更新

電子タバコIQOS(アイコス)のデメリット&体への害はあるのか?【新発売ploomTECH】

test

3. JTから“Ploom TECH”発売!IQOSに次いで売り切れ続出!?

IQOSよりも優れている?! JT発の電子タバコ

 

IQOSブームの後発、2016年3月にJTからPloom TECHが発売されました。 こちらも「クリアなタバコの味わい・煙のにおいがない・灰も出ない」とIQOSに似た宣伝文句でデビュー。 販売当初は売り切れ続出で、販売体制を立て直すため一時販売中止になっていたほど。 2018年5月現在で確実に入手できると言えるのはJTが運営するオンラインショップ「Ploomショップ」です。IQOSとPloom TECH似ているようでどこか違うPloom TECHの特徴をまとめてみました!

 

【Ploom TECHの特徴】

 

・タバコ葉を直接加熱しない

これはIQOSとの一番の違いになります。Ploom TECHはタバコ葉を直接加熱せず、バッテリーでカートリッジ内のリキッドを霧状化します。 そして、タバコカプセルを通過させてニコチンを摂取する仕組みです。


・携帯性が◎

タバコカプセルと本体を入れる専用のケースがあり、本体だけならボールペンサイズで持ち運びが便利です。灰皿を持ち歩いたり探す必要もありません。


・ニオイもほとんどない!

IQOSは「少し焦げ臭い」様なニオイが残るのに対し、Ploom TECHは「無臭」と言っていい位、ニオイが無いといわれています。


・連続で吸ったり、ちょい吸いが出来る

吸った時だけ電源が入る仕組みなので、カプセル1つ分の50吸いなら、吸いきるのも2~3口吸いだろうと関係なし! 自分のペースでの喫煙が可能です。


・吸った感じは軽め

普段重めのタバコを吸っている人やIQOSも試した人の中には、吸った感じが軽い…と感じる人が多い様です。 味もIQOS同様、独特です。好みは人それぞれですが。


・IQOSに比べ価格が安い?

本体価格はスターターキットが定価4,000円(税込) 。
バッテリー、USBチャージャー、ACアダプター、キャリーケースが含まれます。
たばこカプセルは1箱 460円です。

 

4. IQOSやPloom TECHで果たして「禁煙」できるのか!?

禁煙したいならどちらもNG!!

 

◆結論から言うとNO!

どちらにもニコチンが入っているので、依存性があるのは確かです。 しかし、タバコ葉を燃やさない事で有害物質を大幅にカット出来ているのは有り難いこと。
さらに、水蒸気なので非喫煙者への受動喫煙問題という面でも多少の配慮もうかがえますよね。 「たばこ関連の体へのリスクをなくすためには、IQOSもタバコもやめること…」とメーカーからも発表されています。 禁煙!と心に決めたなら、医療機関に相談し禁煙外来できちっと“ニコチン”とオサラバするのが1番ですよ!!

 

◆タバコの害を気にするなら…

 

IQOSやPloom TECH、はたまたgloと加熱式タバコはこれからも増え続けていくでしょう。自身の健康に害を及ぼすことはもちろん、非喫煙者の健康まで脅かす喫煙習慣は近い将来、禁煙への道を歩むことになるはずです。医療機関での禁煙外来へのハードルが高いなら加熱式タバコ型の代替品的なもので禁煙に挑戦してみるのもアリです。喫煙者にありがちな口さびしい状態を少しでも緩和できるフレーバーミストも流行の兆しがあります。

 

C-Tec DUO スターターキット

価格:2,484円(税込)
メーカー:C-Tec

ニコチンを一切含まず、カートリッジ内のリキッドを蒸気化し、霧状の煙を吸引しフレーバー(香り)を楽しむフレーバーミストです。(ビタミンC配合)

 

電子タバコIQOS(アイコス)のデメリット&体への害はあるの?

  • 1.IQOSも体への害はゼロじゃない!
  • 2.ユーザーになる前にIQOSのデメリットを知ろう!!
  • 3.IQOSもPloom TECHも禁煙はできない!きちっと禁煙するなら病院へ!

 

MAIQOS

IQOSやPloom TECHは画期的!!だけど害はあります… 。

編集者歴16年。現在はフリーエディター&ライターの有閑マダム。新しい美容道を求めてグローバルに武者修行中。忙しい日常のなかでも“レディ”な部分は大切に死守。アンチエイジングの鬼。モテの指導教官。

1 2


test

RELATED POSTS / 関連記事