更新

告白を電話でするのってアリ?電話での告白成功率をアップさせるポイントを教えます!



test

正直電話で告白ってアリなの?」誰でも一度は思う疑問ですよね。
世間では告白といえば直接言うイメージがあるため、電話での告白はあまり良いイメージを持たれないこともあります。そこで、電話で告白はアリかナシか実際に調査してみました!また、電話での告白が成功しやすくなるポイントについてもご紹介します。

告白を電話でするのってアリ?電話での告白成功率をアップさせるポイントもご紹介

告白を電話でするのってアリ?電話での告白成功率をアップさせるポイントもご紹介

1. 電話で告白するのってアリ?ナシ?

 

実際に電話での告白はどう思われているのでしょうか?今回は電話での告白について意見を集めてみました。告白する予定の人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

◎ 直接会って伝えるのがベスト

 

もっとも多かったのは、直接言って欲しいという意見でした。電話でも別に悪くはないけど、告白するならやっぱり直接の方が嬉しいしとのこと。また、直接だと相手の真剣度合いもわかってOKしやすいという意見もありました。やっぱり、告白するならできるだけ直接言う方が良いみたいですね。

◎ LINEやメールで伝えるよりはまし

 

LINEやメールで告白されるなら、電話の方がマシという意見。印象の良い告白としては、直接→電話→メールの順になりました。LINEやメールの告白はあまり良い印象は持たれないようなので、できれば直接、最低でも電話でするようにしましょう。その方が言われた側に嬉しく感じます。

◎ 中には電話がいいという意見も

 

中には電話で告白してくれる方が嬉しいという意見もありました。直接告白されると、フった後が気まずくてちょっと…という人もいるようです。好きな人がシャイだったり、恥ずかしがり屋な人なら電話で言ってみるのもアリ。“告白の方法は相手によって変えるのが良いのかもしれませんね。”

 

2. 電話で告白するメリット・デメリット

 

電話で告白するメリットはあるのでしょうか?また、電話で告白するデメリットとは一体何なのでしょうか?まずは、メリットからご紹介していきますね。

 

◎ 電話で告白するメリット①: 緊張しにくい

 

電話だと顔が見えないですよね?だからこそ緊張しにくいというメリットがあります。告白するときに1番厄介なのがあの緊張感。直前まで言おうと思っていた告白の言葉も緊張で頭から抜けてしまった経験あるのでは?自分は緊張しやすい性格だとわかっているのなら、電話で告白した方がいいかもしれません。

◎ 電話で告白するメリット②: 事前に心の準備ができる

 

電話は自分のタイミングでかけることができます。事前に心の準備ができる電話の方が落ち着いて告白ができるかもしれません。「余裕を持って告白したい」という人はぜひ電話で告白しましょう。だけど、あまりにも緊張感がないのもいけません。まるで世間話をしているような告白なんてまったくロマンチックじゃない!

◎ 電話で告白するメリット③: 2人だけの空間ができる

 

電話での告白するメリット3つめは2人だけの空間ができること。告白ってあまり周りの人に聞いて欲しくないものですよね。直接の場合でも2人きりの空間ができますが、いつどこで誰が聞いているかわかりません。電話なら完全に2人だけの空間ができます。ほかの人に会話を聞かれることもないので、落ち着いて告白できますよね。

◎ 電話で告白するデメリット①: 顔が見えない

 

電話で告白するデメリットといえば顔が見えないことです。やっぱり告白するときは相手の顔を見てしたいですよね。相手の表情が見えないとどんなリアクションをしているのかも分かりません。顔が見えないと緊張しにくいというメリットがある分、表情が読めないというデメリットもあります。

◎ 電話で告白するデメリット②: 真剣さが伝わりにくい

 

電話で告白するとどうしても真剣さが伝わりにくいこともあります。直接告白するにはそれなりの勇気が必要ですが、相手にとっては「それだけ真剣なんだ」と受け取ってもらえます。あなただって好きな人には直接告白して欲しいですよね。本当にお付き合いしたいのなら、できるだけ直接告白するようにしましょう。

 

3. 電話で告白する場合の流れは?

 

では、実際に電話で告白するときどうやってきっかけを作ればいいのでしょうか?そこで、告白の時に使える電話の切り出し方を何パターンか参考にご紹介します。だけど、これはあくまでも参考です。そのときの状況によって自然に切り出すようにしましょう。

 

◎ パターン①:「声が聞きたくなって」

 

パターン1つめは「声が聞きたくなって…」という切り出し方。かなりロマンチックな切り出し方なので、それなりに勇気がいるでしょう。また、こんな切り出し方をされたら相手も「あれ?自分に気があるのかな?」と嫌でも思います。もはや告白することが見え見えな切り出し方です。

◎ パターン②:「なかなか眠れなくて」

 

パターン①よりはまだ言いやすいセリフ。ただ、普段あまり電話をしないのに、急にこんなことを言ってしまうと相手も戸惑うかもしれません。このセリフはそれなりに仲の良い人限定で使いましょう。また言い方も「寝れるまで何か話しよ!」など、明るく切り出せば相手も不信感を抱かずに受け入れてくれるかも。

◎ パターン③:「言い忘れたことがあって」

 

デートの後など2人で会った後限定で使えるこちらのセリフ。このセリフを言えば、相手も素直に「どうしたの?」と聞いてくれる可能性大。このセリフの後にストレートに「好きです」と言っちゃいましょう。もし「じゃあ、さっき会った時に言ってよ」と言われたら、「緊張し過ぎて」と素直に謝っちゃいましょう。

 

4. 告白の成功率を上げるポイント

 

実は告白の成功率を上げるコツがあるんです!電話で告白をする前に、ここで紹介するコツを実践しましょう。もしかしたら、相手もあなたに振り向いてくれるかもしれませんよ。

 

◎ 告白の成功率を上げるポイント①: 何度かデートをする

 

電話での告白に限らず、好きなら当たり前のことですよね。何度かデートをして、自分をアピールしておきましょう。できれば2人きりのデートがおすすめですが、どうしても緊張するのであればお友達と一緒でもOK。ただし、相手が乗り気じゃないのにしつこくデートに誘うのはNGです。

◎ 告白の成功率を上げるポイント②: 好きバレをする

 

自分が好意を持っていることをアピールしましょう。職場や学校、デートの時にそれとなくアピールし、好きバレしておくのがポイント。「もしかして自分のことが好きなのかも…」と、相手に思わせておけば、相手も心の準備をしておくことができます。ただし、ここでも自分の好意を押し付けるのは絶対にダメ。

◎ 告白の成功率を上げるポイント③:「後で電話していい?」と予告しておく

 

デートや2人きりで会った時に「後で電話していい?」と予告しちゃいましょう。相当鈍感でない限り、「もしかして、告白されるかも!」と相手は考えます。このセリフを言う前に、好きバレさせておくことを忘れずに。相手が嫌がってたり、戸惑った反応をしていなければ手応えアリ!

LINEで告白するのはぶっちゃけどう?成功するための秘訣も紹介!

 

告白を電話でするのってアリ?電話での告白成功率をアップさせるポイントもご紹介

  • 1. 電話で告白するのってどうなの?
  • 2. 電話で告白するメリットもデメリットもある
  • 3. 電話で告白するときの切り出し方はこれ
  • 4. 告白の成功率を上げるポイント

ライター後記

電話で告白アリかナシか問題ですが、電話でも成功する人は成功します。なぜなら、その人が魅力的だから。結局は告白がうまくいくかどうかは、告白の方法ではなく、告白する人で決まるんです。どんな告白でも成功するように日頃から自分磨きをしましょう。

 

iroha

結局はその人次第

大阪出身の新人ライター。美容、ファッション、恋愛など幅広いジャンルのライティングに日々奮闘中。最近気になるものは恋愛シュミレーションアプリ。





RELATED POSTS / 関連記事


test

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事