更新

「教育」と「育成」の違い――トップアスリートの指導者から学べ!



test

みなさんは「教育」と「育成」の違いを知った上で使い分けられていますか?今回は育成のプロでもあるトップアスリートを指導するトレーナーにスポットを当てて紹介していきます。ひと例先に出せばロマゴンというアマ時代87戦全勝、プロ時代46戦全勝(38KO)だったボクサーが47戦目にして初黒星が付きました。誰もが敗戦の想像すらできなかった絶対王者に一体何があったのか――ひとつ明確なことは、デビュー時からの指導者(トレーナー)が昨年他界、つまり恩師不在で挑む初の試合だったということです。

「教育」と「育成」の違い――トップアスリートの指導者とは

1.トップを走る者の影には必ず有能な指導者がいる

自身の才能と能力だけでトップに登れるものではない!

 

冒頭でお書きしたロマゴンの話もそうですが、歴代最強ボクサーと言われるマイク・タイソンも、名トレーナーであったカス・ダマト氏が亡くなったことにより、精彩を欠いた試合展開、言わば上昇から転落の道を歩みました。

指導者は選手の命運を握っていると、そう思わずにはいられません。

それはボクシングだけに限らず、日本人メジャーリーガー進出を当たり前にした立役者、野茂英雄氏、つまり野球に関しても言えることで、彼の代名詞でもある『トルネード投法』を、当時の指導者だった鈴木啓二監督は、
「投球フォームを改造しなければ、いずれ通用しなくなる。その時に頭を私に下げてこられるかどうかだ!」
と痛烈批判をしていました。
もし彼の言う通りに(フォーム変更を)していれば、野茂英雄氏の人生が多少なりとも変わっていたことでしょう。

同じ野球で言えば、メジャーリーガーのイチローにも言えます。
オリックス・ブルーウェーブ(現オリックス・バファローズ)に入団したその年、1軍首脳陣に自身の打法(振り子打法)を批判され、そして何より土井正三監督との険悪な関係、もっと言えば先見性がなかったことにより、イチローは1軍に定着することはありませんでした。
ウエスタン・リーグ(いわゆる2軍リーグ)で、打率.366で首位打者を獲得したのにも関わらずです。
イチローが誰もが知っているあのイチローになったのは、デビューから3年後、2軍打撃コーチの河村健一郎氏のおかげであり、土井正三氏の後に監督となった仰木彬氏のおかげです。
つまり、指導者、トレーナーが変わり、イチローは世に出たということです。

トップを走る者の影にはこうして必ず有能な指導者がいるのです。

 

 

2.有能な指導者とは「教育」と「育成」を使い分けている

相手の才能を見極め、伸ばす事や補う事まで緻密に計算ができる

 

もちろん「才能がある者は、誰のもとにいようといつか花開く」ということも言えます。
そもそも圧倒的な才能や能力があれば、いずれは、といったものですが…。

しかし、成長期においての指導の仕方で到達点が変わってくるのは明らかですし、それに誰もが足踏みのような人生は送りたくないことでしょう。
あるいは、「いずれは」の前に、指導者に見る目がなかったために、その道を断念してしまう人(自分には力がないと勘違いしてしまう人)が出てくる危惧も想定できます。

やはりトップを目指すアスリートに指導者は絶対に必要なのです。

ではアスリートの道を切り開く、先行きの明るいものにできる有能な指導者とは一体どんな人なのでしょうか?
それは間違いなく「教育」と「育成」を使い分けられる存在です。

 

 

3.教育と育成の違いとは?

教育は教えるだけ。では育成とは?

 

まず挙げられるのは、有能な指導者は「育成」をしていることが言えます。
「教育」ではなく「育成」なのです。

「教育」とは知識を与え、基本技術の習得だけを目指したもの。
一方「育成」は上記にプラスして、育て上げる、つまり未知の可能性を見つけること、潜在している才能などを引き出し、伸ばすことに着目しています。

共に、「成長させる」という目的は同じですが、ゴールの場所(目標)が違うのです。
育成は「開花」させることがゴールなのです。

仮に時間割(スケジュール的なもの)がなくとも、乱暴な言い方をすれば何も考えなくても教育はできますが、育成に関しては、緻密なスケジュール、段階(課程の構成)、すなわち頭を使わないとできないのです。

加えて言えば、教えたことに対し、相手ができなければ、「何でできないんだ!こうしろと教えたろ!」と一方的な感情をぶつけることが教育であり、「どうしてできないんだろう。どういう教え方をすればいいんだろう」と考えること、悩むことが育成であり、そしてこれが有能な指導者の条件なのです。

 

 

4.有能な指導者は、自身の見る目・才覚に絶対を付けない

技術だけでなくメンタル面でも支えになる

 

「俺は見る目がある!」「俺なら出来る!」と信じること、自身に発破を掛けること、それはとても大切なことです。
ですが、有能な指導者に関してはやはりここでも、考え、悩んでいます。
絶対を付けません。

「私の見る目は間違っていない」と信じつつ、決して極端な考えにはならないのです。
自身の思念なり判断なりを常にもうひとりの自分が疑っているのです。
結果、これが正しいやり方! 指導方法! と決めつけないことにより、育成方法すらも成長させているのです。

 

次のページでは、あの学生駅伝で偉業を成し遂げた「青学」原監督のコーチングを紹介!
1 2




RELATED POSTS / 関連記事


test

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事