更新

タッキーが白髪染めモデルに!メンズ「初めての白髪染め」でビシっと若返ろう!



test

あのタッキー(滝沢秀明)が白髪染めのCMに出たことに驚いた人は多いと思います。どういういきさつで出演にいたったかは分かりませんが、おそらく、メーカー並びにCM制作者が、「白髪染めを若い男性にもっと知ってほしい!」と考えたのだと推測。白髪染めがより若年層に…そして身近になっていく予感。あなたは白髪染めに対して、どのくらいの知識がありますか?

メンズの「初めて」の白髪染め――綺麗に染めて、ビシっと若返ろう!

1.手っ取り早い若返り方法、それが白髪染め

 

例えいくつだろうと、ちらちらと白い毛が目立ち始めた頃が一番対処に困りますよね。
一気に真っ白になり、ダンディでクールな印象になれば問題ないのですが、中途半端に白髪が顔を出している状態は、それこそ老けて見えますし、清潔感もなくなりますし、ずぼらに見られます。つまり難点だらけということです。

「よし、じゃあ初めて白髪を染めてみるか!」

と決意したものの、白髪染めについての知識がなく、どうすればいいのか、どんなやり方があるのか全く分からない、とそんな方が多いことと思います。

そこで初めての白髪染めに失敗しないために、確かな情報、やり方を身につけてほしいというのがこの記事のテーマ。
加えて、女性の白髪染めを紹介するサイトはたくさんありますが、男性(メンズ)の白髪染めを紹介するサイトは、毛髪活性化サイト(育毛剤)に比べ格段に少ない、とそう思ったのがこの記事を書こうとしたきっかけです。
スムーズに白い毛を染め、がらりと印象を変えてみませんか?

 

 

2.早い人は三十歳前後から白髪染めをしている

 

白髪は同じ箇所に密集して生えるパターンが多いため、白と黒という色素の関係をより際立たせる、つまり過剰に目立ってしまいます。
また、ぴょん、と跳ねるように生えていくため、しっかりとブラッシングをしても時間が経てば浮いてくる厄介者。
ストレス過多社会のせいか、頭髪に影響がおよび、早い方は三十代半ばから白髪染めをするそうです。
何が言いたいかというと、(白髪染め=老い)、と考えるのはナンセンス、とまずは気付いてください。

 

○染めようと思った時が白髪染めの最もふさわしい時

 

2、3本程度なら、抜いて対応できますし、あるいはペンタイプの白髪隠し(下記で詳しく記載)で処理でき、染める必要はないですが、鏡を見て、「あ、白髪」「ここにも白髪」といった状態になれば、自分が思っている以上に白髪が目立っている、という解釈で間違いないです。

つまり、染め時、ということです。

自身の年齢を考えることで障害を作り、「まだいいよな」といった考えを持つのではなく、「とりあえず染めてみようかな」という軽い感覚で初めての白髪染めを体験してほしい、と考えます。
思った時が1番ふさわしい時、それが白髪染めなのです。

 

3.白髪の染め方はひとつではない

 

白髪を染めるといっても、方法はひとつではなく、様々なやり方があります。
今は技術、あるいは商品がしっかりしているので、NGな染め方はない、と言い切れるのですが、メリット、デメリットはそれぞれに存在します。
自分はどのタイプがいいか、正確に言えば今の自分はどんな染め方がいいか、それをまずは見極めることが大切となります。

 

 

いざ白髪を染めよう!どんな方法があるのか?次のページで完全解説!!
1 2




RELATED POSTS / 関連記事


test

RELATED POSTS / 関連記事