更新

ハーフスクワットはダイエット効果あり!ハーフスクワットのやり方を完全解説!!【初心者向け!】



test

 

3. ハーフスクワットがもたらす筋トレ効果

 

ハーフスクワットは通常のスクワットより負荷は軽めに設定されているトレーニングです。
効果が出る部位は他のスクワットと同様で以下の通り。


・太ももの筋肉である大腿四頭筋
・お尻の筋肉である大殿筋
・太ももの裏の筋肉であるハムストリングス


また姿勢を固定するために上半身の筋肉を使うので、ほぼ全身の筋肉を使うことになります。
全身の筋肉を使うことで脂肪を燃焼しやすくする代謝もアップ!!
以上のことから、ハーフスクワットはダイエットに適したトレーニングだと言えるのです。


▼ スクワットがもたらす効果の詳細はこちらで!

【参考記事】『スクワットの消費カロリーは増やせる!ダイエット効果も高いスクワットの方法と効果を紹介!

▼ 理想のモテるカラダを確実&安全に手に入れるならパーソナルトレーニングという選択肢もありですよ!

【参考記事】『【痩せるだけじゃない!】パーソナルトレーニングジムおすすめランキングBEST10

 

4. ハーフスクワットとフルスクワットは何が違う?

 

ハーフスクワットとフルスクワットの大きな違いは膝を曲げる角度です。
大きく分けると以下のようになります。

・ハーフスクワット:膝が直角になる手前で動作を止める
・フルスクワット:膝が直角もしくはそれ以上になってから動作を止める



どちらも膝を曲げることに変わりはないのですが、曲げる角度によって使われる筋肉の度合いが違います
ハーフスクワットの場合、主に大腿四頭筋、大殿筋、膝に負荷がかかります。ハムストリングスにも負荷はかかりますが、他の筋肉と比べると負荷は軽めです。
これに対してフルスクワットの場合は主に大腿四頭筋、大殿筋、ハムストリングス、膝に負荷がかかります。

負荷がかかる場所が多ければその分1つの部位にかかる負荷の度合いは少なくなります。(同じ重さでトレーニングを行なった場合に限ります)
そのため ハーフスクワットの場合は膝に負荷がかかりやすいので、より正しい姿勢と意識のポイント理解をする必要があるのです
一見簡単そうに見えるトレーニングでも効果を出すために姿勢と意識のポイントは大事なので、しっかり覚えてくださいね。


▼ ハーフスクワットに慣れたら他の種類のスクワットをやってみましょう!

【参考記事】『スクワットの種類全11選!スクワットトレーニング目的別完全解説!

 

ハーフスクワットはダイエット効果あり!ハーフスクワットのやり方を完全解説!!【初心者向け!】のまとめ

  • 1. スクワットはトレーニング初心者の人でも手軽に行える!!
  • 2. スクワットはお尻が気になる人にも効果あり!!
  • 3. ゆっくりしゃがみ、速く元に戻る!!
  • 4. 小さくても姿勢と意識と呼吸は大事!!

ライター後記

トレーニングジムのインストラクターの仕事をしている時、お客様のメニューに必ずと言っていいほど取り入れていたスクワット。「階段を上るのがきつくなってきた…」「すぐ歩き疲れてしまう…」などの悩みには下半身の筋力低下が原因として挙げられます。
毎日少しずつでも構わないので、このハーフスクワットをやってみてください。きっと階段の上り辛さや歩き疲れは徐々に改善していくと思います!!

 

桃野カン詰

階段や坂道を見ると気持ちが燃えます!!

大学生の時にヒッチハイクにて日本縦断。人の温かさとキノコの恐ろしさ、猪の獰猛さを知る。現在アメリカ大陸を横断しようと目論んでいる最中。

1 2


モニター募集

RELATED POSTS / 関連記事


test

RELATED POSTS / 関連記事