更新

コンビニで買えるプロテインのコスパ最強はどれ?買って損なしのコンビニプロテインを紹介!



test

ダイエットや健康志向の人が増えた影響か、コンビニにもプロテインをはじめとした筋トレ用のサプリメントが並ぶようになりました。筋トレを始めようとしている人の中には、コンビニで見かけて「おっ?」って思った方いるはず。
本格的なプロテインを買ったり、飲んだりするつもりはあんまりない。でも、プロテインの効果を試してみたい、と考えている人におすすめなのが、このコンビニプロテインです。
コンビニで購入できるプロテインの効果やコスパを解説していくので、筋トレやダイエットを考えている方は、ぜひご覧下さい。

コンビニで買えるプロテインのコスパ最強はどれ?買って損なしのコンビニプロテインを紹介!

1. コンビニのプロテインにはどんなものがある?

 

まず最初に、コンビニで販売されていることが多いプロテインを紹介します。
コンビニで販売されているプロテインは、価格や成分の違いや、味の違いがあるので。最初はそこから見ていきましょう。

 

コンビニで売られているプロテイン①: SAVAS ミルクプロテイン

 


ご購入はこちらから



価格: 193円/1個




たんぱく質:15.0g
脂質:0g
炭水化物:10.0g
糖質:記載なし
エネルギー:100kcal

ドラッグストア等のサプリメントコーナーにも良く置かれている、ザバスのミルクプロテインです。独自技術によってプロテインが吸収しやすい状態に安定化されており、効率的にプロテインを摂取できます。
成分を見ると、筋肉を作るたんぱく質や筋肉を動かし、筋肉の損傷から回復する時にも使われる炭水化物がバランスよく配合されており、筋トレをはじめとした体作りを助けてくれる効果がある事が分かります。
また、脂質がゼロ&低カロリーなので、ダイエット中でも安心して摂取できます。

Amazonで購入する




コンビニで売られているプロテイン②: キリン ライザップ プロテインボトル

 



ご購入はこちらから



価格: 125円/1本




たんぱく質:5.0g
脂質:0g
炭水化物:9.5g
糖質:1.9g
エネルギー:60kcal


キリンとライザップのコラボ開発で作られた、ドリンクタイプのプロテインです。飲みやすいピーチヨーグルトテイストとなっています。
ザバスと値段が一緒ですが、〝たんぱく質の量が少ない〟、〝炭水化物、糖質の量が多い〟といった点に注目です。
炭水化物や糖質は、筋トレで体から失われたエネルギーを補ってくれる効果があります。炭水化物や糖質がたんぱく質よりも多いという事は、体を作る効果よりも、トレーニングで失われたエネルギーを補い、疲労から体を守る効果が高いということ。
運動や筋トレを始めたての人が、疲労やエネルギー不足を防ぐためには丁度いいですが、筋トレで体を作りたい、という人には少々物足りないかもしれません。

Amazonで購入する




コンビニで売られているプロテイン③: ウイダーinドリンク プロテイン

 


ご購入はこちらから



価格: 269円/1本




たんぱく質:10.0g
脂質:0g
炭水化物:12.1g
糖質:記載なし
エネルギー:88kcal


10秒チャージでおなじみのウイダーインゼリーシリーズの一つで、ドリンクタイプのプロテインです。味はすっきりとしたヨーグルト味で、鶏ささみ1本分程度のたんぱく質が配合されています。
こちらのたんぱく質はホエイ(ヨーグルトの上に出てくる液)から作られています。ザバスのプロテイン程ではありませんが、たんぱく質と炭水化物のバランスが整っているのが特徴です。

Amazonで購入する




コンビニで売られているプロテイン④: ウイダーinゼリー プロテイン ヨーグルト味

 


ご購入はこちらから


]

価格: 168円/1本




たんぱく質:5.0g
脂質:0g
炭水化物:17.5g
糖質:記載はないが、原材料名の中に果糖ぶどう糖液と砂糖が含まれている
エネルギー:90kcal


こちらはウイダーインゼリーのプロテインです。他のドリンクタイプをとは違い、ゼリータイプになっています。プロテインは上で紹介したドリンクタイプ同様、ホエイプロテインです。

カロリーは控えめですが、
・たんぱく質の量が他のプロテインよりも低め
・糖質に関する記載はないが、糖質を含んだ成分が含まれている

といった点が気になりますね。

運動やダイエットの為、というよりは、普段の食事で得るエネルギーを補う為に使うタイプのようです。

Amazonで購入する




◆ コスパ最強のコンビニプロテインは「SAVAS ミルクプロテイン」

 

色々なコンビニプロテインを上げていきましたが、成分と値段をよく見ると、プロテインによって特徴や目的としている事が微妙に違う事が分かりますね。

この中でも、
・たんぱく質や炭水化物がバランスよく配合されている
・値段もお手頃

という条件を満たしているのが、SAVASのミルクプロテインです。

SAVASのミルクプロテインは、
・たんぱく質と炭水化物がバランス良く配合されている
・脂質0&低カロリー
・価格もプロテインの中では低め

という特徴があります。この特徴から、SAVASのミルクプロテインは、コストパフォーマンスに優れたコンビニプロテインである事が分かりますね。

プロテインを始めてみたいけど、お試し感覚で出来る物が欲しい、手軽に摂取できるプロテインが欲しいという人には、SAVASのミルクプロテインがピッタリなのです。

 

2. コンビニのプロテインとジムで買えるプロテインを比べてみた

 

お手軽感覚で飲めるコンビニプロテインですが、ジムで買える本格的なプロテインとはどう違うのでしょうか。

今回は、老舗ジムであるゴールドジムさんが販売しているプロテイン「ホエイプロテイン プレーン」を例に、手軽さや成分の違いを取り上げていきます。対して、比べる対象となるコンビニプロテインは、SAVASのミルクプロテインです。

 

【手軽さ】

 

まずは、手軽さから比べていきましょう。

ゴールドジムのホエイプロテインはパウダータイプになっています。大さじ2杯をコップに入れ、牛乳やジュース、水で溶かして飲みます。パウダータイプなので、筋トレ後毎回この作業を行っていきます。
対してコンビニプロテインですが、コンビニプロテインはドリンクタイプもゼリータイプも、ふたを開ければすぐに飲む事ができます。わざわざ他の道具を用意しなくても摂取できるのです。
手軽さでは、ジムのプロテインよりもコンビニプロテインの方に軍配ありといったところでしょうか。

【コスパ】

 

では次に、コストパフォーマンスの点から比べていきます。

ゴールドジムさんのホエイプロテインは、2㎏(=2000g)で12000円(税別)になります。1回の使用量は大さじ山もり2杯、大体20gです。
2000gを1回分の量20gで割ると100になります。これがこのプロテインを作れる回数です。この回数で2㎏分プロテインの値段を割ると、丁度120円になります。
SAVASのミルクプロテインは1杯150円になりますから、ジムのプロテインの方が1回あたりの値段は低い事が分かります。購入時の価格はコンビニプロテインの方が低いですが、長い目で見るとコスパでは勝てないようです。

【たんぱく質、脂質、炭水化物、カロリー】

 

もう1つ、たんぱく質等の成分を比べていきます。それぞれの成分について、表でまとめました。

 


表を見た結果、
・たんぱく質の量、カロリーでいえば、ジムプロテインであるホエイプロテインが優れている
・脂質とたんぱく質でいえば、SAVASのミルクプロテインの方が優れている

ということがわかります。どちらも明らかに優れている・劣っている点がない、というのは少し意外ですね。

【飲みやすさ】

 

次に飲みやすさについて比べてみましょう。
ホエイプロテインの方はプレーン、とあり、香料や甘味料を一切使っていません。原料がミルクプロテインなので、ほのかにミルクの味がします。原料の味を感じられる程度なので、他の飲み物と混ぜて飲む事もできます。

しかし、パウダータイプのプロテインは混ぜる時にダマを作ってしまったり、溶け残りがあったりすると飲みにくい事があります。また、プロテインそのものの味が苦手な人にとっては、少々飲みにくい、と感じてしまう事もあるようです。

サバスのミルクプロテインは、運動後でも飲みやすいように爽やかなフルーツテイストのフレーバーが付けられています。コンビニでも手軽に飲まれる事を想定してから、飲みやすさにもこだわっているのです。

飲みやすさには味やのど越しの好みも関わってきますから、一概にこっちが良い、とは言えません。しかし、初めてプロテインを飲む人の場合は、手軽に飲まれる事を想定したコンビニプロテインの方が向いているのかもしれません。

手軽さが人気のプロテインバー!効果とおすすめプロテインバー5選!!

 

3. コンビニプロテインはダイエットに不向き

 

ここまで見比べてみると、コンビニプロテインとジムのプロテイン、どちらも良い点があります。どちらを飲んでも変わりないのでは、と感じる人もいるのかもしれませんが、注意してほしい点があります。

コンビニプロテインの成分表示を見てみると、いくつかの製品は糖類が含まれています。飲みやすさやエネルギーを補う為に含まれているのですが、この量が問題です。

食品の成分表示は、多く含まれている成分の順に並んでいます。コンビニで販売されているプロテインの中には、プロテインの量よりも糖類の方が先に表示されている事があるのです。

糖類の多い飲み物は、ダイエットの天敵です。それがプロテインであっても変わりません。そういう意味では、コンビニプロテインはダイエットにはあまり向かないタイプのプロテインだと言えるのです。

 

 

4. コンビニプロテインは初心者や手軽さを求める男女におすすめ

もうこんなボトルを用意する必要なし!

 

コンビニプロテインについて細かく解説していきましたが、大きくまとめるとコンビニプロテインはプロテイン初心者や、手軽にプロテインを摂取したい人に向いている、という事になります。

プロテインに挑戦してみたい人や、運動後手軽に摂取できるプロテインが欲しい人は、コンビニプロテインをチェックしてみて下さい。

 

【注目記事】バキバキの筋肉を手に入れるための最強アイテムとは▽

腹筋するなら絶対プロテイン必須!その理由&使用方法をレクチャー!【おすすめプロテイン5選】

 

 

コンビニで買えるプロテインのコスパ最強はどれ?買って損なしのコンビニプロテインを紹介!

  • 1. コンビニプロテインは手軽で飲みやすい!
  • 2. 製品によっては、ジム仕様のプロテインに負けない物も
  • 3. 製品によっては、ジム仕様のプロテインに負けない物も

ライター後記

最近はいろんな所でプロテインや体作り用のサプリを見ますが、コンビニでプロテインが販売されているとは思いませんでした。ジム帰りやランニング後にコンビニに寄って、プロテインをグイっと一飲み、なんて事もできるようになったんですね。コンビニプロテインは、体作りの新しいパートナーとして、注目を集めそうです。

 

星田 ヤチヨ

筋トレやプロテイン初心者は、コンビニプロテインから始めるべし!

美容や健康の記事を中心に、ライターとしてお仕事をしています。誰でもできるケアを紹介する、をモットーに、肌や髪のケア方法や、ダイエットの方法を発信しています。





RELATED POSTS / 関連記事


test

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事