更新

筋トレ後に筋肉痛にならないけど…効果ある? 筋肉痛のメカニズムから付き合い方まで解説!



test

2. 筋肉痛との上手な付き合い方と注意点

筋肉とは上手に付き合わないとこんな風に…

 

◆筋肉痛が出る条件とは?

 

トレーニングに慣れてくると筋肉痛になりにくくなる、と説明しましたが、では一体どんな時に筋肉痛になりやすくなるのか。その条件をまとめました

・普段とは違うトレーニングを行う時
初めてトレーニングを行った次の日はきっと大きな筋肉痛があったと思います。これは負荷による筋繊維の損傷もありますが、体がその動きに慣れていないという理由も大きいです。たとえ同じ部位を鍛えるトレーニングであったとしても動きが違ったり、普段は高負荷で10回3セット行っていたのを低負荷で30回3セット行ったりした方が同じ筋肉で使い方が違うため筋肉痛になりやすくなります。


・前にトレーニングを行った時から期間が空いたとき

これも動きの慣れに近いですが、2-3日おきに行っていたトレーニングを1週間2週間ぶりに行った時は筋肉痛になりやすくなります。運動不足だったりすると筋肉痛になりやすいのも同じ理由ですね。


・トレーニング後のケアをしていない
逆に毎回ひどい筋肉痛に悩まされているという人はケアを怠っているせいもあるかもしれません。激しい運動やトレーニングをしたあとにそのままの状態を放っておくと筋肉が強張り血流が悪くなるため乳酸や疲労物質が溜まりやすくなってしまいます。
疲れ切った体は動かさない方が良いようにも思えますが、ストレッチをしたり軽くウォーキングをしたりと簡単な運動を行うことは血流を良くし疲労の回復を早めてくれます。
ただし痛みが強すぎる場合や筋肉が熱を持っている場合はストレッチが逆効果な場合もあるので注意が必要です。


 

▼詳しいストレッチのやり方はこちらをcheck!!

【参考記事】『筋トレ後のストレッチこそ超重要!効果&おすすめストレッチを解説

 


では次に、筋肉痛がないからといって毎日トレーニングをしていいのか?どんなことに注意してトレーニングすべきなのか?など、筋肉痛との上手な向き合い方について解説していきますね!

 

◆ 筋肉痛がない時は毎日トレーニングしていい?

 

筋肉痛の有無に関わらず、筋トレは毎日しない方がいいんです。
「痛くないし、今のうちに…!」と焦って頑張るのも間違い。

鍛える部位を変えながら毎日筋トレするのはアリといえばアリですが、それよりもアフターケアや休息をきちんとして各筋トレに臨む方がはるかに効率的ですよ。

筋肉痛があるときにもなるべく痛みが収まるように、次のトレーニングに臨めるように、例えば筋トレ後の入浴やマッサージで筋肉をほぐして休ませたり、たんぱく質の多い食事やプロテインで栄養補給をしていくことが重要なのです。

筋肉痛を目安にしつつ、筋トレに取り組んでいければ上手に付き合っていくことが出来ますよ。負荷の強度を調整して、アンダーワークになりすぎないように筋肥大を目指していってくださいね。

 

どうしても筋トレを毎日やりたいあなたはこちらもチェック!

【参考記事】『「筋トレを毎日行うと逆効果」はウソ!? スプリットトレーニング(分割法)で効率的なトレーニングを!

 

◆ 筋肉痛がなくても筋肉の効果を確かめる方法

 

とはいえ、筋肉痛があれば「筋肉に効いている~!」と自分の身体で実感できるため、筋トレの効果を感じやすいのも確かです。

筋肉痛がないときにはどんなことで効果を実感すればいいのでしょうか?
それは、筋トレのダンベルの重さや回数、体脂肪率や筋肉量の数値など分かりやすい数値で効果を確かめていきましょう。

数値であれば分かりやすいですし、トレーニングをしていく上で非常に大切な客観的視点です。

負荷になれて筋肉痛にならないようになれば、ステップを1つ上にあがったような状態なので、まずはステップを上がっていることを褒めてあげましょう!

◆ 休息も大切に!

筋肉だって筋トレすれば疲れます…。

 

筋肉痛の有無よりも、筋肉の成長のためには休息が絶対必要。

そこで筋肉痛と切り離せないキーワード「超回復」について少し触れておきましょう。端的に説明すると、筋トレを行うことで筋肉を破壊・修復を繰り返し、回復する現象のこと。

筋肉痛と上手く付き合うということは、その「超回復」を高めることにつながるんですよ。

筋肉が効率的に成長していくためには、筋肉への休息は重要なので優先して考えていきましょう!

 

筋トレ重要ワード「超回復」について徹底解説!

【参考記事】『【筋トレの〝超回復〟徹底解説!】休ませることも筋トレである!

 

 

筋トレ後に筋肉痛にならないけど…効果あるの? 筋肉痛のメカニズムから付き合い方まで解説!

  • 1. 筋肉痛がなくても筋肉は大きくなっているので大丈夫!
  • 2. 筋肉痛にならない原因は、慣れやコンディションによる!
  • 3. 筋肉が修復・回復するための休息も重要!

ライター後記

筋肉痛があると、痛いけど「筋肉に効いてるな~!」と実感できたりしますよね。でも、筋肉痛がなくても筋肉への効果は変わらず筋肥大・筋肉発達・増強につながるので不安がることは心配なさそうですね。頑張った分の努力は裏切らないので、適度に休息しながら筋トレに励んでみてくださいね。

 

もるつ

筋肉痛、恋しいなあって思ってきました。

看護師だったが今までとは違った新しいことをしたいと思い、ライターに興味を持つ。「自分だから出来ること」を仕事にしているカッコいい女性に憧れている。
趣味は、見たことのないような絶景やキレイな海を求めて旅に行くこと。他に好きなものはお寿司、ドラえもん、本屋さん。苦手なものはカエル。

1 2




RELATED POSTS / 関連記事


test

RELATED POSTS / 関連記事