更新

【ニュー男子】ドーナツの穴的私



test

 

 

最近の日々は原稿と向き合っている。 ぼくには膨大に思えるボリュームの原稿を書くというミッションがこの10月にありまして、 その未知に、いっけん普通の姿なのですが内側は大荒れで、立て続けに大地震の夢を見た。

これにはどんなか意味があるのだろう、とネットの夢占いページを探ると、 「強いストレス」とか「大きな変化」みたいなことがでてくる。 夢占いとはいうけれど、その答えにはおよそ神秘的なものを感じない。 だって、あまりにもそのまんまじゃないか。そんなの I know!

そんな折、ふと瞑想をしようと思いたち、 ひさびさに腰を据えて瞑想タイムをとりましたところ、 「真我」という言葉と、ブラックホールが光り輝いているようなイメージがわいた。

とても抽象的、感覚的なことなのですが、 その「真我」という言葉とぼくがキャッチしたイメージに感じたのは「人間は仮の姿だ」ということでした。

それは「ぼくがみんなとは違う宇宙人」ってことではなく、 ”人間”とは、ひとつのアミューズメントパークのような体験なのかもしれない、ということ。みんな「人間をやりにきている」。 詳しくないので間違っているかもしれないけれど「VR(ヴァーチャル・リアリティ)」みたいなことなのかもしれません。

この人間VR体験の基本スペックは五感。 たとえば映画なら視覚と聴覚のところ、わたしたちのVRは、見れて、聞けて、嗅げて、触れて、味わえるがベーシック。 それに加えシックスセンス的な、五感では「ない」ものを確かに「ある」と感じられるスペックも実は標準装備なのかもしれません。 その第六感と五感を組み合わせながら人は目の前を、今を体験している。 そんなことを思ったのであります。

なんの根拠もないことをつらつらすみませんが、もうすこし続けますと。 その「真我」なるものは、いわゆる「無」みたいなもので、 良いとか悪いとか熱いとか寒いとか、そうした感覚がなく、したがって言葉によるジャッジメントもない。 ドーナツの穴がドーナツをドーナツにしているけれどそこには何もないがごとく、 何もないのだけど、でも、ないのだけど「在る」。 真我を集合意識とすると、その端末が個々の人間で、端末意識が「自我」なのかも。

この秋のぼくは、「原稿書かなきゃやばい!!」と焦りまくっていて、 どうしたらスムーズ書けるだろう、何をしたらいいのだろう、と、 藁をもすがる思いで、友達にタロットカードをひいてもらったり、オラクルブックをひらいたり、とにもかくにもジタバタしていた。

通常の「やばい!」は、そうしたことでおさまっていく私なのですが(それも不思議なことではある)、 今回は、そのような方法にほとんど効果がみられなかった。 もちろんカードなどはおそらく的確で、「外側に答えはない」だとか「幻想を超えよ」といった一貫性のあるメッセージばかりを伝えてくる。 だから、そうすれば、そうあれば乗り越えられるに違いない。 けれど、けれどです。言わせてもらいますが、どうやったら幻想を超えられるの? 超えられたら悩まないから!!

そんなジタバタdaysの末、「真我」のイメージがやってきたわけですが、 絶対的に”ただある”というその感覚こそを自分の根本としてみると何かが変わった。 極めてクールな「目」を自分の本質と感じるだけで、心の波が静まり「万事OKっす」となれたのであります。

あたふたドラマに主演中の私と、喜怒哀楽レスに淡々と観測するサムシンググレイト的私。 ひょっとすると、別次元の2つの視点、意識をあわせもつというアンビバレントな体験が「人間をする」なのかも。

だからなに? と言われたらそれまでなのですが、 凧のように外的状況に大きく揺さぶられる今日に疲れた時は、 凧を操る地上の自分があるのだと仮定してみることで、俯瞰が生まれ、すこしは穏やかになれる気がします。 一瞬で、無料でできるので、ご興味わきましたらトライいただけましたらこれ幸い。

以上、本日もますますトリッキーな雑記にお付き合いくださり誠にありがとうございました。 個展のほうも、ひきつづきよろしくお願いします。今週は17日と20日はいます!
ニュー男子 拝

 





RELATED POSTS / 関連記事


test

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事