更新

シックスパッドの効果的な使い方ガイド!!間違った使用方法では効果半減?



test

筋トレグッズの中でも、腹筋を鍛えてくれるアイテムとして有名なのが、シックスパッド。装着し、スイッチを入れただけで腹筋を鍛えてくれる優れ物ですが、正しい使い方をしないと効果が半減してしまうというのはあまり知られていません。

「シックスパッド使ってみたけど効果が感じられない!」という人は、もしかしたら使い方が間違っていたのかもしれません。自己流の使い方のせいで、シックスパッドの本来の力を体感できないなんて、なんかもったいないですよね。

そこで今回はシックスパッドの正しい使い方や、より効果を出す方法、効果を半減させてしまうかもしれない使い方について解説します。一度自分の使い方を見直してみて下さい。

シックスパッドの効果的な使い方ガイド!!間違った使用方法では効果半減?

シックスパッドの効果的な使い方ガイド!!間違った使用方法では効果半減?

1.【基本】シックスパッドの正しい使い方レクチャー!

 

始めに、正しいシックスパッドの使い方をレクチャーしていきます。普段の使い方を主出しながら見て、間違った使い方をしていないか、確認してみて下さい。

 

ステップ①: 身体についている汗などの水気をふき取る

 

まず、シックスパッドをくっつける前に、体についている汗等はしっかり拭きとっておいて下さい。水分が肌に残っていると、ジェルパッドが取れやすくなります。
水分以外の汚れ等も、ジェルパッドの密着力を低下させる要因となるのでしっかり取り除いておきましょう。
体の水分や汚れを拭き取る時、ボディシートを使う人もいるかもしれませんが、この時使うシートはパウダー等が配合されていない物を選んで下さい。
ボディシートに配合されているパウダーの中には、ジェルシートの密着力を低下させる成分が含まれている事があります。ジェルシートの寿命にも関係しますから、注意して下さい。

ステップ②: ジェルシートを肌に密着させて貼り付ける

 

肌の水分や汚れをしっかり拭きとったら、ジェルシートを肌に密着させるようにして貼り付けます。

この時のポイントとして、ジェルシートと肌の間に空気が入り込まないように貼って下さい。中央のボタン部分を貼り付けたら、そこから放射状に手を滑らせるように貼り付けていくと、空気を抜きつつキレイに貼り付けられます。

空気が入り込んだ状態だと、ジェルシートが剥がれやすくなる上に、空気が入っている部分がビリビリと痛みを感じるようになってしまいます。
空気を抜いて、しっかり貼り付けるようにして下さい。

ステップ③: 電源を入れる

 

シックスパッドの装着が完了したら、電源を入れます。
シックスパッドの本体中央に、+と-のマークが入っているボタンがあります。その内、+の方のボタンを2、3秒長押しして下さい。これでスイッチが入ります。
ちなみに、スイッチを切る場合は-の方のボタンを2、3秒間長押しすれば切る事ができます。

ステップ④: 負荷をかける

 

スイッチを入れたら、負荷を調節していきます。
負荷のレベルは20段階あり、+と-のボタンで調節していきます。

筋トレ等のトレーニングをしていない場合、10程度の負荷でも十分腹筋を鍛えられます。あまりにも強い負荷をかけてしまうと、体に悪影響を与えてしまったり、続けるのが辛くなってしまったりする事もあるので、注意して下さい。こうしたトレーニング機器は、続ける事が一番大切ですから、自分が無理なくできる負荷を心がけましょう。

ステップ⑤: 終了したら専用の保存ケースへ

 

ある程度の時間使用したら、-ボタンを2、3秒長押しして電源を切り、肌からはがします。取り外す時は、必ず電源を切ってから取り外して下さい。
電源が入っている状態で取り外そうとすると、「ピー!ピー!」と警告音がなるようになっています。必ず電源が切れている事を確認してから取り外しましょう。

取り外し後は、ジェルシートの状態を確認し、汚れているようなら軽くふき取っておきましょう。毎回ふき取り掃除をしていると、ジェルシートの粘着量が低下してしまうので気を付けて下さい。
使用後の確認とお手入れが終わったら、専用のケースに戻して完了です。

 

2. シックスパッドでもっと効果を出すためのルールや注意点

 

シックスパッドは正しい使い方をするだけでなく、注意点や使う時のポイントを守る必要もあります。以下の5点をしっかり守りましょう。

 

■ 1回20分を一日一回が限度

 

シックスパッドは、負荷の量に関係なく1日1回、最大20分を限度に使用して下さい。

腹筋をはじめとした筋肉は、トレーニングで痛めつけられた後、修復されます。この修復の時に、筋肉の繊維はより太く、丈夫な状態になるのです。
この休息の時間を与えずにトレーニングをしてしまうと、筋肉の修復ができなくなり、筋肉が傷付いた状態のままになってしまいます。傷付いたままの筋肉はやせ細り、弱った状態になります。行き過ぎたトレーニングは逆効果なのです。

シックスパッドを使用する場合も、このメカニズムは変わりません。
過度なトレーニングをするよりも、適度な負荷をかけたトレーニングを長く続けた方が結果的に強い筋肉を手に入れられます。
シックスパッドの使用時間や使用回数は、ちゃんと守って使いましょう。

■ 負荷のレベルを調整しよう

 

シックスパッドは20段階の負荷を調節できます。使用時は自分の体に合った負荷をかけるようにして下さい。
すぐに効果を実感したいからといって、いきなり強い負荷をかけると、体に悪影響を与えてしまいます。
最初は「ちょっと苦しい」程度の負荷から始めましょう。
シックスパッドは使用中も負荷の調節ができるようになっています。使用しながら、自分に合った負荷を選ぶようにして下さい。
また、最初の頃にかけていた負荷に慣れてきたら、徐々に負荷を強めていくと、より効果的に筋肉を鍛える事ができます。

■ ジェルの交換時期

 

シックスパッドのジェルシートは、交換時期があります。
使用状況にもよりますが、大体1カ月程で交換時期となります。ある程度メンテナンスをしていれば、それ以上持たせる事も可能です。

使用期間内でも、それを過ぎていても、ジェルシートの粘着力が落ちてきたと感じたら、ちゃんと交換しておきましょう。
粘着力の落ちたジェルシートを使い続けていると、効果が半減する上に、使用時に痛みを感じるようになります。
使用前と使用後にジェルシートの粘着力チェックし、異常を感じたら交換する習慣を身につけておきましょう。

■ 推奨する部位以外はダメ!

 

シックスパッドは腹筋だけでなく、二の腕やふくらはぎ、太ももを鍛えるのにも活用できます。使い方を工夫すれば他の部位のも使えそうですが、推奨する部位以外の使用は避けて下さい。
シックスパッドは水衝部委の筋肉を鍛える事を目的として作られたトレーニンググッズです。それ以外の部位を鍛えたり、違う使い方ができたりするようには作られていません。
正しい使い方をしないと、怪我や故障の原因になります。
シックスパッドは推奨する部位のみの使用に留めておきましょう。

■ アプリを使えばより便利

 

シックスパッドには専用のスマホアプリが存在しています。
このスマホアプリには、

・同時に複数のシックスパッドを起動できる
・スマホから負荷の調節ができる
・トレーニング成果を数値化できる
・アプリ専属のトレーナーからアドバイスをもらえる!


といった、様々な利点があります。
シックスパッドがアプリ対応機だった場合は、ぜひ活用してみましょう。

 

3. シックスパッドの効果が出ない人とは?

 

これまでシックスパッドの正しい使い方や、効果を引き上げるテクニックを解説しました。
次に解説していくのは、シックスパッドで効果が出ない場合につい手です。
以下の3点に当てはまった場合は、同時に紹介する改善点に取り組んでから、シックスパッドを使うようにして下さい。

 

■ シックスパッドの効果が出ない人の特徴①: 筋肉が少なく、脂肪が多い

 

シックスパッドは周波数によって腹筋を細かく振動させ、鍛えるトレーニンググッズです。その為、周波数が筋肉までに届かないと、本来の効果を発揮しにくくなります。脂肪が多すぎると、効果を感じられるようになるまで、普通の人よりも時間がかかるのです。

もちろん、脂肪があっても筋肉はある程度鍛えられています。全く効果が無い、という訳ではないので、根気強く続けていく必要があります。
シックスパッドの効果を引き上げたい場合は、脂肪を燃焼させる有酸素運動を別に行うようにしましょう。脂肪が燃焼されるようになれば、シックスパッドの効果を引き上げてあげる事ができます。

■ シックスパッドの効果が出ない人の特徴②: 純正ジェルシートを使っていない

 

シックスパッドのジェルシートは、他の会社から販売されているジェルシートが使える場合があります。
しかし、シックスパッドは、純正のジェルシートを使う事を前提に作られていますから、他のジェルパッドを使っていると効果が落ちてしまう可能性があるのです。
純正品よりも安いからといって、他のジェルパッドを使用するのは避けましょう。

シックスパッドの効果が出ない人の特徴③: 使い方が間違っている

 

上2つの原因が当てはまらないけど、効果を実感できない、という人の場合、そもそもの使い方が間違っている可能性が高いです。
今回解説していった正しい使い方を参考にしつつ、自分の使い方が間違っていないか振り返りましょう。実際に正しい使い方に沿いながら使ってみるのもおすすめです!

 

シックスパッドの効果的な使い方ガイド!あなたの方法だと効果半減かも?

  • 1. シックスパッドは正しい使い方をマスターすべし!
  • 2. より効果を引き上げたければ、使用時間や頻度を守るべし!
  • 3. 効果を得られない時は、使い方や自分の筋肉の状態を確認しよう!

ライター後記

シックスパッドの様に、筋肉を鍛えるトレーニングアイテムは正しい使い方と適切な負荷がキモになります。筋トレやトレーニングアイテムは長く続ければ続ける程、大きな効果を得られます。正しい使い方や、適切な使用量を守って使うようにしましょう。

 

星田 ヤチヨ

シックスパッドの真価は、正しい使用法にあり!

美容と健康を中心に、様々な情報を集め、記事にしています。興味がある事にはとりあえず首を突っ込む主義です。





RELATED POSTS / 関連記事


test

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事