更新

Beats(ビーツ)のイヤホンのおすすめ5選-人気モデルを徹底比較!-



test

世界的に有名なヒップホップミュージシャンである、Dr.Dre(ドクター・ドレー)によって設立された、イヤホンメーカーのBeats。まだ設立から10年ほどしか経っていない新興ブランドですが、クールでスタイリッシュなデザインやたくさんの便利な機能が人気を博し、短期間でイヤホンのトップメーカーにまで上り詰めました。
今回は、短期間で多くの人を魅了したBeatsの魅力と、おすすめのイヤホンをご紹介します!これからイヤホンを購入したいと考えているかた、スタイリッシュなイヤホンを探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

Beats(ビーツ)のイヤホンのおすすめ5選。人気モデルを徹底比較!

Beats(ビーツ)のイヤホンのおすすめ5選。人気モデルを徹底比較!

1. Beats(ビーツ)とは

 

Dr.Dre(ドクター・ドレー)によって設立された、イヤホンメーカーのBeats。Beatsが設立されてからまだ10年ですが、世界のイヤホン・ヘッドホンのシェアの多くを占める大企業へと成長しました。
Beatsが短期間でトップメーカーになった背景には、他社には真似できない優れた要素がいくつもあります。
機能面からデザインまで、Beatsの魅力をたっぷりとご紹介します。

 

■魅力的な低音!

 

「Beatsと言えば低音」と言われるほど、Beatsの低音の迫力は世界的に評価されています。バスドラムやシンセベースと言った低音サウンドをずっしりと聞かせてくれるので、今若者に聞かれることの多いヒップホップや打ち込み系のサウンドを聞くにはBeatsは最適!世界的なトレンドであるEDMやクラブミュージックにも恐ろしいほどマッチします。
このような音楽を好まれる方は、Beats一択だと言っても過言ではないでしょう。さすが、世界的なラッパーがプロデュースしているイヤホンだと言えます。

■バッテリーが長持ち!

 

イヤホンには有線のものと、最近主流になりつつなる無線のBluetoothがあります。Bluetoothイヤホンでどうしても気になるのがバッテリーの持ちですよね。多くのBluetoothイヤホンは、使用時間が4-5時間のものがほとんど。少し遠出をするときなどは心許ないですね。
その点、Beatsのイヤホンなら約8時間もバッテリーが持つので遠出も安心。普段の利用でも、二日に一回の充電でも十分利用が可能です。さらに急速充電機能を搭載したモデルはなんと5分の充電で2時間の再生ができるのです!出先で充電がなくなっても電源があればすぐに復活できます。
また、Bluetoothイヤホンにしては大変珍しく、iPhoneに使われている「Lightning」で充電できる仕組みになっています。こちらも活用すれば、より充電に囚われずにBluetoothライフを送ることができそうです。

■iPhoneとのペアリング設定が不要!

 

Bluetooth製品を使う上で避けて通れないのが、ペアリング設定。これがとても初心者にはわかりづらく、面倒ですよね。
しかし、Appleの傘下に入っているBeatsはApple製品との親和性が抜群で、なんとペアリングの設定も不要!W1チップと呼ばれるチップを搭載しているモデルでは、電源を入れるだけで近くにあるiPhoneと自動的にペアリングをしてくれます。わずらわしい設定がいらないので、iPhoneユーザーには本当におすすめです。

■ファッション性のあるデザイン!

 

機能面でも他のイヤホンと一線を画すBeatsイヤホンですが、最大の特徴は、なんといってもそのデザイン性です。ストリートスタイルを基本にしていますが、幅広い年代に受け入れられるデザインとカラーリングで、世界的に人気を獲得しました。
スタイリッシュなだけでなく、しっかりと使いやすくデザインされているのがニクいところです。

 

2. Beatsのイヤホンの選び方

 

今イチオシのイヤホンであるBeats製品ですが、もちろんたくさんの種類のイヤホンが発売されています。その中から、どのイヤホンを選べばよいのでしょうか?イヤホンを選ぶ際のポイントをまとめました。

 

■有線かワイヤレスか

 

Bluetooth製品がピックアップされがちなBeatsですが、もちろん有線のイヤホンも販売されています。Bluetoothは線を気にせず使うことができるので、線がつながっているのが嫌な方や、スポーツやランニングをしながら使いたい方にはおすすめです。
しかし、充電をする必要があったり、ペアリングの設定が必要だったりと、快適に使用するためには少し手間が必要です。
有線だとそのあたりの手間がかからないので、より気軽に使うことができます。自分の使用目的やライフスタイルに合わせて、どちらにするか決めましょう。

ただし、先述の通りiPhoneとセットで使いたいという方は、Bluetoothでも設定の手間や充電の手間が大きく削減されます。今までBluetoothをつかったことがないかたも、もしiPhoneを使用しているのならば、BeatsのBluetoothイヤホンを選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

■低音重視か

 

高い解像度の低音が魅力のBeats製品ですが、商品によって音質に多少の特徴の違いがあります。Beatsは性能の詳細が非公開のものが多く、性能からの比較はなかなか難しいのですが、低音をしっかりと聴かせてくれるBeatsらしい商品から、中音域までカバーしてくれる一般的にウケの良いタイプのものがあります。
口コミなどを参考にして、自分の好きなジャンルに合ったものを選びたいですね。

■デザインから選ぶ

 

アーティストだけでなく、多くのモデルやセレブに愛用されているBeatsは、イヤホンとしての機能だけでなくデザイン面でも力を入れています。
スタイリッシュでクールなデザインと、印象的なカラーリングは、シンプルながらも多くの人がおしゃれだと感じるデザインになっています。アクセサリーやファッションアイテムのように身に着けることができ、使用している姿もなんだかスタイリッシュに見えてしまいます。カラーバリエーションも豊富なので、ファッションに気を使うかたでもBeatsのイヤホンは取り入れやすいのではないでしょうか。
有線・無線共にとてもかっこいいデザインのものが豊富にありますので、ぜひ一度見てみてください。

■利用目的に合わせる

 

充電時間や耐久性など、利用目的に合わせて選ぶのはとても重要です。その中でも防水性の有無は必ず考慮しなければならないポイントではないでしょうか。
雨の中使う予定がなくても、スポーツをしていると汗でイヤホンが濡れてしまいます。スポーツをしたり、暑い中外にいることが多い方などは、防水性のあるものを選ぶようにしましょう。

 

3. Beatsイヤホンのおすすめ5選!

 

豊富なBeatsのラインナップの中から、特におすすめのアイテムをご紹介します!どれもBeatsならではの魅力にあふれる商品ばかり。
お気に入りのひとつを見つける手助けになれば幸いです。

 

■BeatsX

 


ご購入はこちらから


万人受けするデザインと使いやすさで人気No.1!



¥ 13,699


Beatsにしてはめずらしい、シンプルで落ち着いたデザインが話題を呼んだBeatsX。多くの人が身に着けやすいシンプルさと、ネックバンド式の使いやすいデザインで幅広い層で人気を獲得しました。
左右のハウジングにはマグネットがついており、イヤホンとして使わないときには首から下げたままにしても全く邪魔にならないどころか、おしゃれなワンポイントにさえ見えます。
W1チップ搭載でiPhoneとの親和性が高く、バッテリーも8時間再生と長持ちなタイプ。さらに5分の充電で2時間再生できるという急速充電機能も搭載!誰にでもオススメできる、万能型Bluetoothイヤホンです。


Amazonで購入する




■PowerBeats3 Wireless

 


ご購入はこちらから


長時間バッテリーでどこでも安心!アウトドアに最適な一品



¥ 17,702


こちらもBluetooth製品。大人気機種 PowerBeats2 wirelessの後継機で、全体的に性能の底上げがされています。
iPhoneとの親和性も抜群で、ペアリングの設定は楽々。バッテリーの持続時間はなんと12時間!急速充電や、耐汗、防沫仕様もついているので、アウトドアやトレーニング中のアスリートの方でも安心して使うことができます。
Beatsらしいスタイリッシュさとカラーが存分に楽しめるデザインも人気の理由の一つです。


Amazonで購入する




■urBeats3

 


ご購入はこちらから


高音~中音もしっかり聞けるスタンダードなイヤホン



¥ 6,597


有線タイプでBeatsデビューにおすすめなのがこちらのurBeats3です。音質が最も特徴的で、Beatsの強みである高解像度な低音を実現しつつ、高音~中音も聴きやすいのでどんな音楽にも対応することができるのが強みです。
有線のイヤホンは断線が心配ですが、本体もアルミ製で剛性が高く、ケーブルも剛性があるので、耐久性はかなり高い商品です。イヤーチップが4種類も同梱されているのも、地味に嬉しいポイント。
余計な機能がなく、基本の性能に特化した製品です。


Amazonで購入する




■PowerBeats2

 


ご購入はこちらから


根強い人気を誇る万能型有線イヤホン



¥ 13,500


PowerBeats2の前身で、有線版のイヤホン。PowerBeats3では無線化し様々な機能が強化されましたが、実はBluetoothよりも有線の方が原理的には高音質。音にこだわる方にはぜひこちらも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。
独自のデュアルドライバー音響による力強いサウンドを、よりきめ細かく堪能できます。IPX4相当の耐水設計、装着しやすいイヤーフックなど、どんな環境にも対応できる見事な設計です。いまだに根強い人気を誇る、Beatsの代表的な製品のひとつと言えるでしょう。


Amazonで購入する




■Tour2 Active Collection

 


ご購入はこちらから


スポーツ向けに特化した有線イヤホン



¥ 15,800


耐汗、防沫仕様を採用し、フィットネスやアウトドアでの使用に適したカナル型イヤホン。独自のウイングチップを使用することにより、激しく動いてもずれにくい、快適な装着感が魅力です。ハンズフリーで通話や操作ができ、移動中や運動中でも問題なく使用できます。
ただし、防水性優先のため、他のBeats製品と比べると低音の音質がやや異なります。防水性を求めず、音質にこだわる方はしっかりと視聴して他のBeats製品と比較してみるとよいかもしれません。
スポーツ向けに特化した製品はあまり多くないので、スポーツ向けにはとてもオススメできる製品です。


Amazonで購入する


Beats(ビーツ)のおすすめヘッドホン6選!安価モデルからハイエンドまでその魅力を徹底解剖!!

 

Beats(ビーツ)のイヤホンのおすすめ5選。人気モデルを徹底比較!

  • 1. Beatsのイヤホンは低音重視の濃厚なサウンドと多機能な基本性能が魅力!
  • 2. スタイリッシュなデザインは若者を中心に世界的に大人気!
  • 3. 機能面、デザイン面共に充実しているBeatsイヤホンでスタイリッシュなライフスタイルを実現しよう!




RELATED POSTS / 関連記事


test

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事