更新

【悲劇】どの写真もブス!写真写りが悪い人の5つの特徴と良くするコツをレクチャー!



test

鏡でみる自分と写真で見る自分の顔のギャップに、ショックをうけていませんか?
どんなに鏡の自分が美人(男前)でも、ブスに写った写真をみると、なんだか自信を無くしてしまいますよね。
手っ取り早くアプリを使うべきなのか、被り物でも着用するべきか…。
いや、最終手段を使う前に、写真写りを攻略しちゃましょう!
まずは写真写りが悪い人の特徴を捉えながら、写真写りを良くするポイントを紐解いていきましょう!

【悲劇】どの写真もブス!写真写りが悪い人の5つの特徴と良くするポイントをレクチャー!

【悲劇】どの写真もブス!写真写りが悪い人の5つの特徴と良くするポイントをレクチャー!

1. 美人&イケメンなのに損してる?写真写りが悪い人の5つの特徴!

 

タイトルには美人イケメンと言いましたが、そもそも顔立ちは悪くないのに写真写りが悪い人。または実物の方がいいねを連呼されてしまう人には、揃いも揃った悪い特徴があります。
自分はどの特徴に当てはまっているのか考えてみましょう。

 

■緊張して表情が固い

 

「はい、写真撮ります」という状況になると、どんな表情をしていいのか分からず、顔が強張って表情が固くなっていませんか?
表情が固いと怒っているように見えてしまうため、顔つきが悪くみえてしまいますよ。

■無理に笑顔を作ろうとして引きつっている

 

写真を撮ることに慣れていなかったり、笑顔になろうと無理をして顔が引きつっていませんか?
日常生活で写真を撮る機会が少ないと、スムーズに表情が出てこないものです。「自然に笑わなきゃ」と思えば思うほど余計に引きつってしまうなんてことにもなりがちですよね。

■姿勢が悪い

 

普段、客観的にみることがないため、気を抜きがちになるのが姿勢。姿勢が悪いと、顔が大きくみえたり、足が短くみえてしまうなど全体のバランスが崩れて見えてしまいます。

■カメラに苦手意識を持っている

 

そもそもカメラ自体に苦手意識を持っていませんか?カメラを向けられると、つい反射的に身構えしてしまう人も多いと思います。

■顔の彫りが浅い

 

顔という立体的なものを平面にとらえるのが写真の特徴です。写真は、顔のメリハリを陰影を使って映しだします。顔の彫りが浅いと凹凸が無く陰影が少なくなるため、のっぺりとして通常より顔が大きくみえてしまう可能性があります。

■顔が真正面を向いている

 

真正面から写ると顔が平坦に見えてしまったり、左右のバランスが目立ちやすくなります。またカメラを凝視した違和感のある写りの原因にもなるなど、美人に写ろうとすると実は難しいアングルなのです。

 

2. 良い写真を残したい!写真写りを良くするポイント

 

写真写りを悪くしている原因が解ったら、次は写真写りを良くするポイントをみていきましょう。絶対美人(男前)に写りたい!そう思うことが大切です!

 

◆写真写りを良くするコツ:目線はレンズの少し上に向ける

 

まっすぐにレンズを見てしまうと顔が強張ったり違和感のある写りの原因になってしまうため、目線はレンズの少し上に向けるようにしましょう。
レンズの少し上を向くことによって、自然なカメラの目を作り出すことができますよ!

◆写真写りを良くするコツ:首を伸ばして軽くアゴを引く

 

首を伸ばして軽くアゴを引くことにより、小顔効果を作り出すことができます。口元やアゴ周りをカバーしてくれるため、出っ歯やしゃくれ、二重アゴが気になる方にもおすすめです。

◆写真写りを良くするコツ:顔や体を少し斜めに向ける

 

少し斜めに向くことで、体のラインを細くみせてくれたり、ナチュラルな表情や優しい流し目を作り出すことができます。

◆写真写りを良くするコツ:写真写りの良い人を参考にする

 

可愛く写るコツを掴むには写真写りの良い人を参考にしてみましょう。雑誌やインスタなどから写真慣れしているモデルの表情やポーズを研究することで、ワンランク上の写真美人に近づくヒントを見つけ出すことができます。

◆写真写りを良くするコツ:自分が良く見えるアングルを研究する

 

左右、斜め、上や下など向きを変えれば必ずあなたのベストが見つかります。そのためには、鏡や自撮りなどを使って自分が良く見えるアングルを研究することです。
プロのカメラマンでも、照明やさまざまなポーシングを利用してモデルの一番いい顔を探りながら撮影するのが基本です。素人である私たちは、より努力が必要になるといえるでしょう。

◆写真写りを良くするコツ:なるべく明るい場所で撮る

 

なるべく明るい場所で撮ることにより、色味が綺麗に映し出せるため実物に近い写真を撮ることができます。充分な明るさがないと血色が悪く写ったり、ほうれい線やシミやシワ、頬骨が目立ってしまう原因になりますので注意してください。

◆写真写りを良くするコツ:リラックスする

 

一番いいのは、とにかく緊張せずにリラックスすることです。難しいかもしれませんが、まずはその場の雰囲気に任せて、「ノリで写っちゃう」くらいの気持ちをもってみましょう。

◆写真写りを良くするコツ:数をこなしてカメラ慣れする

 

リラックスして写真に写るために一番効果的なのは、やはり写真を撮る回数を増やしてカメラ慣れすることです。写る回数が多いほど、写真に写る自分を客観的に分析できるため、自然と自分の可愛い見せ方を身に着けることができます。

◆写真写りを良くするコツ:絶世の美男・美女になりきる

 

人は気の持ちようによって、心の余裕が生まれるもの。自信の無さは写真にも表れてしまうのです。
写真を撮る時だけでも、自分が絶世の美女になったつもりでカメラの前に立ってみると、自然とナチュラルな表情を引き出すことができます。謙遜する気持ちはいったん捨てて、一度試してみてください。

◆写真写りを良くするコツ:メイクで凹凸をつける

 

彫りが浅い顔立ちの人は、メイクで凹凸をつけてパーツを鮮明にみせるとより美しく写し出すことができます。また写真では色が飛んでしまうため、いつもより濃いめのメイクを心がけてくださいね。

コチラも合わせて読んで欲しい! 就活のスタートは履歴書から!
証明写真の写りを良くして好印象を与えるポイント

 

どの写真もブス!写真写りが悪い人の5つの特徴と写真写りを良くするポイント

  • 1. 実物の良さを生かすには写りの悪い原因を知る
  • 2. 写りをよくするためにはポイントがある!あとは、研究と回数慣れで無敵になるべし!

ライター後記

私もまさに写真ブス。写真写りの悪い人の特徴、全部に当てはまってました笑。
SNSが主流のネット時代に生き残るには、写真が大きな役割を占めているといっても過言ではありません。あなたも写真写りをよくするポイントを参考にして写真美人を目指してくださいね!健闘を祈ります。

 





RELATED POSTS / 関連記事


test

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事