更新

スクワットの消費カロリーは増やせる!ダイエット効果も高いスクワットの方法と効果を紹介!



test

スクワットで痩せれるか気になっている人に、スクワットの消費カロリーについて詳しく解説していきます!スクワットって筋トレとしては効果が高いものですが、ダイエット効果があるのでしょうか…?
スクワットで痩せるために大切なこと、正しいスクワットのポイントについてもご紹介します。

スクワットの消費カロリーは増やせる!ダイエット効果も高いスクワットの方法と効果を紹介!

スクワットの消費カロリーは増やせる!ダイエット効果も高いスクワットの方法と効果を紹介!

1. スクワットの消費カロリーはどれくらい?

 

悲しいお知らせですが、スクワットの消費カロリーって意外にも少ないんです!スクワットで痩せたいと思っているなら知っておくべきことについて解説していきますね。スクワットとほかの運動と比較もしてみましょう。

 

■ スクワットの消費カロリーって?

 

スクワット1回やるごとにどれくらいの消費カロリーがあるかご存知でしょうか?
1回0.40~0.50㎉というなんとも微量な数値でわかりにくい。
分かりやすくいうと、スクワット100回やっても40~50㎉しかならないんです。
出来れば知りたくなかった、すこし悲しい事実ですよね…。(笑)

■ ほかの運動との比較

 

では次にスクワット以外の運動や筋トレと比較してみましょう!

スクワット100回と同等なカロリー40~50㎉を消費すると思うと、例えば筋トレ。
腹筋や腕立て伏せなどの筋トレを30分やったとすると30~50㎉でだいたい同じくらいですね。
ウォーキングでは、15分で40~50㎉なので同じくらいなので、意外ですよね。ウォーキングのように身体を駆使しない動きのほうが、案外効率がいいのかも…。

 

2. スクワットで痩せることは出来るのか?

 

一見、消費カロリーが少なく効率が悪いスクワットですがスクワットでも痩せることができるんですよ。というかダイエット効果も期待できてしまうんです!
消費カロリーを最大限上げて、痩せるために大切なことを教えます!

 

■ スクワットはダイエットに不向き?

 

スクワットの効果としては、下半身の大きな筋肉を鍛えることで筋力強化が期待できます。スクワットのようなシンプルな動きでも、筋肉に刺激を与え筋肥大させることができ、下半身全体に効果があります。
そのためスクワットは筋トレとしては優秀な筋トレメニューといえますが、ダイエットに不向きと言われてしまうことも。
スクワットはあくまで筋トレなので、ダイエットではありません。

とはいっても、ダイエットするうえで筋トレは大事なもの。スクワットをすることで筋肉を鍛えることによって、体脂肪が落ちたり痩せやすい身体にすることは可能なんです。

■ 痩せたいなら○○が重要!

 

スクワットは大きな筋肉たちをバランスよく強化できる優秀な筋トレというお話をしてきましたが、スクワットがダイエットにもいい理由があります。

スクワットは無酸素運動なので脂肪燃焼効果も高く、基礎代謝が上がりやすいです。つまり痩せやすい身体になり、ダイエット効果も期待できます。有酸素運動も併せておこなうと効果UPするので、ジョギングなどもプラスしてみてください!

スクワットによって、適度に筋肉がつくことで引き締まった身体になり見た目的にも綺麗なボディラインになるでしょう。

でもまずは何よりも、そのスクワットを「継続」することが大切。
比較的効果が出るのが早いスクワットですが、継続しなければ理想の身体は手に入りません。
“継続は力なり”という言葉通りで、痩せるためにはまず継続させることを最優先!
継続することで、少しずつ代謝も上がって脂肪を減少させるようになり効率的にダイエットを行うことが出来るでしょう。

 

3. 消費カロリー最大限に引き出すスクワットの方法とポイント!

 

消費カロリーを最大限にするためには、スクワットの正しいやり方を習得する必要がありますよね!スクワットの基本的なポイントだけじゃなく、おすすめのスクワットのやり方についても解説していきます!

 

■ カロリー消費スクワットのポイント①: 正しいフォームで!

 

正しいフォームで行うことはどんな運動をする上でも大切なポイントですが、スクワットするのでも右に同じ!
きちんとしたフォームでしないと効果が半減してしまいますのでご注意くださいね。

慣れないうちは鏡を見ながら常に合っているか、どこに効いているか確認して意識していきましょう!
具体的なフォームは次のところで紹介します。

■ カロリー消費スクワットのポイント②: 腰を下ろすような意識を!

 

正しいフォームで一番大切なコツは、「膝を曲げる」意識ではなく、「腰を下ろす」意識でおこなうこと!
膝を曲げることを意識してしまうと姿勢が崩れてしまいがち。
身体を倒しすぎずに腰を下ろすという意識をもってスクワットしましょう!

また、膝を意識しないといっても膝を前に突き出さないよう注意してください。
膝を痛める原因になってしまうので、お尻を後ろに突き出すようなイメージで腰を下ろすことがポイントです!

■ カロリー消費スクワットのポイント③: 回数や負荷の目安

 

回数の目安としては10回×3セット。
10回やって苦しいと感じるようであれば、自分に合っている負荷の目安。

その「苦しい」という感覚が、きちんと筋肉に刺激をしているサインです。ただ、回数を意識するよりも、ゆっくりとした動作で正しく行なうことのほうが大切ですよ!

最初から10回できなくても、無理はせずに少ない回数から徐々に増やしていけば問題ありません。

■ 初心者向けスクワット

 

「5回でもギブ!」「普通のスクワットでも結構無理…。」って思って諦めるのはまだ早いです!筋トレ初心者や、筋力に自信がない方でも大丈夫。誰でも出来るクスワットもあるのでご紹介します!

初心者向けスクワット①: 壁スクワット

 



【壁スクワットのやり方】
①壁から20~30㎝離れた場所に立つ
②両足を肩幅程度に開き、壁に頭と背中をつける
③息を吸いながら膝が90度くらいになるまで腰を下ろす
④息を吐きながら元の立位の姿勢に

【壁スクワットのポイント】
壁を使うことにより、膝への負担も軽くなり筋力に自信のない人にもおすすめできるスクワット。ポイントは壁から背中を離さないようにすることです。また、どのスクワットにも共通することですが、膝がつま先よりも前に出ないようにすることもポイントに挙げられるでしょう。
初心者がよくやりがちなフォームなので、最初は膝を目で見て位置を確認しつつ行うと良いでしょう。

初心者向けスクワット②: スプリットスクワット

 




【スプリットスクワットのやり方】
①胸を張って背筋を伸ばし、両足を前後に開く
②前に出した足の膝を曲げて身体を下ろしていく
③前に出した足の太ももと地面が平行になったら3秒キープ
④そのまま膝を伸ばしてゆっくりもどす
⑤足を入れ替え同様におこなう

【スプリットスクワットのポイント】
太ももだけじゃなくてお尻の筋肉にもしっかり効くのでお尻の引き締めにも効果があります!ゆっくりと足を動かすことを意識して。

■ 筋トレ好きの人向けスクワット

 

「ある程度の筋トレなら出来ちゃう!」という筋トレが好きな人におすすめしたいスクワットもご紹介します!

筋トレ好きの人向けスクワット①: ピストルスクワット

 




【ピストルスクワットのやり方】
①肩幅よりも少しちいさめに足を開く
②片足を地面と平行になるまで上にあげる
③両手も前に出して、腰を下ろしていく
④下までいったら数秒キープ
⑤身体をゆっくり上げていく


【ピストルスクワットのポイント】
難易度はかなり高めなのでマスターするまでには時間がかかるかも?基本スクワットのやり方を習得してからチャレンジしてみてくださいね。
他のスクワットの種類も知りたい人はコチラもチェック!スクワットの種類全11選!スクワットトレーニング目的別完全解説!

 

【注目記事】確実かつ理想的なボディメイクを実現▽

【痩せるだけじゃない!】パーソナルトレーニングジムおすすめランキングBEST10

 

 

スクワットの消費カロリーは増やせる!ダイエット効果も高いスクワットの方法と効果を紹介!

  • 1. スクワットの消費カロリーは意外と少ない。
  • 2. スクワットは筋トレ効果と、ダイエット効果も
  • 3. スクワットは回数よりもゆっくり正しいフォームを意識して!

ライター後記

スクワットは一度にたくさんの筋肉を鍛えられるので、筋トレとして優秀な種目であるということが分かったので、それをダイエットにも生かしていけそうですね!筋力をつけることと、脂肪を燃やすことは切っても切れないと思うので、スクワットでダイエット効果も期待できそう。ただスクワットだけではなく、ほかの筋トレや有酸素運動なども併せておこなうことが必要ですよ。

 

もるつ

スクワットやったら絶対筋肉痛!

看護師だったが今までとは違った新しいことをしたいと思い、ライターに興味を持つ。「自分だから出来ること」を仕事にしているカッコいい女性に憧れている。 趣味は、見たことのないような絶景やキレイな海を求めて旅に行くこと。他に好きなものはお寿司、ドラえもん、本屋さん。苦手なものはカエル。





RELATED POSTS / 関連記事


test

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事