更新

うわっ、足、クサ……。足の臭いを消す6つの方法



test

突然ですがクエスチョン。あなたには以下のような悩みはありますか?

□ 足の臭いが臭すぎる
□ 洗っても洗っても臭いが落ちない
□ 居酒屋の座敷席などで靴を脱ぐとき、靴下からのキツイ臭いが気になる


このうち、1つでもチェックがついた人は必読。
足の臭いは長年私たちを悩ませる大問題。臭いの原因は一体何か、どうすれば足の臭いを消せるのか、足の臭いを消す方法を「素足」「靴」「靴下」の3つの観点から徹底解説!!
しつこい足の臭いとおさらばしましょう!
※2019/05/09更新

うわっ、足、クサ……。足の臭いを消す6つの方法

1. 原因は”汗”じゃない? 足の臭いの「本当の原因」はコレ!

 

足の臭いの原因、多くの人が足付近でかく「汗」だと思っているようですが、
実は原因は汗そのものじゃないんです。
なぜなら汗自体は無臭だから。汗の臭いが気になる代表箇所であるワキガはアポクリン汗腺が原因ですが、足の裏にはエクリン汗腺という、全身に広く分布するいわゆる「ふつうの汗腺」しかありません。
では、足の臭いの原因は何なのでしょうか?本当の正体は以下の通り!

 

◆ 足の臭いの原因=雑菌

足が臭くなるプロセスは、

汗をかく(汗そのものは無臭)
汗を栄養に菌が繁殖
菌が繁殖するときに老廃物として「臭い」を出す


臭いの原因は、汗そのものではなく汗を栄養に繁殖した雑菌!

 

ちなみに、足の臭いの原因となる雑菌の成分は、そのほとんどがイソ吉草酸という脂肪酸です。
イソ吉草酸は、皮膚の常在菌が角質や汗などを分解するときに発するもの。
ちなみに納豆も、大豆が発酵する過程でこのイソ吉草酸を発し、これが納豆独特の臭いのもととなっています。
足の臭いが納豆の臭いと似ている、と言われる要因はイソ吉草酸にあるようです。おそろしい。

◆ 足が臭くなりやすい理由

足が臭いのは、そもそも汗腺の数が多く汗をかきやすい部分である上に、仕事中はほとんど靴の中に押し込められ、ムレっぱなしになってしまうこと。
1日で足はコップ一杯分の汗をかくともいわれています。
靴下を履き、その上に靴を履く。そして歩いたり走ったりするなど、日常生活を過ごしているだけで靴の中の湿度は100%に。
じめじめとした高温多湿な場所では、汗もかきやすく、菌は繁殖しやすいというわけです。

 

▼ 足の臭いの原因をもっと詳しくチェック

【参考記事】『足の臭いを消したい!足の臭いをなんとかするSOSメソッド【脱いでもイケメン!】

◆ 角質も臭いの原因

体重を支える足の裏の角質は、顔などに比べておよそ5倍ほどの厚さ。そのため、古くなった角質がいつまでたってもはがれにくく、当然その分の老廃物を溜め込んでしまいます
雑菌は、角質の主成分である「タンパク質」をも栄養にして繁殖するため、それが原因で足が臭くなるのです。

 

▼ 足の裏の臭いが気になる人は、「角質」が原因かも

【参考記事】『足の臭いの原因は角質?くさい足を改善させる角質ケア法!
足の裏の臭いを消す方法の詳細はコチラ!
1 2


モニター募集

RELATED POSTS / 関連記事


test

RELATED POSTS / 関連記事