更新

「性」を表通りに!編集長、ついにあの“TENGA”へ取材!



test

「性」を表通りに!編集長、ついにあの“TENGA”へ取材!美人広報を直撃

 

なんでもありのレポ連載。そんな定義で取材していいの? と思いますが、いいみたいなので3回め! 編集長は今日も「夜もイケる男」を目指し、男子ならば知らない人はいない、あの“TENGA”に行ってきました…!

そうだ、TENGA行こう

 

前回、シルクラボさんに行って何かしらのレベルが上がったような僕。夜のお作法の重要性を知るとともに、もっと知りたい! 学びたい! という持ち前の向学心(という名の猪突猛進)が頭をもたげた次第です。そして思い起こすはSODさんのロビーに積み上げられたTENGAの山。当美容男子でも、幾度となく取り上げているTENGA。著名人も愛してやまないTENGA。

そうだ、TENGA行こう。

広報の西野芙美さんのTwitterは編集部でも大人気だ。女性目線も交えて、TENGAとの使い方はおろか向き合い方まで教えを乞うことで、きっと僕の何かしらのレベルはまたもや上がるだろう。

 

TENGA広報さんにインタビュー!

 

さっそく取材を申し込むと、嬉しいことに即、快諾!
するとまた何かを察したかのように、ライターNからLINEが入る。
「編集長、TENGAに取材に行くそうですね。当日、最寄り駅の麻布十番駅でお待ちしています」

僕は盗聴でもされているのだろうか。
しかし結局、前日になってNは季節外れのインフルエンザでぶっ倒れた。
身軽になった僕だけど、一応女性のNがいないなか女性広報さんにTENGAについて聞きに行くのは、それはそれでやっぱり臆するものがある。そこで、我が美容男子が誇るイケメン編集Yを連れて、麻布十番駅徒歩2分、という素晴らしくイケてるロケーションのTENGAさんに突撃取材を敢行。広報さんにインタビューさせていただく運びとなった。

通されたMTGスペースの壁面には、TENGAの商品がずらり!
圧巻だけど、やっぱりスタイリッシュ。猥雑さがみじんも感じられない。

 

「LOVE ME TENGA」最高です。

 

TENGAの商品の違いとは? まずは広報さんに聞きました

広報の西野芙美さん

 

お会いした西野さんは、出版社勤務を経てTENGAに転職したという、ごらんの通りの美女(29歳)。
商品も社内も西野さんも清潔感とポップさに溢れまくっているが、気になる西野さんがTENGAに入社した理由はあとで改めて伺うとして、まずはシンプルにTENGAが大ヒットした理由を伺った。

 

ーーホームページを見ても、著名人の方にも愛用者がすごく多いですよね(笑)。
率直に、なんでそんなに人気があるんですか?というのをビジネス目線でも聞きたいです。

 

そうですね。「いじりやすい」というのはあるかもしれません。
下ネタそのものは盛り上がるネタですが、オナホールって、従来の女性器をそのまま表現したような商品ですとちょっと話題にしづらいじゃないですか。そもそも、電波に乗せられないですし(笑)。
でも、そこはうちの社長がもともとアメカジ好きというのもあって、デザインにはこだわっているんです。
見た目が卑猥じゃないので、ネタにしても不快感が生まれにくい。そういう商品のもつ雰囲気や魅力みたいなものが、いろんな方やメディアさんにとりあげてもらえている理由なのかな、と勝手に予測しています。

ーーでも、商品ビジュアルが性的に寄らないのにウケているというのは、性能がそれだけしっかりしてる!ということでもありますよね。ある意味ビジュアルに頼らないというか。それなのに、こんなにいろんな種類の商品を作らないといけないんでしょうか。

 

いやいや、ところが本当に人っていうのは千差万別で、たとえば基幹商品であるカップシリーズだけでも限定品を除いて23種類あるんですけど、まず大きく分けて、赤、黒、白の違い。赤はスタンダード、白は柔らかい、黒はハード、と使用感が分かれています。
その時点で全然違いますし、さらにローリングタイプや、先端刺激に特化したシリーズまで。カップは外側が硬く、握力があまり伝わらないので、微妙な使用感の違いを細かく分けて製品化した、という経緯もあります。

ーー使用感!

 

そうです。さらに、もっと手のぬくもりとか、手の感触とかを感じたいというニーズには、エッグシリーズやポケットシリーズでお応えしています。ちなみにエッグって、どういうものかご存知ですか?

ーーすいません、不勉強で。

 

これ、小さいので、パッと見は亀頭にかぶせるだけかなって思われがちなんですけれども、根元まですっぽり覆って使える商品なんですよ。そしてなんと、裏側にこういうディテールがあるんですね。

卵の中からもちもちの物体が!

 

裏側のディテールがすごい

 

女性器の代用品ではない!TENGAのこだわりすごすぎる

ーーそ、それは女性器を模しているんですか?

 

いえいえ、TENGAの製品は女性器を模してはいないんですよ。たとえば最近新しく出たものなんかは、技術の粋を結集したディテールです。

ーーTENGAは、女性器の代用品ではないんですね。

 

そうですね。中の形状は複雑で、好みがほんとうに分かれます(笑)。

 

ーーすごい。でも男性がこれにはまったら結構抜けられないかもしれないですね。
うちの社員も言ってたんですが、カップシリーズのプレミアムに入っているローションもすごいそうで。

 

ありがとうございます。嬉しいですね〜。カップも使い捨て商品としては決して安くはないんですけど、こだわっていますよ。そんなこんなで、もうアイテム数が女性向けや一般商材合わせて120種類以上あります。コレクターの方もいらっしゃって、たとえば繰り返し使えるシリーズとして「ホールシリーズ」というのがあるんですけど、これは新製品を発売するたびにモニターキャンペーンをおこなっているんです。
だいたい50〜100名くらいの方に発売前に使っていただき、そのレビューを公開しているんですけど、その文章がもう専門家のようで。熱い思いを持って色彩豊かな文章をいただいているので、嬉しい限りですね。

ーー食べログにおける有名レビュアーみたいですね。

熱烈レビューが殺到するホールシリーズは、洗って繰り返し使える高級TENGA。見た目はオブジェや家電のよう

 

TENGA is not 秘め事。もっとオープンに!

ーーではまた違う質問に。彼女や奥さんにバレないコツって何かありますか

 

うーん、隠しやすいという点では、携帯用のポケットタイプを使うのが一番でしょうね。カップとかは大きいので、バレる可能性は高いでしょう。それ以前に、既婚者や同棲カップルの場合は「オナニーする場所ない問題」が存在しますが……。

ーー確かに!

 

皆さん自宅だとトイレとかお風呂場しかないですし、さもなければ個室ビデオ屋さんへ行ったりで苦労していらっしゃると思うんですけど、TENGAの存在についてはよっぽど奥さんや彼女さんが性的なことに強い嫌悪感を持っていない限り「これ気持ちいいらしくて、友達にもらったんだよね」とかふつうに言っちゃうのがいいんじゃないかと思います。

ーー男なら潔く!ですね。女性向けやカップル向けのグッズもたくさんあるんですよね。

 

はい。弊社はもともと男性向けのマスターベーショングッズが出だしではあったんですけれども、「世界中の人の性生活を豊かにしたい」という思いが非常にあったので、女性向けもカップル向けも当初から展開していくつもりでした。

隠れた名品「SVR」

 

まずこれがカップル向けの「SVR」というバイブレーターです。輪っかの部分に男性器を入れて、輪っかについているローター部分を振動させると、挿入したときに女性器の外側に当って気持ちいい、というアイテムなんです。とくに大々的なキャンペーンをうたなくとも、着々と売れている商品ですね。

ーーこれは…男の僕が言うのもアレですが、気持ちよさそうですね。これもシンプルですが、TENGAさんの女性向けグッズは、TENGA以上に可愛いものが多いですよね。

 

女性向けシリーズはirohaというんですが、デザインは非常にこだわっています。もともとバイブが好きで買う方は全然いいんですけど、やっぱり勇気が出ない、みたいな人にとっては、部屋に置いておいても猥雑感がない物がいいんじゃないかと思って作っています。

ーーおすすめの商品はありますか?

 

TENGA 広報さんオススメ! 女性向けアイテムはこちら!

左から、YUKIDARUMA、YORUKUJIRA、RINGOTORI

 

一番人気なのはYUKIDARUMAですね。
膣の入り口辺りが刺激されたりとか、ちょっと押し付けたりもできるんで、これでどこが気持ちいいかを探ることができます。
後はこのRINGOTORI。フォルムがなだらかなので、女性器にすごいぴったりフィットするんです。女性って、「クリトリスが気持ちいい」とか「中が気持ちいい」という、中派、外派に分かれがちなんですけど、個人的には小陰唇とか全部ひっくるめて性感帯じゃんという気持ちがあります。これは全体的に押し当てて刺激してあげられるので、開発にはもってこいっていう感じですね。
あと私の推しirohaはこのYORUKUJIRA。
本当にクジラをモチーフにしていて、色んな所に沿わせたり、挟めます。この挟む刺激っていうのが、私的にはとてもおすすめ。甘噛みさせてなぞると言う感じですね。

 

ーーということは、むしろ隠すより一緒に使うほうが、カップルの夜の生活も盛り上がっちゃうわけですね!?

 

そうですそうです。実際に、irohaは男性がパートナーの女性にプレゼントする例も非常に多くて、「一緒に使いたいけど、引かれないためにはどうしたらいい?」という相談を、飲み会でされることもしょっちゅうあります(笑)。

ーー確かに、自爆は避けたいです…。

 

おすすめの導入としては、もうパッケージから出してテーブルに置いちゃうことですね。それで、彼女が「なにこれ?」と手にとってくれれば、もちもちっとしてマッサージグッズみたいなので、「あれ、これ気持ちいいね〜」となるはずなんです。そこで、「いや実はローターなんだよね」と種明かしをすれば、彼女もかわいいとか気持ちいいと言った手前、「なにそれ、気持ち悪い!」とはまずならないと思うんですよ。

ーーデザインにこだわっているからこそ、できる作戦ですね!

 

あとは、すごく大事だなと思うのが、男性のほうに、アダルトグッズを使うオンナ=異常にスケベなオンナ、という思い込みもあったりして、また厄介なことに「このスケベが!」と罵倒することも好きな男性というのもいるんですよ。

ーーそんな男がいるんですか。自分はいろんなアダルトグッズにお世話になっているくせに!(しらないけど)

 

実際に言われたことがあるかどうかは別として、「女性に対してそう思い込んでいる男性もいる」ということを、女性は無意識に感じ取っていると思います。でも、当然不愉快ですよね。無理なプレイもさせてくれるスキモノ扱いされたくない、という気持ちは当然あるわけです。だから、そういう意味ではなくて、「これは二人のセックスにとってすごくいいものであるし、あなたに気持ちよくなってほしいから使いたいんだ」というところまでちゃんと説明するというのは、女性の警戒心を解くためにもすごく大事だと思います。

ーーそして、TENGAやirohaを隠すのではなく二人の性生活に役立てる。なるほど。

 

美人広報の西野さんがTENGAに転職した理由とは!?
TENGAとの出会いを次のページで公開!
1 2




RELATED POSTS / 関連記事


test

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事