更新

青髭対策は何がベスト?正しいスキンケアで爽やかメンズに



test

見た目の清潔感のために、毎日の髭剃りは必須。そんな男性にとって、青髭は悩みの種ですよね。せっかく髭を剃っているのに、青髭のせいで印象が台無し…なんて悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
そもそも青髭がどうして出るのか。そんな青髭の原因や対策をまとめました。
青髭対策のベストって一体なに?

青髭対策は何がベスト?正しいスキンケアで爽やかメンズに

青髭対策は何がベスト?正しいスキンケアで爽やかメンズに

1. 青髭の原因とは?

 

爽やかメンズになるために髭のケアは欠かせなません。それなのに、髭を剃っているからこそ出てきてしまう悩み、青髭。
青髭はそもそもどうして現れるのでしょうか?

 

■ 青髭の原因

 

スキンケアや剃り方に気を使っていても出てきてしまう青髭、その原因をまとめました。
なんと意外なことに、生活習慣も関係あり!?

①顔の皮膚が薄いため

 

人の体の皮膚は平均10層ほどが重なってできていますが、顔の皮膚はこれより薄く7層ほどしかありません。そのため皮膚の内側にあるものが透けやすいのです。
当たり前ですが、体毛と同じで髭として肌の表面に出てきている部分は一部。皮膚の内側に埋まっている髭が、薄い皮膚を通して外から見えてしまうのが青髭なのです。

②髭は密度が濃く、毛穴が深いため

 

髭は腕や脚、胴体などの体毛よりも太い毛のため、目立ちやすいのというのも理由の一つ。また見比べてわかるように、髭は体の毛よりも密集して生えています。さらにこの密度の濃さに加えて、毛穴が深いという特徴も、青髭の原因。
表面の毛を剃っても残る皮膚の下約4~5ミリほどの密集した太い毛。これが薄い皮膚を通して見えてしまうのです。

③男性ホルモンの過剰分泌

 

男性ホルモンは、健康な男性ならむしろ分泌しているべき大切なホルモン。でも、過剰に分泌され過ぎると髭が濃くなりすぎる原因にも。男性ホルモンを分泌させすぎる習慣にはどんなものがあるのでしょうか?

・肉、揚げ物など、たんぱく質や脂質を摂りすぎている
・過剰なストレス
・睡眠不足
・喫煙のしすぎ


もともと髭が濃いという人もいると思いますが、もしかしたらこれらの習慣で余計に濃くなってしまっているかも。一度見直してみるのもおすすめです。

■ 消えないなら生やしたらいい?ヒゲ、青髭の女性の印象

 

髭を剃るとどうしても青髭が目立ってしまうという男性にとっては、髭を剃りつづけること自体ストレスですよね。「いっそ髭を生やしたスタイルにしてしまおうか」と考えたこと、一度はあるのではないでしょうか?ヒゲ男子に対する女性の印象はどうなのでしょう。

女性に人気の髭スタイル調査では、やはり「髭なし」が良い女性が大多数。やはり清潔感や爽やかさを出せる「髭なし」スタイルは無難かつ最強のようです。
街を歩いていると、本当によく似合ったヒゲを生やしている人も時々見かけますが、やはり扱いが難しいですよね。下手に伸ばしても、「ダサい」「不潔」「貧乏そう」など悪印象につながってしまうことの方が多いようです…。

 

2. 青髭を消すには?

 

そんな悩みの種「青髭」、対策にはいったいどんなものがあるのか、まとめてみました。家で出来る方法から、プロに頼む方法まで色々あります。
ガンコな青髭の対策、どんな方法があるのでしょうか?それぞれのメリットやデメリットも一緒に紹介します。

 

①青髭ができにくい剃り方をする

 

毎日何気なくやっている髭剃り、そのやり方を見直すことで青髭を改善できる可能性もあります。正しい髭剃りのポイントを解説します。

・カミソリで剃る(3枚刃以上)
・泡タイプのシェービングフォームを使用
・剃る前に蒸しタオルなどで肌を温め、毛を柔らかくする


電気シェーバーよりもカミソリの方が深く剃れるため、青髭が残りやすいという人にはおすすめ。3枚刃以上のものを使うと、深剃りできて剃り残しも少なくなり、目立ちにくくなります。
泡タイプのシェービングフォームは油分が多いため、刃の滑りが良くなるのでジェルよりもおすすめです。
また、少し面倒ですが、髭剃り前に肌を温めておくと髭が柔らかくなって剃りやすくなります。

このようなポイントを実践することで、気になる青髭を改善することが可能に!ですが、これらの方法は同時に肌への負担も増大させてしまうことに…。肌トラブルが起こると髭が剃りにくくなり、処理しきれずに青髭が目立つ、といった悪循環にも。一生自己処理を続けていく、という場合は、毎日のスキンケアが大切。髭剃り後やお風呂上がりなど、クリームでの保湿を欠かさないでくださいね。


しっかり深剃りT字カミソリおすすめランキングBEST10【2018年最新版】

②脱毛をする

 

青髭対策として次に挙げられるのが脱毛。しつこい髭に悩む人なら、一度は検討したこともあるかもしれません。
脱毛には、

・医療
・サロン
・自宅(脱毛器)


の3種類があります。それぞれ特徴はありますが、共通するメリットは「肌への負担が少ない」という点。
毎朝自己処理をするのと違い、カミソリやシェーバーの刃で肌を傷つけずに済むので、肌トラブルが起こるどころか肌は綺麗になっていきます。また、脱毛は髭剃りと違い毛根から髭を処理してくれるので、続ければ青髭のもとである「肌の下にある毛」そのものを取り除くことが出来るのです。
お金はかかりますが、毎日髭剃りをし続けたり、青髭や肌トラブルに悩まされ続けるストレスを考えれば、安いと考えてもいいと思います。
病院や専門の脱毛サロンで行う脱毛は、プロに任せるので安心で確実。料金が高いと感じるなら、脱毛器を購入して、自宅でマイペースに脱毛する方法もあります。

③隠す(ファンデーション、コンシーラー)

 

「青髭を隠したい」というとき、応急処置として使えるのがメイク用のコンシーラーやファンデーションを使う方法。薬局やコンビニで買えて即効性もあり手軽ですが、やはり根本解決にはなりません。
本気で悩んでいる場合は一時的な対策として使うにとどめ、上に書いた方法を検討することをおすすめします。

■ 青髭対策は脱毛がベスト

 

長い目で見たとき、おすすめしたいのはやっぱり脱毛。太い髭を毎日剃り続けるのは、肌にとってかなり大きな負担。肌トラブルや、髭剃りのストレス、時間などなど…いろいろ考えると、脱毛してしまう方が断然お得。
詳しく知らない人も多いと思いますが、実は医療脱毛以外は完全な「永久脱毛」ではないので、もし将来突然ヒゲを生やしたくなっても可能なのです。
絶対に脱毛は嫌!というこだわりのある人以外、脱毛を考えてみることをおすすめします。

 

【注目記事】髭剃りや肌トラブルとはもうオサラバしよう▽

【脱毛クリニックの厳選ランキング】メンズの毛の悩み!解決できるクリニックはここにあり!

 

 

青髭対策は何がベスト?正しいスキンケアで爽やかメンズに

  • 1. 青髭は体質だけじゃなく、いろいろな原因がある
  • 2. 青髭は髭剃りの仕方でも改善可能
  • 3. おすすめはやっぱり脱毛

ライター後記

男性ならもれなく向き合わなければならない「ヒゲ」問題。無くすにしても、伸ばすにしても、お手入れは大変ですよね。髭剃りのせいで肌トラブルを起こしている男性を見たりすると、切ない気持ちになります…。一生のことなので、この機会に一度、真剣に考えてみては?

 

yuka

男性だって、お肌は大切に!!!

北海道出身。歌・ファッション・美容が大好き。趣味走ること。インテリア・色彩などに興味があり、デザイン学校に通っています。





RELATED POSTS / 関連記事


test

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事