更新

【メンズ必見!】ワイドパンツを使ったおすすめコーデ5選「ポイントを押さえてオシャレに着こなそう!」



test

ワイドパンツはその名の通り、ワイドな幅のパンツ。
太ももから裾にかけて太めに作られているパンツです。スリムなシルエットがおしゃれとして定着した今だからこそ、こぞってワイドパンツを着るおしゃれメンズが増えています!
しかしワイドパンツは少しクセがあるため、ただ着るだけでは逆に野暮ったくなってしまう可能性も。今回は、ワイドパンツをおしゃれに着こなすコツや、ぜひ真似してほしいワイドパンツを使ったおすすめのファッションをまとめました。

【メンズ必見!】ワイドパンツを使ったおすすめコーデ7選。ポイントを押さえてオシャレに着こなそう!

【メンズ必見!】ワイドパンツを使ったおすすめコーデ7選。ポイントを押さえてオシャレに着こなそう!

1. メンズファッションではワイドパンツがトレンド!

 

ゆったりとしたシルエットのワイドパンツ。アメリカの青年が着ている印象も強く、おしゃれなイメージがありますよね。
しかし、自分も真似してみたいと思ってお店で試着してみても、スタイルが悪くみえたり野暮に見えたり。上級者向けかもとあきらめた人もいるのではないでしょうか。

 

■ ワイドパンツはダサい?

 

ワイドパンツは実際、着こなしが少しだけ難しいアイテムです。
いつものファッションのパンツを変えただけだと、どうしようもなくダサくなってしまう可能性も…。ですが本当はポイントをしっかりと押さえれば、誰でも簡単に着こなせるのがワイドパンツ!ワイドパンツをおしゃれに着こなすコツを今回は皆さんに伝授します。

■ ワイドパンツの形状

初めて買うならテーパードがおすすめ!

 

ワイドパンツには大きく分けて、二つの形状があります。
1つは〝ストレート〟と呼ばれ、腰から裾にかけてシルエットがまっすぐになっているものです。いかにもワイドな形状なのでついこちらのタイプを購入する人も多いですが、裾幅がかなり広くなっているため、足が短く映るデメリットがあります。
高身長ですらっとしている人は履きこなせるかもしれませんが、日本人ではなかなか少ないでしょう。

そこでおすすめのワイドパンツの形状が〝テーパード〟と呼ばれるもの。このタイプは、腰回りはかなりゆったりとしていますが、裾にかけてシルエットが少し締まっていきます。「これがワイドパンツ?」と思われるかもしれませんが、十分ゆったりとしたシルエットですし、足が細くスタイルも良く見えるので、色々な服に合わせやすいというメリットもあります。
初めて購入するなら断然テーパードタイプのワイドパンツがおすすめです。

■ ワイドパンツの裾の長さ

 

ワイドパンツを選ぶ上で、裾の長さはとても重要なポイントです。もともと裾幅が広いので、丈が長いと裾を引きずりやすく、汚い印象を見る人に与えてしまいます。
逆に丈が短すぎても全体のバランスがおかしくなってしまうので、くるぶしあたりに裾がくるよう長さを合わせましょう。

■ ワイドパンツの色

 

着たい服や色があるならば良いですが、特に決まっていないという方には黒のワイドパンツをおすすめします。シルエットが太くても、黒ならばすっきりとした印象でバランス良く見せやすいため、ワイドパンツを初めて着るという方でも着こなしやすいと思います。
また、黒なら「モノトーンでまとめる」などのコーディネートも簡単にでき、全体の色合いも考えやすいので、どんな服にも合わせやすくとても使い勝手がよいのです。

■ ワイドパンツの生地

 

さらに着こなしやすいものを選びたいなら、素材にも注目してみましょう。
巷でよく見るデニムやチノパン風のものを選びたい気持ちはとてもよくわかります。しかし、最初の一本は「スーツ地の素材」のものを選びましょう!
デニムやチノパンは実は「しわ」になりやすい素材なので、ゆったりとしているワイドパンツだとしわがとても目立ってしまいます。一方スーツの素材はしわができにくく作られていますので、野暮ったく見えやすいワイドパンツをシャープに着こなすことができるのです。
また、スラックスなどの素材のスッと伸びた「落ち感」はおしゃれで洗練されたイメージになるため、女性受けもよいですよ。

 

3. ワイドパンツを着こなすポイント

 

使いやすいワイドパンツを購入したら、次は着こなすためのポイントをチェックしましょう!合わせやすいタイプとは言え、やはりクセがあるのがワイドパンツ。クセをしっかり理解しておしゃれに着こなしましょう。

 

■ ワイドパンツを着こなすポイント①: 全体のシルエットを意識!

 

ワイドパンツを着る際に意識してほしいシルエットは「Iライン」と「Aライン」です。
「Iライン」のスタイルにしたい場合は、トップスはややジャスト~ゆったりめのサイズのものを選びましょう。トップスとワイドパンツの幅を揃えることで、ワイドパンツのシルエットを悪目立ちさせず、すっきりおしゃれに見せることができます。

次にトップスにタイトなものを持ってくることで、「Aライン」のシルエットを作ることができます。Iラインよりコーディネートの難易度が少しあがりますが、上半身と下半身でしっかりとメリハリをつけることで綺麗なAラインになり、ワイドパンツの良さを最大限引き出したファッションになります。

■ ワイドパンツを着こなすポイント②: 色の数を抑えて統一感を出す

 

組み合わせる色によって、どんなにシルエットを意識しても台無しになってしまうこともあります。ワイドパンツを着こなすなら、色みをそろえるのがおしゃれへの近道。ワントーンにするのではなく、ワイドパンツの色みをトップスなど他の場所でも取り入れることで全体に一体感がうまれます。ワイドパンツを着る際だけでなく、これはファッションの基本といえるでしょう。

■ ワイドパンツを着こなすポイント③: トップスとの合わせ方

 

トップスを選ぶときにはまずラインを意識すること。これは先ほどお伝えしたとおりですが、もう1点意識してほしいことがあります。それはトップスにダボダボなタイプを選ばないこと!
ラフさが魅力のワイドパンツですが、トップスまでラフさを全開にしてしまうと、ただただだらしないファッションに見えてしまいます。ラインを意識しつつ、トップスはラフすぎない、程よく身体にフィットするものを選びましょう。

■ ワイドパンツを着こなすポイント④: 靴との合わせ方

 

同じ理由で、靴もあまりごてごてしたものは選ばない方が無難です。ワイドパンツに合わせるなら、スニーカーやローファーの短靴などすっきりとコンパクトな靴をセレクトするのがおすすめ。
ワイドパンツにごついブーツなどを履いて下半身にボリューム感が出過ぎると、全体的なバランスが悪くなってしまうので注意しましょう。

 

4. ワイドパンツを使ったメンズ向けおすすめコーデ5選

 

ここからは、ワイドパンツを使った具体的なファッションをご紹介します!初心者でも挑戦しやすいものばかりなので、ぜひ毎日のファッションに取り入れてみてください。

 

■ 夏におすすめのワイドパンツファッション①: 白ビッグT×黒ワイドパンツ

 

黒のワイドパンツを使った最もシンプルではずれの無いスタイル。夏の暑い季節でも、黒のパンツを涼し気に着こなすことができます。
モノトーンでまとまるのでシンプルですが大人っぽくスタイリッシュな印象に!

■ 夏におすすめのワイドパンツファッション② : ストライプシャツ×ダーク系ワイドパンツ

 

こちらも黒のワイドパンツを重たく見せないスタイル。ストライプのシャツにはダーク系のワイドパンツがマスト!有彩色の柄でもすっきり着こなすことができます。

■ 夏におすすめのワイドパンツファッション③: コーチシャツ×ワイドパンツ

 

丈を意識してほしいワイドパンツですが、あえてくるぶしを見せるワイドパンツで抜け感を演出することができます。手首とくるぶしをしっかりと出すことでコーデがコンパクトになり、軽やかな印象に。

■ 春や秋におすすめのファッション①: 無地のカーディガン×黒ワイドパンツ

 

ワイドパンツを品よく着こなすなら、カーディガンもおすすめ。シンプルなカーディガンと合わせれば程よいラフさが生まれ、親近感を与えてくれる着こなしに。カーディガンの下はシンプルなボーダーのTシャツなどが合います。

■ 春や秋におすすめのファッション②: テーラードジャケット×ワイドパンツ

 

キレイ目な要素のあるテーラードジャケットも、実はワイドパンツに良く合います。シンプルなIラインになるのでワイドパンツのゆったりとしたシルエットが映え、今っぽいコーディネートに!ぜひ挑戦していただきたいスタイルです。

 

【メンズ必見!】ワイドパンツを使ったおすすめコーデ7選。ポイントを押さえてオシャレに着こなそう!

  • 1. ワイドパンツは極太のシルエットがおしゃれ!
  • 2. 着こなすにはシルエットを意識するなどコツが必要!
  • 3. 着こなすコツをつかめば誰でもおしゃれになれる!

ライター後記

ラフで力の抜けたワイドパンツを使ったおしゃれは、きっと誰もが一度は憧れたスタイルですよね。最近はおしゃれもどんどん多様化し、ワイドパンツのようなラフなスタイルもしやすくなりました。ぜひこの機会に、ワイドパンツをスタイリッシュに着こなしてみましょう!

 





RELATED POSTS / 関連記事


test

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事