更新

エポスカードのキャッシングサービスはコンビニでも使える?便利なキャッシング機能を有効に使おう!



test

エポスカードキャッシングとは、エポスカードで現金を借り入れできるサービスのこと。
銀行だけではなくコンビニやショッピングモールのATM、ネットや電話などでスムーズに借り入れ・返済をすることができます。便利で利用しやすいサービスなので、はじめてのキャッシングにもとてもおすすめ。
キャッシングは金利が大きくなるのが心配というイメージもあるかもしれませんが、利用法によっては口座からお金を引き落とすよりお得に利用できることも!
今回はエポスカードキャッシングに関する基本的な使い方やメリットなどについてご紹介します!
いざという時にエポスカードキャッシングを利用して、賢く生活に取り入れましょう!

エポスカードのキャッシングサービスはコンビニでも使える?便利なキャッシング機能を有効に使おう!

エポスカードのキャッシングサービスはコンビニでも使える?便利なキャッシング機能を有効に使おう!

1. エポスカードのキャッシングの流れ

 

エポスカードはコンビニや銀行などのATM、またネットや電話での申し込みにて利用できるお手軽なキャッシングサービスです。
まずは利用する際の大まかな流れをご紹介していきます!

 

■ATMキャッシング

 

①ATMにカードを入れる
②「ご融資」「お借り入れ』など利用したいサービスを選択する
③暗証番号を入力
④金額を入力
⑤現金と控えを受け取る

■ネットキャッシング

 

①エポスネットにログイン
②ネットキャッシングで申し込み
③口座への振り込み(借り入れ完了)
 エポスカードの名義と同じであれば、指定の振り込み先を選択することができます!

■電話キャッシング

 

①専用フリーダイアルの番号に電話
②自動音声に従ってカード番号、暗証番号、借り入れしたい金額を入力
③口座への振り込み(借り入れ完了)


ネット・電話による口座振り込みの申し込みでは、申し込みが完了した時点で最短数十秒にて振り込みが完了します。
ATM、ネット、電話など、いつでもどこでもスムーズにキャッシングを利用することができます。

 

2. エポスカードキャッシングはコンビニでできる?

 

そんな便利なサービスですが、専用のATMでしか使えなかったりしたら不便ですよね。コンビニに設置されているようなATMでもキャッシングサービスは使えるのでしょうか?

 

■コンビニなら借り入れも返済もできる!

 

コンビニによっては借り入れも返済もできるATMがあります。キャッシングは返済までの日数によって金利が異なるため、なるべく早く支払いを終わらせたいですよね。
返済に関してはリボ払いのみ利用できます。口座の引き落とし設定をしていてもATMで早めに返済するのがオススメ。金利を節約してお得にキャッシングを利用しましょう。
コンビニなら24時間いつでも返済できるので、給料が入ってすぐに支払うことができますよ!

【コンビニ別】エポスカードキャッシングの流れ(返済)

 

ではそれぞれのコンビニでの利用方法を見ていきましょう。


◎セブン銀行

 

◎セブン銀行
①ATMにてエポスカードを入れ、入金(返済)を選択して暗証番号を入力
②入金を希望する、ショッピングリボ払いまたはキャッシングリボ払いのいずれかのボタンを選択
③表示される入金可能額の範囲内の金額を入れる

 ※硬貨の取り扱いなし
 ※千円単位での返済
④確認ボタンを押す
 ※入金金額の指定はなし
⑤カードと明細票を受け取る

キャッシングの利用・返済ともに千円単位で取り扱っているセブン銀行。少額から気軽に借り入れることができるので、スムーズな返済ができます。

◎ローソンATM、E-netATM(ファミリーマートなど)

 

①取引開始を選択してエポスカードを入れ、「ご返済」を選択
 ※返済可能額は画面に表示されないため、確認したい場合は事前に返済可能額照会を利用する
②返済内容を選択する。
 ※キャッシングリボの場合は「カードローン」、ショッピングリボの場合は「リボルビング」のボタンを押す。
③返済可能額の範囲内で紙幣を入金
 ※釣り銭が発生しないため、返済可能額以上の金額を投入しない。投入するとエラーになり最初からやり直しになる。
④表示された金額の返済を確認。追加入金の場合は「追加入金」ボタン、その金額で終了であれば「確認」ボタンを押す
 ※金額の指定はなし
⑤カードと利用明細を受け取る

E-netATM、ローソンATMの場合、返済は千円単位ですがキャッシング利用は1万円単位での取り扱いになるので注意。
また基本的にはリボ払い。一回払いは一部の場所のみの取り扱いになるので、一回払いを希望する方は事前の確認が必要です。

◎イオン銀行(ミニストップなど)

 


①利用画面にて「クレジット・生命保険」ボタンを押し、カードを挿入。
②「ご返済」を選択し、暗証番号を入力
③「キャッシングリボ」か「ショッピングリボ」、いずれかの返済ボタンを押す。

※一回払いはなし
④次画面にて現在の返済可能額を確認。返済可能額の範囲内で、今回の返済額を千円単位で入力。
※一回の返済金額は99万9千円まで
⑤紙幣を投入
※硬貨の取り扱いなし
⑥紙幣投入後、返済金額とお預かり金額を確認。正しければ確認ボタンを押す。
⑦釣り銭を受け取る。そのあとカードと明細票を受け取る。


イオン銀行では紙幣の釣り銭を取り扱っているので、大きいお金しかない時でも安心して利用することができます。

◆コンビニによるエポスカードキャッシングの注意点

 

◎リボ払いのみ、一回払いは利用不可

コンビニATMのキャッシングでは一回払いで返済できるところはごく一部に限られており、ほとんどがキャッシングリボかショッピングリボでの返済になります。
一回払いを希望する方は、エポスカードのATMやゆうちょ銀行などの一部銀行のATMを利用しましょう。


◎返済単位は千円が基本。出金単位は千円・一万円のどちらかの場合が多い

返済単位は千円で、硬貨の取り扱いをしていないところがほとんど。1円単位での返済を希望する方にはコンビニATMでの支払いはおすすめできません。
また、出金単位は千円でできるところと一万円のみのところがあり、コンビニによって単位数が違うので事前の確認が必要です。

◆金利の計算方法は?

 

キャッシンングというと高額の利息がかかるイメージかもしれませんが、利用日数を少なくする、つまり出来るだけ早く返済すれば驚くほど少ない金利しかかかりません。
金利の計算方法は、以下の数式を用いて考えるとわかりやすいです。

【使用残高 × 実質年率(18.0%) ÷ 365(日)※】× 利用日数 = 利息
※うるう年の場合は366日

この時【】で囲った部分は1日分の利息となります。
この数式を実際の利用を想定し、具体的な数字を入れて考えます。

例えば5万円を15日間で利用した場合、数式の数字はそれぞれ以下のようになります。

【50,000円 × 実質年率(18.0%) ÷ 365(日)】× 15日 = 約369円

つまり、夜にコンビニなどのATMで自分の銀行口座からお金を下ろすときにかかる手数料よりも、エポスカードキャッシングでお金を借りた場合にかかる利息額の方が安く済む場合があるのです。
ただし利息額は利用日数によるので、借りる前に計算して賢く利用することをおすすめします!

 

3. エポスカードキャッシングのメリット

 

ここまでエポスカードキャッシングの便利な使い方を紹介してきましたが、他にもエポスカードを利用するメリットはまだまだたくさんあります!

 

◎エポスカードキャッシングのメリット①: ATM手数料が0円

 

今まではキャッシング利用手数料が最大216円(税込)かかっていましたが、日本国内の提携ATMであればいつでも手数料が0円に。
借り入れ、返済ともにATM手数料がかからないのでお得にキャッシングすることができます。
手数料が0円であれば、よりスムーズに返済できそうですよね!

◎エポスカードキャッシングのメリット②: ネットや電話の申し込みは24時間対応

 

ネットや電話で24時間いつでも銀行口座への振り込みの申し込みができます。なんと最短数十秒で振り込みができるので、ショッピングローンなどの支払日前日で口座にお金がない時などにはとても便利です!さらにその際の振り込み手数料は無料!
いつでもどこでも申し込みできて安心ですよね!

◎エポスカードキャッシングのメリット③: 初めてのキャッシングなら最大30日間金利無料

 

キャッシングを初めて使う人は初回ご利用日の翌日から30日間金利が無料なのも嬉しいメリット。
もちろん借入金を一回払いで返済するのが一番スムーズなのですが、少額ずつ返済したり新たに借り入れを繰り替えしたりした場合でも30日以内に全て返済すれば金利がかかることはありません。
金利0円の30日間を過ぎて返済残高が残っている場合は、その額に対して金利が発生します。例えば初回の借入金が5万円で、30日間の間に返済や借り入れを繰り返し、結果的に返済残高が2万円である場合は2万円に対する返済金利が支払日までの日数分が通常通りかかります。
30日間金利が0円なのは、ATMキャッシング・ネットや電話キャッシング・海外キャッシング、すべてのキャッシングサービスにおいて共通!焦らず、返済プランを立てることができますよ!

④エポスカードキャッシングのメリット③: エポスカードは海外旅行傷害保険付き!

 

エポスカードを持っているだけでメリットになる点をご紹介します。
Visaのエポスカードには海外旅行傷害保険が自動的に付帯されています。年会費は永年無料なので、実質無料で保険が保証されるということなのです!
海外旅行傷害保険旅行先や出張先の怪我やトラブルを協力的にサポートしてくれます。例えば、海外で病気や怪我をした際の疾病治療費用は実際に支出した金額に対して最大270万円まで支払われます。
そのほか、賠償責任や障害治療費用、携行品損害など幅広い補償内容を用意しているので、海外旅行先の様々なトラブルに対応します。
また、旅行中に怪我や病気をした際に日本語でサポートしてくれる緊急医療アシスタントサービスも24時間で対応。
緊急時に病院の紹介や医療施設への移送などをスムーズにケアしてくれるので、言語が通じない異国の地でも安心。
旅行先には、必ずエポスカードを持っていきましょう!

 

エポスカードのキャッシングサービスはコンビニでも使える?便利なキャッシング機能を有効に使おう!

  • 1. 口座振り込みは最短十数秒で完了!携帯料金などの支払い前日に、口座にお金がない場合などが便利!スムーズに借り入れができます。
  • 2. 各コンビニでの取り扱いが充実。リボ払いの返済に、効率よく利用しよう!
  • 3. エポスカードキャッシングは使い方次第で生活を便利にしてくれる優れもの。計画的に、自分にあった使い方を!

ライター後記

カードキャッシングは一回手を出したら引き返せない危険なイメージを偏見として持ってしまっていましたが、今回の執筆にあたり、使い方次第では手軽で便利なものであると認識が変わりました!
確かに、駅や街中でエポスカードのATMを見かけることが多いので、身近で使いやすいキャッシングサービスなのだと思います。
コンビニでも借り入れたり、夜間でも返済できたりするので、急な出費が必要な短期間での利用はおすすめだと思います。
ただ、長期間の利用だと計画性を持てる人や管理能力がある人でないと、大きな利息を抱えるリスクがあることは間違いありません。
借りる前に必ず、返済プランを立てたり利息の計算をしたりして、備えておきましょう!

 

ミウラ コト

エポスカードをスムーズに賢く使って、便利な生活を!

バンド活動に励みながら、ライター業を勉強中。美容はもちろん、グルメや恋愛にも興味あり!好奇心旺盛ガールです。





RELATED POSTS / 関連記事


test

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事