更新

珍宝館(館長の本名は清水珍子)に行ってきた!マツコの「月曜から夜ふかし」で話題の珍名所



test

マツコの「月曜から夜ふかし」で話題の珍宝館に行ってきました。
チ◯コを崇める名所と聞くと、不謹慎とか性欲とかマニアとかそういう言葉を連想しますが、わりとマジメにおもしろい!
名物館長の下ネタはオチがちゃんとあってエンターテインメントとして成立している。
はたして館長の正体とは? 年齢は? 何が展示されているのか?そんな様々な謎を解明しちゃいます。※2019/05/07更新

珍宝館(館長の名前は清水珍子)に行ってきた!マツコの「月曜から夜ふかし」で話題の珍名所

 

▶▶館長も納得の仕上がりです(笑)

【注目記事】『自分に自信を持つために!包茎治療におすすめのメンズクリニックランキング!!

自分に自信を持つために!包茎治療におすすめのメンズクリニックランキング!!

 

珍宝館(館長の名前は清水珍子)に行ってきた!マツコの「月曜から夜ふかし」で話題の珍名所

1. 清水珍子さんが館長を務める珍宝館はどこにある??

 

TV番組「月曜から夜ふかし」で取り上げられTwitterのトレンド入り。…何かと話題の珍宝館は観光名所として名高い群馬県・伊香保温泉の近くにあります。
はっきり言って行きにくい(笑)。

駒寄インターから約5km、渋川・伊香保インターから約10kmのところに位置し、伊香保温泉でお馴染みの石段街のあたりからは車で15分ほどなのでマイカーが無いとなかなかアクセスは難しいです。

ラブホと山林が立ち並ぶ上毛三山パノラマ街道沿いに珍宝館は存在します。

カップルで訪れてみるのも良いですが、「月曜から夜ふかし」でも団体様が到着していた様子が放送されていたように、男女混合でもいいからグループでワイワイと行くほうが楽しめるはず。

インスタもTwitterもやってない私は、SNSでレポを発信する手段すらないため、取材がてら、という名目で乗り込んだのはちょうどよかった感じです。自らの希望で行ったわけじゃないと言い訳をするために。

 

■珍宝館とは

 

珍宝館は群馬県にある性風俗や人間の性・性行為などに関する珍品・秘宝を収蔵するいわば性のミュージアム

似たような施設でいえば熱海にある熱海秘宝館なんかも有名ですね。
温泉街を中心にかつては全国各地に秘宝館をはじめとした多くのスポットが存在しましたが、バブルの崩壊や社会の移り変わりにより観光客は減少。

秘宝館のほとんどは閉園を余儀なくされてしまい、日本に現存するものは珍宝館を含め数えるほどとなってしまっています。そういった意味では貴重な施設なんですよ!

 

2. 珍宝館館長の清水珍子さんの下ネタガイドはちょっぴり泉ピン子テイスト

公式ホームページに

「日本一のパワースポット」
「区、内、町 御用達の珍宝館」


と書かれていたので、覚悟を決めて行ったのですが……。
「私は館長のマン長です、名前はちん子です」と初っ端から怖かったw

そう、この方がこそが珍宝館の館長兼マン長を務める清水珍子(しみずちんこ)さん。名前からもう下ネタです。
「江頭2:50さんにエガ遺産として認定してもらったんです」って…、館長、よく意味がわかりません!

総展示物は3500点というだけあって、たしかに館内は下ネタ展示物でいっぱい。大量の春画をはじめ、アレやアレを想像させる珍石・万石や拝むと下の病気にかかりにくくなるというべべ観音など最初から最後まで所狭しと並ぶ展示物。展示物というより、グッズテイストのものも多いです。

そしてそんな珍品の数々をちん子館長が解説・説明してくれます。これこそが珍宝館一番の名物。
長い棒の先にチ◯コのオブジェをつけたものを手にスラスラと解説してくれる姿はマン長というだけあってさすがです。隅から隅まで下ネタ尽くし。
時事ネタを混ぜた下ネタトークにお客さん(の下)いじりと館長の下ネタマシンガントークは止まりません。最初は怖かった印象も気づけば忘れ去られ、まさしく抱腹絶倒といった場の盛り上がり。だんだんとクセになってきます。
建て増しできるくらい集客しているのも納得ですね。

あ、なぜ泉ピン子っぽかったかというと、赤いジャケットを着て「ぴったんこカン・カン」に出ていた姿と館長がダブって見えたからです。ちなみに年齢は? と聞いても次の下ネタ解説を始められて回答はいただけませんでした。

 

3. マツコも爆笑の珍宝館で館長と写真が撮れるが、ここでも下ネタ!

 

大久保佳代子、江口ともみの股間もギュッとさわってガイドをしている写真が有名ですが、私にもキッチリやってくれました。一緒に写真をとるとやってくれるみたいです。

遠慮がちにさわられたらキモいと思うけど、ギュッと握るほどの勢いだったので笑えました。ちなみに館長のゴッドハンドにはチン運・マン運をダイレクトに上昇されるご利益があります。

 

■珍宝館施設紹介

 

群馬県群馬郡吉岡町上野田2109 ℡0279−54−5956
8:30~17:00 年中無休  
珍宝館公式サイト http://chinpoukan.com/index.html


営業時間もすごい!朝8時半から下ネタ見て下ネタ聞くって濃すぎます、珍宝館。
年中無休……熱海の秘宝館とは次元が違う圧迫感が営業時間からも伺えます。

そしてそんな珍宝館ですが、なんと18禁ではありません。たとえ中学生以下であっても保護者の同伴があれば入場可能です。ちなみに中学生以下は入場無料。いやいや大丈夫なのか!?

 

名物館長・清水珍子さんの全て!

 

あまりにも真顔・真剣な顔で下ネタを連発しつづける清水珍子さんは一体なにもの?(笑)
そんな気になる館長兼マン長のすべてを大公開!意外すぎる恋愛遍歴や仕事持論についてもご紹介します!

 

◆清水珍子さんの魅力って?

 

非常に気になるのが、館長のマシンガントークのすべてに下ネタが含まれているということ!その話術というか、コミュニケーション能力はどうしてそんなにスゴイのだろうか…。

文字にするのも難しいくらいの下ネタを、第一声でも構わずぶち込んでくるそう…それは名物になりますよね…。さすが「性の案内人」!

全力投球の下ネタをお客さんに投げ、イジる。普段出会うことのないような下ネタを言われてお客さんもタジタジ。だからといって、馬鹿にすることはなく、毒舌のなかにユーモアがあるような話術は、誰にも真似できない彼女だけの魅力でしょう!

◆珍宝館の始まり

 

まずはどうして珍宝館を作ろう思ったのか、について解説していきたいと思います。

館長の珍子さんは結婚後食堂を開き、そこで旦那さんのマスターの趣味だった「珍品」を店内に飾るようになったのがすべての始まり。(どんな食堂…笑)

そして、“いつか夫婦で珍宝館を開こう”と約束したそう。
念願叶って、珍宝館を開園でき、物珍しさがウケて徐々に大繁盛していったそうです!
とはいえ、周りや近所の人から白い目で見られたこともあったとのことでしたが、繁盛してたので珍子さんは気にしなかったとのこと。

ちなみに、珍宝館のオープン当初はそこまで繁盛しなかったそうですが、とあるテレビ番組で紹介されたことがキッカケで人気に火が付いたそう。
珍子さんが話す言葉ほとんど放送できなかったので、気になった視聴者が次々に足を運ぶように(笑)

◆清水珍子さんの恋愛遍歴

 

下ネタを連発させる女性とは思えないピュアな恋愛遍歴だったんです。

珍子さんが愛した男性は、後にも先にもマスターだけだそう!…意外すぎる!!
何十人も経験人数がいて、恋愛も派手にしていたような女性のイメージを勝手に抱いてしまっていましたが、勘違いだったようです!

珍子さんが切り盛りしていたお店の常連客だった男性(マスター)と出会って、恋愛をして、一緒に珍宝館を作り上げたんですよ。

◆意外にも熱い仕事論

 

珍子さんは下ネタが大好きで、珍品も大好き…ってそんなこともないみたい。
全然興味もないし、仕事だから集めてるそう。
“10点20点とか少ない展示数だとダメだから片っ端から集めた”と話していて、もはや努力の塊。
いっぱい展示があったほうがお客さんは喜ぶからと、なんともシンプルな理由だった。

しかも、仕事以外では下ネタどころかほとんど話さない珍子さん。
お笑いやコメディも好きじゃないとのこと。ますます謎は深まりそうですが、仕事だから興味がないことでも話すし、お客さんのことを第一に考えているということが見えてきませんか?

話すのが苦手でも仕事だから、下ネタもコメディも興味ないけど仕事だからしっかりとこなす珍子さん。そんな、意外にも仕事に熱い一面があるのも珍子さんの魅力ですね!

 

4. 2016年にリニューアル! 清水珍子館長の拝み所へのこだわりがパワーアップ

 

子宝観音のリアルな佇まいにひるんでいてはリニューアル後の広い会場の全てを観て回れない!
春画もそうとうキテるものが展示されているので、凝視しないでテンポよく歩みを進めるのが攻略の秘訣のようです。

帰りは伊香保温泉まで足を伸ばして温泉の浄化作用に甘えるといいでしょう。(笑)

 

 



モニター募集

RELATED POSTS / 関連記事


test

RELATED POSTS / 関連記事