更新

【媚薬】〝惚れルンです〟は非モテ男性の味方か⁉その効果はいかに?

test

非モテ男子に救世主、それが媚薬。
媚薬とは【性欲を増進させる効果を持つ薬】または【相手に恋情を起こさせる薬】として使われています。その効果はモノによってまちまちですが、これから紹介する媚薬〝惚れルンです〟は効果が絶大と言われており、かなり人気の商品となっているとのこと。
そこで今回は、媚薬〝惚れルンです〟の効果と使い方について徹底的に解説します!

【媚薬】〝惚れルンです〟は非モテ男性の味方か⁉その効果はいかに?

1. 媚薬〝惚れルンです〟とは?

 

まずはどんなものなのかを知ることから。

◎ 媚薬〝惚れルンです〟20ml


ご購入はこちらから



価格: ¥5,378


Amazonで購入する




一目では媚薬とは思いにくいボトルに入っていますが、よく見ると「magic water」と書いてあるので、「あ、媚薬だな」とわかります(笑)

また、成分は以下のようなものが含まれています。

・クエン酸
・馬プラセンタエキス
・ガラナエキス
・マカ抽出エキス
・ザクロ果皮エキス
・安息香酸ナトリウム
・グレープフルーツ種子抽出物
・プロピレングリコール
・グリセリン


ガラナエキスやマカなどはよくある精力剤にも含まれている成分。
これを見る限りでは他の精力剤とあまり変わりがないように見えます…。
それと20mlで5000円弱というのも、しっかり効果があるとわからないと購入しづらいですね。

 

2.〝惚れルンです〟は効果があるのか?

襲われるような妄想をしているとは思いますが(笑)

 

では実際に媚薬〝惚れルンです〟には効果があるのかという真相に迫ります。
ここでは〝惚れルンです〟に含まれる成分上の効果と、使用者の声から見える効果のほどを紹介していきます。

 

■ 〝惚れルンです〟に含まれている成分の効果は本当?嘘?

 

媚薬〝惚れルンです〟の公式サイトからは以下の成分が性欲増進に役立っていると記載されています。

“ガラナは古来より〝興奮剤、解熱剤、頭痛薬〟として用いられ、ガラナに含まれる成分が全身の血流量を高めることで精力アップに間接的に繋がるとされています。
またマカに関しても、中に含まれる〝アルギニン〟というアミノ酸が成長ホルモンの活性効果による血管拡張を引き起こし、血流がペニスの先端にまで行き届いた結果、勢力が回復するとされています。
さらにマカは不妊にも効果があるともされています。しかしその効果と女性の精力増強を結びつけるには確証がないとも言われているのです。”

惚れルンです公式販売サイト

■ 馬プラセンタとは?

 

この媚薬に含まれる〝馬プラセンタエキス〟とよばれる謎が多い成分。一体なんでしょう?結論から申し上げますと、正体は〝馬の胎盤(プラセンタ)から抽出されたエキス〟です。
プラセンタの成分は大部分がたんぱく質。
もちろん胎盤から抽出されているため女性ホルモンであるエストロゲンやそれに類似したものも含まれていると考えられます。
病院でも以下の引用のようにプラセンタ療法が行われていることから、女性ホルモンになにかしらの影響を与えていることは確かなのです。

“プラセンタ療法が有効なのは特に女性ホルモン(エストロゲン)の欠乏などホルモン分泌障害による卵巣機能低下で、その効果は世界の学会で評価されています。プラセンタにはアミノ酸やたんぱく質、ビタミン、ミネラル、酵素、脂質、糖質、ムコ多糖類、核酸、細胞増殖因子、サイトカインなどが含まれ、美容効果は知られるところです。
不妊分野ではイソフラボンと同様にエストロゲンを補充し過剰分泌の場合は抑制して適性量を保つため、排卵後の黄体ホルモン分泌を促し子宮内膜の成熟を高め着床をサポートします。”

医療法人小塙医院

■ ザクロ果皮エキスとは?

 

国民生活センターが行なった「エストロゲン(女性ホルモン)がザクロに含まれているのか」という自主調査論文によると、以下のような結果が出ている。

・ザクロを使った健康志向食品を分析したところ、今回調べた4種類のエストロゲンは検出されなかった
・ザクロの果実の種子部分には植物性エストロゲンのクメステロールが含まれていたが、種子を原料として使用しているといっていても商品には検出されなかった。
・原材料に植物性エストロゲンの大豆イソフラボンの表示のあるものは、その含有が確認できたが、摂取量や活性の強さを考えると身体への影響はあまり考えられない
・一部の銘柄について女性ホルモン様作用を調べたが、活性は認められなかった

国民生活センター自主調査論文

 

ただこの結果は、あくまで媚薬〝惚れルンです〟に関する結果ではない。
しかし、ザクロを使った商品からエストロゲンが検出されなかったという結果から〝惚れルンです〟にエストロゲンが含まれているのかも怪しいところではある。

総評すると、
「性欲増進として働いていると確証できるのはガラナエキスとまぁプラセンタくらいなのでは?あとは確証がない!?」
という考えに至るわけです。

■ 〝惚れルンです〟のレビュー

 

前述したのは、あくまで成分上の効果としての話。
ここからは実際にAmazonで購入して使用した人の感想や評価を見ていきましょう!

<高評価の感想>
・シャレ半分で買いましたが、思った以上に使えます。これ1本で女子大生・OL・人妻を続けてやっちゃいました。

・女性としての感想ですが、感度を増してくれる「精力剤」として、イイと思います。これまで精力剤は男性だけのものだとおもっていたので、新しい体験をすることができました。

・効きますね! パートナーがわりとチャレンジングな性格なので、飲んでもらうハードルは高くありませんでした。
私の方が「どうせ効かないだろう」と疑っていたのですが、相手の変化に引いてしまう程でした。感度がかなり敏感になるそうです。

購入した人の中にもしっかり効果が出ている人がいるみたいですね。
ただ一方ではこんな感想もありました。

<低評価の感想>
・半分ほど入れたのですがなんの効果もありませんでした。もしかしたら『媚薬入ってるよ』と女性の方に告白する事で思い込みをさせると良いのかもしれません。

・効果の程はよくわかりませんが多少はあるのかなぁ程度です無いよりは全然いいけど…

・感度が少し上がったかな?というぐらいの曖昧な変化。元々期待していなかったけど、背徳感は味わえて、容器の持ち運びが楽なので☆2つ。

まったく効果が無かった人もいれば、効果が曖昧だった人まで様々でした。
お酒と同じで、媚薬にも効きやすい人と効きにくいひとがいるのかもしれませんね。
もしかしたらプラセボ効果もあるのかもしれません。

■ 〝惚れルンです〟は男性にも効くのか?

 

残念ながら〝惚れルンです〟は女性に対して使うものだそうです。
男性用の媚薬もあるみたいなので、そちらを使うか男は黙ってバイアグラでってところですかね(笑)。

 

3. 〝惚れルンです〟を一番お得に買う方法は?

 

Amazonと楽天、公式販売サイトのどこで買うのが1番お得なのか、価格をまとめてみました。

Amazon: ¥5,378
楽天市場: \5,378
公式販売サイト: \5,378

(すべて税込み価格)


以上のようにどこも変わりませんでした。
ただ公式販売サイトではまとめ買いで数千円お得になるキャンペーンをやっています。
1度買ってみてもし効果がビンビンにでたらまとめ買いするという方法が良いかもしれませんね。

 

4. 〝惚れルンです〟の使い方を徹底解説!

 

実際に買ってみたはいいけど、使い方や適量がどれくらいか分からないと使いづらいですよね?ここでしっかり覚えちゃいましょう。

 

■〝惚れルンです〟の使い方

 

公式販売サイトには以下のように書かれています。

適量を水またはお飲み物などに混ぜてお召し上がりください

水またはお飲み物なんで、ようは飲み物ならなんでもOKってことなんですかね。
媚薬は基本的にお酒に混ぜることが多いので、お酒が飲める女性をゲットしたいなら飲んでるものに1~3滴たらせばOKだそうです。

■ 使う量と注意すべきことは?

 


 


特に体に害はないようですが、何においても使いすぎは体に毒です。
1~3滴で済ませておきましょう。

 

5. 本当にモテたいなら自分磨きも忘れずに

 

大事なのはここ。いくら媚薬を使っても自分磨きがなっていない男性と、女性がやりたいと思うわけがありません。媚薬を使うなら、最低限の自分磨きをしてから!
特に以下の自分磨きは日頃からしておきましょう

・身だしなみ(髪型、口臭、服装など)
・筋トレ


ぽっちゃり系や草食系がモテる時代は終わりました!
今は男も身だしなみに気を遣う時代です。男を上げて、最終手段として媚薬を使いましょう!

 

 

【媚薬】〝惚れルンです〟は非モテ男性の味方か⁉その効果はいかに?

  • 1. 媚薬〝惚れルンです〟の効果は人それぞれ
  • 2. 男の最終手段として媚薬を使おう!
  • 3. 使いすぎ注意!

ライター後記

私のなかで1番の媚薬的存在は〝筋肉〟だと思うんですよね。正直顔はそこまで良くなくても程よい筋肉の持ち主は、顔が良いガリガリ君よりはるかにモテているイメージがあります。
筋肉は女性を惹きつける魔法?みたいなものがあると信じてるので、男性諸君はぜひ筋肉をつけましょう!

 

桃野 カン詰

媚薬は最終手段!

大学生の時にヒッチハイクにて日本縦断。人の温かさとキノコの恐ろしさ、猪の獰猛さを知る。現在アメリカ大陸を横断しようと目論んでいる最中。



test

RELATED POSTS / 関連記事