでしょうか?
戦国武将は強さだけではなく、人間的魅力やその人格によって大勢の家来たちを従えていました。織田信長や徳川家康のように性格を表現した『ホトトギス』などは有名ですよね。世間話で、自分だったらどの性格のタイプかを話し合うのも定番です。
今回は「ホトトギス」の名言に代表される表現のように、様々な角度から有名戦国武将の人格や魅力について学んで行きましょう!自分だったら誰タイプか当てはめて考えるのも楽しいですよ!
戦国武将の生き方が現代に生きる私たちのヒントになるかもしれません!強さだけではなく人格的な面で人を惹きつけるリーダーシップのコツについてもご紹介していきます!

あなたはどのタイプ?戦国武将たちの性格や人間的魅力について詳しくなろう!

あなたはどのタイプ?戦国武将たちの性格や人間的魅力について詳しくなろう!

1. 名武将の性格!

 

歴史に名を残した戦国武将たちは、本当にその強さだけで味方を増やしていたのでしょうか?
地位の向上を目指していた武将たちの中には、交渉上手なタイプや男気溢れる孤高なタイプ、状況把握能力が高い賢いタイプなど、強さだけではなく様々な人格的魅力をもつ武将たちがいたはずです。
人を束ねるには、人格的な魅力も欠かせない要素の一つ。もちろん、みんなに優しかったりいい性格だったり、誰からも愛される人間的要素も求められますが、武将たちの中には反対に悪役的なオーラや貫禄で人を惹きつけてきたタイプもいるはず。
戦国時代だからといって、リーダーシップに求められる要素は強さや実績だけではないというのは現代社会とあまり変わらないですよね。
武将たちの人格的魅力を深掘りすることで、現代社会で活かせるリーダーシップのあり方を学んでいきましょう!

 

◎ 各武将たちの性格

 

言わずと知れた名将、織田信長。27歳の時に桶狭間の戦いにて少数の兵力で今川軍を倒し、42歳の時に長篠にて鉄砲を新しく時代に取り入れ武田軍を倒しました。圧倒的な実力と大和魂溢れるメンタリティを持ち、天下統一を目指した第一人者とも言われています。
ホトトギスになぞらえた名言で有名な武将の一人でもあり、天下統一のためなら人を殺めることにも容赦がない冷酷さを持つ人物。しかし、彼はいつも革新的で斬新であり、人並み外れた行動力や実行力に長けていました。
一見冷酷で恐ろしいイメージもありますが、確かなカリスマ性に優れた頼り甲斐のあるタイプと言ってもいいでしょう。

【有名戦国武将①】織田信長

 

言わずと知れた名将、織田信長。27歳の時に桶狭間の戦いにて少数の兵力で今川軍を倒し、42歳の時に長篠にて鉄砲を新しく時代に取り入れ武田軍を倒しました。圧倒的な実力と大和魂溢れるメンタリティを持ち、天下統一を目指した第一人者とも言われています。
ホトトギスになぞらえた名言で有名な武将の一人でもあり、天下統一のためなら人を殺めることにも容赦がない冷酷さを持つ人物。しかし、彼はいつも革新的で斬新であり、人並み外れた行動力や実行力に長けていました。
一見冷酷で恐ろしいイメージもありますが、確かなカリスマ性に優れた頼り甲斐のあるタイプと言ってもいいでしょう。

【有名戦国武将②】豊臣秀吉

 

もともと百姓の身だった秀吉は、織田信長に仕え武士になり、信長の死後に天下統一を果たしました。
戦国武将でありながら、真夏の戦の際には敵味方関係なく、日照りよけの傘を配るなど人情に厚い一面があった人物。
コミュニケーション能力に長けており、天性の人たらしとも呼ばれていました。
実力はもちろん、その広い視野や処世術によって出世への階段を登りつめた武将なのです。強さと賢さを備えた人物ですね。

【有名戦国武将③】徳川家康

 

秀吉の死後、関ヶ原の戦いにて石田三成率いる反徳川敵陣を倒し、天下統一を果たした人物。江戸幕府を誕生させ一時代を牽引した、日本の歴史を語る上でトップを争う重要な将軍です。
それまでの戦国時代を一新し、戦争のない平和な時代を作り上げたという立派な功績を残しました。
また外交にも積極的で、江戸時代の文化発展に大きく貢献しました。
既成概念にとらわれず、新しい文化を取り入れようとする懐の深さを持つ人物です。視野の広さだけではなく、底知れぬ欲深さを併せ持っているとも言えますね。

 

2. 性格の良かった武将・悪かった武将

 

様々な書籍から性格のよさそうな武将悪そうな武将に分けてみました!
(ちょっと独断と偏見がはいっているかも…?)

 

◎人格者だった武将①: 上杉謙信

 

戦国時代最強の武将とも言われる実力派の武士。生涯のライバル、武田信玄との合戦が有名で歴史好きの間でもファンが多い人物であります。
また、現代でも多用される「敵に塩を送る」という言葉を実現した第一人者。
武田信玄が駿河国に侵攻した際、駿河国主である今川氏真はその報復として信玄の領地に塩を送ること禁止しました。しかし信玄の領地は海がなく、塩を生産することができませんでした。これを知った謙信は氏真の行いを「卑怯である」とし、信玄の領地に塩を送ったと言われています。
「信玄と争うべきは弓にあって、米塩ではない。」という残した謙信。このエピソードが「敵に塩を送る」という言葉の由来になっています。
敵だからといって必要以上の攻撃はせず、正しく平等性を持って接した人格者と言えます。

◎人格者だった武将②: 石田三成

 

歴史好きの間で、その性格の魅力ゆえにファンを集めている石田三成。関ヶ原の戦いにて、徳川軍の敵・西軍として戦ったことなどで有名な武将です。
石田三成といえば、同じ秀吉の家臣同士である大谷吉継との友情エピソードがよく知られています。
とあるお茶会の席で、秀吉の点てたお茶を家臣たちで回し飲みする行事の際にある事件が起きます。当時大谷吉継はらい病という病を患っており、その症状ゆえに大谷がお茶を飲むとき彼の鼻膿が回していた器にたれて入り込んでしまったのです。
大谷の次に器が回ってきた家臣たちは、皆飲むふりをして膿を避けていました。
しかし、石田は膿が入り込んだお茶を「秀吉様の点てたお茶が美味しくてつい飲み干してしまいました。」と言いながらごくごくと飲み干したのです。
秀吉の顔を立てながら、大谷を羞恥や屈辱から守った石田に、大谷は尊敬と忠臣の意を抱きました。
仲間思いで優しく頼り甲斐のある姿は、部下のミスを何事もなかったように受け入れる理想の上司像と重なります。

◎人格者だった武将③: 真田幸村

 

真田幸村といえば、徳川家康をあと一歩のところまで追い詰めた最後の猛将。賢く強かで男らしいイメージを持たれがちの武将ですが、実際の性格は心穏やかだったと言われています。大河ドラマ「真田丸」で堺雅人が演じたことでも話題になりましたよね。
戦術家の父や、優秀だった兄と比べられる機会も多かったはずの幸村。
しかし、兄である信之は幸村の性格を「柔和で忍耐強く、物静かで、言葉少なく、怒り腹立つことがなかった。」と語っており、「幸村は国を支配する本当の侍で、自分達は見かけを取りつくろい、肩をいからせている道具持ちという程の差がある」と評価しています。
幸村は武将としての強さだけではなく、人間的な器の大きさや懐の深さを多くの人々に評価され認められてきたのでしょう。
広い心や大きい器は、貫禄や上に立つものとしての凄みになり、多くの信頼を集めることがわかりますね。

◎ 性格が悪かった武将①: 武田信玄

 

己の勢力拡大のためなら、身内であっても容赦なく切り捨てるというほどの過剰な野心の持ち主である武田信玄。
獰猛で物騒、また味方を裏切ることも多かったことから卑怯者・薄情者と呼ばれることも。
彼の一番の目的は「天下」であり、そのためならどんな縁や同盟も容赦なく切り捨ててきた信玄。
例えば現代の会社などの組織であれば、裏切りや騙しはもちろんあってはならないことですが、チーム内の友好関係に気をとられることなく、目的に向かって手段を選ばずに猛進していく大胆さは、リーダーに必要な要素なのかもしれません。

◎ 性格が悪かった武将②: 松永久秀

 

織田信長に忠義を示した家臣でありながら信長を2度にわたって裏切り、室町幕府軍を暗殺し東大寺大仏殿を焼き討ちにした非道の武将。
身元不詳でありながら将軍の側近として従事するなど、世渡り上手で要領が良かったと言われる久秀。
結果的にトップを切って下克上を成し遂げた彼は、忠義者としての顔を使い分ける天才だったのではないでしょうか。
己の目的のためなら、交渉の手段や裏切りさえも厭わない天才肌の武将。一度裏切られた信長も、彼のスペックやカリスマ性を見込んでもう一度家臣になることを許してしまったのかもしれません。
人を騙すという意味ではなく、自分の目的のためにテクニックを駆使して社会を渡り歩くことは、成功するための一つの手段ですよね。

 

あなたはどのタイプ?戦国武将たちの性格や人間的魅力について詳しくなろう!

  • 1. 戦国武将は強さだけではなく、様々な人格的魅力に優れていた!戦国武将の性格にリーダーシップのヒントがあるかも?
  • . 性格が良かったと言われる武将と悪役的な魅力があった武将まとめ。性格が悪かったというより、自らの目的のために手段を厭わない天才肌の武将が多かった。

ライター後記

大河ドラマの人気によって歴史を好きになる人々が急増していますが、私は歴史について一切関心を持ったことがありませんでした。今回の執筆にあたり武将たちの生き様を少しだけ勉強しましたが、戦国時代を全力で生きていた人たちは性格の良し悪しにかかわらず、みんな命がけの覚悟を持っていたのだと思いました。
天下統一という目標を誰もが背負う中、厳しい環境下で他人に優しく接して生きていくことは並大抵のことではありません。
大きい器の持ち主が時代を変えてきたのだなと改めて感じさせられました。
現代に生きる私たちも、戦国時代までとは言わないまでも、日々猛スピードで動く社会を生き抜く武将なのかもしれません。
人の信頼を人格やカリスマ的才能でどう勝ち取っていけるのか、戦国武将たちの生き様を見ながら参考にしていきたいですね!

 

ミウラ コト

時代を変えるには覚悟が必要!人間的魅力を磨いて、現代をかっこよく生きていこう!

バンド活動に励みながら、ライター業を勉強中。美容はもちろん、グルメや恋愛にも興味あり!好奇心旺盛ガールです。





RELATED POSTS / 関連記事


test

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事