更新

腹筋で筋肉痛になった時の対処法!筋肉痛の治し方と予防法を解説!



test

腹筋の筋肉痛があった時、どう対処していますか?筋肉痛は対処の仕方次第で筋トレの効果が変わるだけじゃなくて体にも大きく影響します!アフターケアをおこなうことで筋肉を強めたり、回復を早めたりすることだって出来るんです!
そこで、今回は正しい筋肉痛の対処法を学んでいきましょう。そもそも筋肉痛って?という基本的なところから、すべて教えます!※2019/02/19更新

腹筋の筋肉痛があった時の対処法!筋肉痛の治し方と予防法を解説!

腹筋で筋肉痛になった時の対処法!筋肉痛の治し方と予防法を解説!

1. 腹筋の筋肉痛があったときの対処法!筋肉痛の治し方レクチャー

 

「筋肉痛、めっちゃ痛い…!」と困っている人に対処法、教えましょう。
筋肉痛が起きたときにやるべきことがあるので詳しく解説していきますよ!今すぐに出来ることがあるので、きちんとアフターケアを行ってください!

 

◆ マッサージ、ストレッチ

 



まず筋肉痛があろうがなかろうが大切なのが、トレーニング後にストレッチなどで身体をほぐしていくこと。
もちろん、筋肉痛がある場合はより必要になってきますよ。
筋トレのあとは筋肉が固くなりがちで血流が悪くなって痛みが出てしまう原因になるので、その固さをほぐして血行促進を図ることが筋肉痛を治すことにもつながってきます。

ストレッチをするときに大切なポイントは、気持ちの良い程度に伸ばすこと。
丁寧にしっかりと伸ばすことを心がけていきましょう。
マッサージやストレッチというのは、腹筋だけじゃなく全身を回復するために大切なリラックス効果もあるので絶対おこなうべきですよ!

トレーニング後に行なうと良い効果的なストレッチはこちらでチェック!

【参考記事】『筋トレ後のストレッチこそ超重要!効果&おすすめストレッチを解説

 

◆ 水分補給

 

運動中や筋トレ中も摂っている水分ですが、筋肉痛があるときにも水分摂取はしっかりしていきましょう。
運動中には水分摂るけど、終わったら関係なくない?と思っているなら大間違いですよ!
水分不足になってしまうと、血液中の水分も減ってしまい血液ドロドロ状態。酸素や栄養の巡りが悪くなり、結果的に筋肉痛が起きてしまうのです。
水分をたくさん摂って、体内の循環を良くして回復を図っていきましょう。

◆ 休養をしっかりとる

 

筋肉痛の話をしていく上で必要になってくるのが「超回復」。
筋肉痛があるからといって無理やり筋トレを頑張ってしまわないように、きちんと休息時間や休息日を設けることが効率よく筋トレを行う上で大切なことなんです。
いつもと同じ筋トレを行うことができないほど筋肉痛に苦しんでいるなら、まずは休みましょう。早く筋肉痛を治したいならなおさらのこと!

そして、きちんとした睡眠時間を確保して超回復を目指しましょう。
筋肉痛を治すためには、睡眠は非常に大切で、筋肉の修復を速めてくれます。

▼超回復を知ることは体を鍛える近道です!!

【注目記事】『【筋トレの〝超回復〟徹底解説!】休ませることも筋トレである!

◆ たんぱく質の補給

 

筋肉の源であるたんぱく質。筋肉痛を治すためには、たんぱく質もしっかり摂っていきましょう!
筋肉を修復する、そして強めるためにはたんぱく質は必須。

たんぱく質は筋肉の強化や増量をしてくれるのですが、その過程で筋肉痛も早く回復させてくれるという嬉しい効果も。
筋肉痛が起きてしまってからでも遅くはありませんが、なるべくトレーニング直後など、ベストなタイミングを狙って積極的に摂っていきましょう。

▼しっかりと栄養を取ることで体がつくられます!!

【注目記事】『腹筋するなら絶対プロテイン必須!その理由&使用方法をレクチャー!【おすすめプロテイン5選】
どうして筋肉痛は起こるのか?知っておくと便利な知識は次のページで!
1 2




RELATED POSTS / 関連記事


test

RELATED POSTS / 関連記事