更新

おな禁の期間によって効果が変わります!長く続けりゃいいってもんじゃない!?

test

おな禁をしようと思う理由は人それぞれだと思いますが、おな禁によって得られる効果は男性にとってメリットだらけです。でもおな禁って何日間すればいいのか、とりあえずやれるだけ長くやればいいのかと疑問に思いますよね。そこで、おな禁をする期間と効果についてまとめました!※2018/12/3更新

おな禁の期間によって効果が変わります!長く続けりゃいいってもんじゃない!?

1. おな禁の期間は最長でもどれくらい?

 

おな禁をすることによって男性ホルモンの1種である「テストステロン」の分泌が促進されると言われており、逆に「ジヒドロテストステロン」というホルモンが減少します。この2つのホルモンはおな禁に深く関わってきます。

「テストステロン」は善玉ホルモンでと呼ばれており、「やる気と精力がアップする」、「男らしい体つきになったり自信がついたりする」「頭の回転がよくなる」といった効果が期待されている一方、「ジヒドロテストステロン」は悪玉ホルモンで、このホルモンが多くなると「体臭がキツくなる」、「体毛が濃くなったりニキビができる」、「やる気が減退する」といったことが起きてしまいます。

また射精することで体から亜鉛が消費されるのですが、亜鉛が不足するとジヒドロテストステロンが活発になると言われています。これを防ぐのにすることがおな禁というわけ。
おな禁をすることによってジヒドロテストステロンを抑制することができ、結果テストステロンを増加させることができるのです。

実際に、おな禁日数が増えるにつれて総テストステロン値が増えていくということが、実験で証明されており、上昇のピークはおな禁を始めて7日目で、それ以降のテストステロンの数値は下がっていくもしくは横ばいといった結果となっているのです。
つまり、おな禁は長くても7日間で1回リセットするべきと言えます。

 

◆ おな禁期間が長すぎると起こるデメリット①: EDの危険性が高まる

 

オナニーを全くしない期間が長くなると、ペニスの生殖器としての機能が衰えてしまいEDや性欲減退などが起こる可能性があります。
ただこれは1週間や1ヶ月単位のおな禁ではめったに見られることはなく。半年や1年単位でおな禁をおこなったときに起こりうることなので、あまり心配する必要はありません。

◆ おな禁期間が長すぎると起こるデメリット②: ストレスがたまる、イライラする

 

おな禁の初期症状といってもいいでしょう。
習慣化していたことが取り上げられてしまったんです。誰だって起こるデメリットなので、そういうもんだと思って上手に付き合うのがベスト。
逆に「ストレスになっちゃだめだ!」とか「イライラしたら負け!」なんて思い続けるほうが体にも心にも毒です。

◆ おな禁期間が長すぎると起こるデメリット③: 攻撃的になる

 

おな禁をしていると攻撃的な発言が増えるという噂がありますが、おな禁経験者から言わせてもらいますと、それはストレスやイライラをぶつけているのではなく、おな禁の効果の1つである「自分に自信を持てるようになる」というものの副次的効果でしょう。
自分に自信がある人は言葉がハキハキしていることが多いんです。
もし友人から「なんか最近はっきり言うようになったね」などと言われるようになったらおな禁は成功している証です。ただ逆にそれがきっかけで友人関係にひびが入ってしまうこともあるので、過度な攻撃はNGです!

 

2. おな禁の期間によって効果はかわる?

我慢のし過ぎでこんな顔になったらリセットしたほうがいいです(笑)

 

短期のおな禁は1週間、長期のおな禁は1ヶ月以上と言われていますが、おな禁をする期間によって得られる効果は変わってきます。体験談を元に期間別に得られた効果をまとめてみました。

・おな禁1週間
寝起きが良くなる、ニキビができにくくなった、髪の毛がサラサラになった、ストレスが減った、ヒゲが伸びるのが遅くなった、週に1度の行為が楽しみになった

・おな禁3週間
肌質が良くなった、頭の回転が早くなった、抜け毛が減った、筋肉がつきやすくなった、ポジディブ思考で元気になった

・おな禁1ヶ月
集中力があがった、記憶力が良くなった、人とコミュニケーションをとることが楽しくなった、表情が明るくなる、性欲が薄れてきた

・おな禁3ヶ月
記憶力が増した、勘が鋭くなって相手が何を考えているか読み取れるようになった、食べ物が美味しく感じるようになった


ただし、長期間おな禁をすることが良いという科学的根拠はありません。
逆に射精を長期間禁止することで、ホルモンバランスが乱れて勃起不全(ED)になるリスクがあります。無理に禁欲することで精神に負担を与えて逆にストレスになることもあります。長期間のおな禁は危険性を伴うことも把握しておきましょう。



ストレスを抱えながらおな禁するのってかなりつらい…しかし!コツさえ知っていれば問題なし。おな禁のコツを知りたい人はコチラを一読!

【参考記事】『おな禁にはコツが必要!長期戦を勝ち抜くための方法を徹底解説!

「やばい…オナニーしたくなってきた!」んて思ってからじゃ遅いかも!おな禁リセットを防ぐ方法はこっちに書いてあります!

【参考記事】『おな禁リセットを防ぐ技を伝授!! おな禁成功者が選んだ最強の防止策とは?

 

おな禁解除はどうすればいい?やっぱりオナニー?

本当にオナニーでいいの?もっといい方法あるんじゃない?

 

自分が立てたおな禁の目標日数まで我慢したら、さっそくおな禁を解除したいところですが…。ここで絶対おすすめしない方法があります。

それは〝オナニーで解除すること〟です。

せっかくおな禁したのに、また習慣化する危険がありますし、なによりもったいない!
どうせならもっと気持ちよくぶっぱなしたいですよね?
気持ち良くぶっぱなしたいですよね?
大事なことだから2回聞きました(笑)

 

◆ おすすめはセックス

 

もうオナニー以外で気持ち良くぶっぱなすならセックスしかないでしょう。
「こいつただの変態じゃん」と思われているかもしれませんが、セックスをおすすめするにはちゃんとした理由があるんです。

セックスをしているときはあるホルモンが出ています。それはセロトニンというホルモン。
これは別名「幸せのホルモン」と言われていて、よく美味しい食事をしているときなんかに出ています。人間はこのセロトニンが出てるときは心がリラックスし、ストレスも解消されるんですね。

食事と同様にセックスでもセロトニンが出てストレス解消にもなるなら、オナニーよりセックスが良いに決まってますよね!
また、おな禁→セックスでの解消は実施した人の成功体験にも繋がります。この成功体験は脳がしっかりと覚えてくれるので、また同じおな禁生活を始めても耐えられる確率があがるのです。
改めてセックスの大事さがわかるものなんですよ(笑)。

 

3. スポーツで好結果!?試合前、大会前のおな禁は有効?

 

サッカーW杯に出場したあるチームにはセックス禁止令がでているという話がありました。
他にも世界的に有名なボクサーのモハメド・アリは試合前のセックスは「闘争本能を台無しにする」とも言っています。

確かに、射精することにより疲れを感じてしまい、テストステロンも低下してしまいます。男性の闘争本能に影響するテストステロンが低下することはスポーツでは不利になる可能性もあるでしょう。
理論上はおな禁することによりテストステロンをコントールすれば、集中力を高め、ポジティブな思考になれたり、寝起きがよくなるなど体をコンディションを良くすることもできます。

しかし、ストレスを溜めてまでおな禁をすることはスポーツをする上で精神面の負担になるでしょうから、無理をしない程度のおな禁が良いでしょう。

 

4. おな禁の期間を記録できるアプリがある

 

短期のおな禁であれば週末に行為をするなどで期間を把握しやすいですが、長期にチャレンジしているとどのくらいおな禁を続けているのかわかりにくくなるもの。
そんなときはスマホアプリでおな禁を記録してデータ化していくのをおすすめします!

 

◇ おな禁期間を記録するメリット

 

おな禁期間を記録することにはメリットがあります。
目標の期間までにリセットしてしまったとしても、どのくらいおな禁できていたかをデータとして記録していくことで、徐々に達成感をあげていくことができます。特に長期間のおな禁は最初からうまくいかないことも多く、少しづつ期間を伸ばしていくには記録する方法は有効です。
おすすめアプリは以下の通り。使ってみて良かったら友達に勧めてやりましょう(笑)

◇ おな禁期間管理のおすすめアプリ①: 『我慢カウンター 禁欲記録 072』

 

アイコンやデザインがシンプルでおな禁アプリだとバレにくいiPhone用アプリ。今までの経歴、平均期間、階級機能などを搭載。

ダウンロードサイトへ



◇ 禁欲カウンター – 男を上げる禁欲サポーター

 

このアプリはSNSと連携していたり、同じアプリを持っているオナ禁仲間とコメントをしあったり出来る優れものです。オナ禁専用と言っても差し支えのないアプリでしょう。

ダウンロードサイトへ

 

おな禁の期間によって効果は違う⁉長く続けりゃいいってもんじゃない!

  • 1. おな禁は最短7日間行うことが望ましい!
  • 2. おな禁をする期間によって効果が変わる。しかし長期のおな禁にはリスクもあり!
  • 3. 試合前のおな禁はコンディションを整えるのにあり!
  • 4. おな禁アプリでおな禁成功率をアップさせよう!

ライター後記

おな禁の期間によって得られる効果が違ってきます。ただ長期間すればいいというものでもなく、短期を繰り返すという方法も男性ホルモンに働きかけることができます。おな禁によって得られたい効果を考えながら、おな禁にチャレンジしてみましょう!



test

RELATED POSTS / 関連記事