更新

高額な育毛・発毛サロンに通う必要はあるの?髪が抜けたらあなたはまずにどこ行きますか?



test

ここに画像の簡単な説明

発毛診断士であり育毛プロデューサーの久田篤が薄毛に悩んだ時に行くべきところをご案内します。

高額な育毛・発毛サロンに通う必要はあるの?髪が抜けたらあなたはまずにどこ行きますか?

インタビューを受ける育毛プロデューサーの久田

 

さて最初のインパクトのある画像は大手育毛サロンでトータル700万円かけたが生えなかった被験者のA氏。

この後どうなったか是非、最後まで読んでいただきたい。

ある統計上では、日本人男女の3人に1人の割合で抜け毛や薄毛に悩む人たちが年々増えているとされています。

誰もが抜け毛に悩みはじめると、次第に鏡で髪の毛を見る回数も増えはじめます。

例えば、風呂上がりにふと鏡の中に映る自分の濡れた頭。何やら天井の蛍光灯が反射している…。

それでも最初のうちは、髪を乾かすと地肌も見えにくくなり、ひとまずホッとします。

ところが日が経つにつれ、今度は髪が濡れてもいないのに天井の明かりで地肌が光っているのが分かるように…。

『これはヤバイ。そういえば会社の同僚も一瞬、何気なく自分の頭に視線をあげる事が気になってはいたけれど…』

このように薄毛に悩む方人は他人からの視線の動きには敏感です。

頭に視線がいってから自分を見てくるという視線の動きに『やっぱり髪が薄くなってきたのか』と悩む人がほとんど。

薄毛を何とかしたい!

だから育毛剤!


昔からこの消費者行動は変わりません。
何とかして早く髪を生やしたいという気持ちは切実。
一旦こうなってしまうと、街を歩いていても、お風呂に入っていても、食事をしていても、常に頭の中は『生える』という言葉のアンテナを張りまくっている状態です。

簡単に髪が生える方法

どれだけ探し回ったことでしょう。

その気持ちは痛いほどわかります。

しかし、今お使いの育毛剤で髪が生えることに関しては疑問が残るというのが私の思う所。
なぜなら、

『薄毛』という悩み系の業界を狙ってくる業者は後を絶たないから。

先述したように日本人の男女3人に1人は悩んでいるという時代。その需要を狙ってなのか、育毛市場を狙って開発され続ける育毛商品はすでに把握しきれないほどの数が流通し、世の中に溢れています。

この薄毛を狙った育毛業界に有象無象の業者が乱立するにはワケがあります。
それは薄毛という悩みは友人や家族、恋人などにもなかなか相談しづらく、自分一人で悩みを抱えてしまうという現実があるからです。

ダイエットに悩む人なら痩せれば済む話で、薄毛ほど悩みは深くない事が多いというのもあります。

あくまで理論上ですが、太っているところから引き算で解決出来るからです。
しかし薄毛は、無いところに足し算で髪の毛を増やさないといけない。

無いところに足すというと今まではカツラか増毛、もしくは植毛しか選択肢がなかったのです。みんな必死で薄毛を隠しながら生活しています。

 

ダイエットより薄毛は悩みの深刻度が高い

 

他人に相談しにくく、薄毛のコンプレックスは独りで悩みを抱えてしまう。そこに上手な語り口の広告やコマーシャルが目に入る。そしたら必然的に吸い込まれてしまう。
こうした負のサイクルから抜け出せない構図になってしまうのです。

この負のサイクルは昔も今も変わらず抜け出せずに苦しんでいる人は多くいます。

しかし昔と違い、インターネットが普及した今は欲しい情報が直ぐに分かります。
ですが、まだまだ発毛については不正確な情報やデマも数多くあります。

よく髪に悩む人に聞いたことがあります。

『その育毛剤で髪が生えたの?』

決まって答えがみんな同じです。

『髪は生えないけど、この育毛剤を塗らないともっとハゲる気がするから○○育毛剤を使っている』

髪が生えないけど、育毛剤を使わないとハゲる気がするとの発言こそ、負のサイクルにはまってしまっている証拠。
しかし、その育毛剤では永遠に髪は生えないでしょう。
使っている本人も不安とわずかな期待が入り混じった何とも言えない精神状態になるのは、きっと薄毛に悩む誰もが同じはず。
大金をどこかに落としてしまった時に似た気持ちと同じではないでしょうか?

『どうしよう』


市販の育毛剤で髪の現状は維持出来ても髪が生えるかは疑問

 

焦りと不安で頭の中は負のスパイラルは永遠と…。そうなると余計に髪は抜けやすくなってしまうのです。

 

これからはカツラや増毛しなくて良い時代

 

今までは美容室に切実な思いで髪の悩みを告白しても解決出来ない時代でした。

それは何故か?

こちらも先述した様に薄毛や抜け毛というネガティヴな事には中々、美容師さんもストレートに伝えるには抵抗がありました。

ストレートに伝えることは『ハゲ』と言われている感じにもなり、それが原因でその美容室に行かなくなるという事実もあります。
人の視線を気にするのですがら、周りから丸見えのオープンスペースの美容室では、育毛アイテムや育毛メニューを作っているところさえ周りから見られなくないというのはなおのことですよね。


しかし、今は多くの人が迷わず負のスパイラルに陥らないために、美容室が採用している画期的なシステムがあります。

そう、これからは気軽に髪のトラブルが解決出来るようになっているのです。

それは何なのか?

 

これからはクリニックでなく美容室に行く時代

個人輸入の医薬品はおすすめできません。医薬品での発毛治療はクリニックで処方してもらいましょう

 

当たり前の様にコマーシャルでAGAクリニックの宣伝が流れていますが、クリニックで治療となると医薬品の服用となります。
医薬品の服用は副作用が付き物ということをまずは知っておいてください。
ましてや個人輸入代行で医薬品を購入して薄毛対策をしている人も多いようですが、個人輸入の医薬品は国の認可を受けてないので、万が一、何か重篤な副作用があっても保障はありませんし、一番心配されるのは偽の医薬品も多く出回っていて中身の成分に何が入っているか分からない粗悪品を掴むというリスクも大きいので要注意。

 

そこで今、美容業界では副作用がなく、医薬品を使用せずに安心安全でクリニックと変わらない成長因子を頭皮に浸透される方式が採用されているのをお教えしたいのです。

それが『強髪ヘッドスパ』

ヘッドスパ感覚で気軽に行え、しかも周りから育毛施術されているという事さえ分からない。
頭皮と髪のためのヒト幹細胞培養液を使ったヘッドスパなのです。


従来専門クリニックでは1回当たり数万円かかるものが美容室で数千円~しかもヘッドスパ感覚で出来てしまうのです。

この強髪ヘッドスパは、18種類の髪の為に厳選したハーブと高濃度ヒト幹細胞培養液を頭皮に浸透させるもの。

美容室で出来る新しいヘッドスパ感覚で取り入れられている

 

多くの美容室で取り入れられ始めている「ヒト幹細胞培養液」ですが、通常のヒト幹細胞培養液だけでは髪が生えたとしても直ぐに抜け落ちやすいのが難点でした。

そこで厳選されたハーブと高濃度のヒト幹細胞培養液をミックスした特殊な高濃度ヒト幹細胞培養液。

※ハーブとヒト幹細胞培養液ミックスは強髪ヘッドスパでしか扱っていません。

文字通り 強い髪を作るのです。


さて、先ほどの被験者の方は数か月でどうなったでしょうか?
コチラをご覧ください。
その他にも多くの体験者画像がご覧いただけます。

髪フサフサ.com

 

 

髪フサフサ.com
https://peraichi.com/landing_pages/view/w7ftp

 

幹細胞培養液って何?

 

最近よく耳にするヒト幹細胞培養液。
これは人間にとって大変貴重かつ繊細な成分です。

このヒト幹細胞培養液は、一言で言えばターンオーバーのサイクルを短く出来る能力を持っています。
ターンオーバーとは、細胞を新しく生まれ変わらせる事。
赤ちゃんの肌がいつもツヤツヤでケガをしても直ぐに治るのは、このターンオーバーのサイクル(細胞が新しく生まれ変わる周期)が短いから。

 

 

通常28日周期とされるターンオーバーのサイクルは、年齢を重ねるごとにどんどん長くなり、細胞がなかなか新しくならなくなっていきます。
そうするともちろん頭皮の細胞も元気がなくなり、どんどん髪のボリュームが少なくなってきます。

分かりやすくお伝えすると、薄毛に悩む人の多くは、髪のヘアサイクルが乱れ、細い毛も十分に発育しないで抜け落ちてしまうのがそもそもの薄毛が目立つ原因。

その乱れたヘアサイクルを戻す役割なのです。

『強髪ヘッドスパ』はダイレクトにヒト幹細胞培養液を頭皮に与えることでターンオーバーのサイクルを早くして、頭皮をより良い健康な状態に変える事が出来ます。

強髪ヘッドスパをやってみたいが美容室がわからない。

日本全国23万件、信号機の数より多い美容室ですので『強髪ヘッドスパ』を採用している美容室を見つけるのは至難の業でしょう。

そんな場合はこちらにご連絡ください。



髪フサフサ.com


お近くの美容室が『強髪ヘッドスパ』を採用してないサロンでしたら発毛診断士、育毛プロデューサーの久田が強髪ヘッドスパの方法をご案内します。


公式サイトへ





今後、さらに全国的に美容室で増える『強髪ヘッドスパ』は髪のトラブルの救世主となり得るだろう。

 

【注目記事】ISSAも愛用!?効果ありと噂の育毛剤とは▽

抜け毛・薄毛とはもうおさらば!本当に効果のある育毛剤ランキングBEST4

 

 





RELATED POSTS / 関連記事


test

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事