更新

バラの花束は本数で意味が変わる!? プレゼントするなら要注意!



test

バラの花束といえば、恋人に向けて贈るロマンチックなプレゼントの代表格。
誕生日や記念日、はたまたプロポーズの日に…。
パートナーへの気持ちをバラの花束と一緒に伝える男性は多いはず。
そんなバラの花束、実は本数や色によってその花言葉が異なることをご存知でしょうか?大切な人に愛情を伝えるはずが、バラの本数によって全く別のメッセージを送ってしまう可能性があるかもしれません。
バラの本数や色によるそれぞれの花言葉を理解して、女性に特別な思いを伝えましょう!

バラの花束は本数で意味が変わる!? プレゼントするなら要注意!

1. バラの本数には意味があります!

 

せっかくなら、本数の意味を知って特別なメッセージを込めたバラの花束を贈りたいですよね。
バラの本数によって花言葉はこんなにも変わります。早速チェックしていきましょう!

 

◆ バラの本数の意味一覧表

 


■ 1本 「一目ぼれ」「あなただけ」「あなたしかいない」
■ 2本 「この世界は私とあなた、二人だけ」
■ 3本 「愛しています」「告白」
■ 4本 「死ぬまであなたへの気持ちは変わらない」
■ 5本 「あなたに出会えた事を心からの嬉しく思う」
■ 6本 「あなたに夢中」「お互いに敬い、愛し、分かち合いましょう」「思いあう」
■ 7本 「ひそかな愛」「片思い」
■ 8本 「あなたの心遣い、励ましに感謝しています」
■ 9本 「いつもあなたを想っています」「いつも一緒にいましょう」
■ 10本「あなたは完璧」「あなたは可愛い」
■ 11本「最愛」「パートナーへ感謝」
■ 12本「私と付き合ってください」「愛が増々強くなる」
■ 13本「永遠の友情」
■ 14本「誇りである、誇らしい」「プライド」
■ 15本「すまなく思う!「ごめんなさい」
■ 16本「落ち着かない愛」「不安な愛」
■ 17本「絶望的で取り戻せない愛」
■ 18本「誠意、誠実」
■ 19本「忍耐、期待」
■ 20本「真心あるのみ」「ひとひらの愛」
■ 30本「ご縁を信じます」
■ 40本「死ぬまで変わらない愛」
■ 50本「出逢いは偶然」
■ 100本「100%の愛」
■ 101本「これ以上ないほどの愛」
■ 108本「結婚してください」
■ 365本「毎日愛しています」
■ 1001本「永遠に」

など


本数によって、これだけ花言葉に違いがあることをご理解いただけましたか?
特別な気持ちを相手に伝えたいとき、バラの本数にメッセージを込めて贈りたいですよね。
また花言葉には必ずしも愛のメッセージだけが込められているわけではありません。
意味を知らずにプレゼントしたバラの花束、受け取った女性が家に帰って花言葉を調べてみたら本数によってはショックを受けてしまう可能性があるかも!

 

2. バラは色によっても意味が違います

 

バラの本数に意味があるように、バラの色にも意味があります!一般的には赤いバラがプレゼントに選ばれやすいですが、ときには違う色のバラを贈って女性をもっと楽しませましょう!素敵な花言葉を持つ、個性的な色のバラもたくさんありますよ。

 

◆ バラの色別花言葉

 


□ 赤色 「あなたを愛する」「愛情」「情熱」「熱烈な恋」「美貌」
□ 白色 「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」「純潔」「清純」
□ ピンク色 「上品」「可愛い人」「美しい少女」「恋の誓い」
□ 青色 「喝采」「夢がかなう」「奇跡」「神の祝福」
□ 黄色 「友情」「平和」
□ オレンジ色 「無邪気」「魅惑」「絆」「信頼」
□ 紫色 「誇り」「気品」「尊敬」
□ 黒色 「あなたは私のもの」
□ 虹色 「無限の可能性」
□ ドット柄の薔薇 「あなたを忘れない」など


バラにはポピュラーな赤色だけではなく様々な色があることをお分かりいただけたかと思います。本数の時と同じように色においても、込められている意味に注意しながら選ぶ必要があるんです。
花言葉に合わせて、恋人、友人、家族など、それぞれの相手にふさわしい色のバラを贈りたくなりますよね。

 

3. バラの本数は意味を考えてプレゼントしよう!

 

バラの本数や色にはそれぞれ意味があり、贈る相手によって最もふさわしい花束が決まります。伝えたい気持ちとは異なる意味の花束はできる限り渡したくありませんよね?
相手との関係性や知り合った期間、伝えたい気持ちなどを踏まえながら花言葉の意味を考えバラの本数を選びましょう!
シチュエーション別に、おすすめのバラの本数をご紹介していきます。

 

◇ 付き合う前の人に贈るバラの花束の本数は…

 

付き合う前の相手との関係性は、恋人よりもまだ若干の距離がある段階です。
本数が多すぎるとあなたへの印象がやや重たくなってしまいそうですよね。
バラの花束で思いを伝えるなら、少なめの本数で、さりげなく真摯に贈るのがベストです。

◎ おすすめの本数

 

・1本 「一目ぼれ」

「一目で運命を感じた」という情熱的な思いが込められています。知り合って間もない相手に告白したいときにぴったりの本数です。


・3本「告白」

勇気をもって思いを伝えたいときに適しています。シンプルながら強いメッセージのある花言葉です。女性も受け取りやすい本数ですね。


・7本「ひそかな愛」

片思いをしている相手に贈りたい本数です。ひた隠しにしてきた思いを花束に込めましょう。


・12本「私と付き合ってください」

文字通り、交際を申し込むという意味が込められています。このほか「愛が日増しに強くなる」という意味もあるので、知り合ってからしばらく時間が経っている相手に届けるのがベスト。

◎ ぎりぎりOKな本数は…

 

・18本「誠意ある告白」

誠実さを意味する18本。付き合っていない相手に向けて真摯に思いを伝える本数です。

◇ 恋人に贈るバラの花束の本数は…

 

恋人に対して愛情はもちろん、日ごろの感謝の気持ちを伝えたいですよね。誕生日や記念日などの特別な日や何気ない日常などで贈りたくなる花束の本数をまとめました。

◎ おすすめの本数

 

・9本「いつも一緒にいよう」

心と心が離れないように、いつも傍にいようという意味が込められています。恋人との愛を確かめ合い、改めて思いを伝えるときに贈りたい本数です。


・11本「パートナーへの感謝」

いつも一緒にいてくれてありがとうという感謝の気持ちです。特別な日に贈るのもいいですね。


・24本「一日中思っています」

忙しい日常の中では、なかなか恋人に会えない日があるかもしれません。久しぶりにデートができた日は、思い切って24本の花束を渡しましょう。会えなくてもあなたを一日中思っているという恋心が相手に届くはずです。遠距離恋愛中の恋人にもおすすめです。

◎ ぎりぎりOKな本数

 

・40本「死ぬまで変わらない愛」

長く付き合っている恋人に贈りたい本数。愛が永遠に続くことを祈りながら花束を贈りましょう。

◇ プロポーズに贈るバラの花束の本数は…

 

プロポーズとバラの花束は切っても切り離せない関係。人生の局面に渡すバラの花束は、意味を間違えないように注意しましょう!

◎ おすすめの本数

 

・21本「真実の愛」

プロポーズには少ない気もしますが、真実の愛を意味する本数。結婚してほしい相手には自分の愛が本物であることをきちんと証明したいですよね。


・100本「100%の愛」

本数の通り、100%の全力の愛を意味します。混じりけのないまっすぐな気持ちが見た目にも表れます。


・108本「結婚してください」

求婚を意味する108本。プロポーズのための花束といっても過言ではありません。最高にロマンチックなメッセージですね。

◎ ぎりぎりOKな本数

 

・365本「毎日、君を想う」

一年の日数と同じ本数。毎日、毎年あなたを大切にしますという気持ちを表すことができます。長い人生を共にする相手に贈ると考えれば、決して多すぎることはない本数です。

◇ 喧嘩中の恋人に贈るバラの花束の本数は…

 

恋人に喧嘩はつきもの。言葉だけではなく、形にして相手に思いを伝えたいですよね。

◎ おすすめの本数

 

・15本「ごめんなさい」

シンプルに謝罪の念を伝えましょう。仲直りのきっかけがバラの花束になれば、いつかロマンチックな思い出になるはずです。告白やプロポーズには適さない本数なので、注意が必要です!

◇ 母親に贈るバラの花束の本数は…

 

日ごろの感謝を伝える花束です。母の日はカーネーションのイメージが強いですが、たまにはバラの花束を贈ってみてはいかがでしょうか?

◎ おすすめの本数

 

・8本「あなたの思いやりに感謝します」

心遣いや励ましに感謝するという意味があります。お世話になっている人に向けてぴったりの本数です。

・11本「パートナーへの感謝」

恋人への本数でもおすすめしましたが、11本は両親に贈る本数としても良いとされています。


付き合う前や付き合いたてなどの最初の時期は、少なめな本数でさりげなく気持ちを伝えましょう。告白し、無事に恋人同士になったら、徐々に本数を増やしていくのがおすすめです。
プロポーズなど一世一代の時は思い切って大きい花束を贈りましょう!

 

4. バラが持つネガティブな意味にも要注意!

 

大切な人に花束を贈るとき、ネガティブな花言葉の意味をもつ色や大きさなどには気を付けましょう。せっかく愛の告白が台無しになってしまうことがあるかもしれません!

 

◆ 色によるネガティブな意味も!?

 


▽黄色い中輪のバラ「あなたには誠意がない」
▽黄色い小輪のバラ「笑って別れましょう」
▽白いバラの蕾「心にもない恋」
▽折れた白いバラ「純潔を失い、死を望む」
▽黒赤色のバラ「死ぬまで憎みます」「憎悪」「恨み」
▽赤に白班のバラ 「戦争」「争い」


相手への不信感や憎悪、さらには死を意味する恐ろしい花言葉までありますね。大切な人には間違っても渡してはいけないものばかりです。
同じ色でも、状態や大きさによって意味が異なるので注意が必要です。
花言葉をあらかじめ学んでおけば、心配は要らないのでどうかご安心を!

 

バラの花束には本数で意味が変わる!? プレゼントするなら要注意!

  • 1. バラの本数によって花束の意味に違いがある!
  • 2. バラは赤色だけじゃない。それぞれ色にあらゆる花言葉が込められている
  • 3. 贈る相手やシチュエーションごとにふさわしいバラの本数がある
  • 4. バラの色によってはネガティブな意味を持つ種類があるので注意!

ライター後記

バラの花束というロマンチックなテーマだったので、ワクワクしながら執筆しました。
女性側からの一意見として花束はいただけるだけで十分嬉しいものですが、男性が本数や色の意味まで考えて渡してくれたら、その過程にまでときめいてしまいそうです!
女性にとってバラの花束はそれほど象徴的な愛の形なのだと思います。
花束で愛を伝えたいと考えている男性には、ぜひ参考にしていただきたいです。

 

ミウラ コト

バラの本数に意味を込めて愛を告白されたら、ときめかない女性なんていません!

4人の男子メンバーと共にバンド活動に励みながら、ライター業を勉強中。美容はもちろん、グルメや恋愛にも興味あり!好奇心旺盛ガールです。





RELATED POSTS / 関連記事


test

RELATED POSTS / 関連記事