更新

耳たぶのしこりが痛いのは…【耳ニキビ】 or 粉瘤(アテローム=良性の腫瘍)!?



test

ふと耳を触ったら激痛が…!もしかして…耳ニキビ!?
意外かもしれませんが、耳たぶや耳の中は、実はニキビができやすいエリアなのです。
さらに、ニキビだと思っていたら腫瘍だった!…という驚きのケースも少なくありません!
耳にできたしこりは一体何なのか?気になる疑問を解決していきましょう!
今回は、意外と怖い(!?)『耳ニキビ』の原因と治療法、さらには腫瘍と判断できる見分け方もレクチャーしていきます!※2019/04/15更新

耳たぶのしこりが痛いのは…耳ニキビ or 粉瘤!?

1. そもそもそのしこりって耳ニキビじゃないかも!粉瘤って?

長引く場合は気をつけて!

 

なかなか治らずに長引いているとしたら…それって耳ニキビじゃないかもしれません!
治癒が長引いている場合の対処法と、耳ニキビじゃない例もご紹介しますね。

▼ しこりのある耳ニキビ。完治しないならすぐ皮膚科へ!

セルフケアをしているのに1週間以上経っても炎症が続き悪化した場合は、早めに皮膚科や耳鼻咽喉科に行ってください!
どちらに行けばよいか分からない時は、まずは電話で現在の症状を相談してみればOK。

▼ そもそも耳ニキビじゃなくて「粉瘤」かも…?

 

耳の粉瘤(ふんりゅう)

なんだかポコッとできちゃってるけど、何故か触っても痛くない(※場合によっては痛い)…。
それはニキビではなく、粉瘤(ふんりゅう)と呼ばれるものかもしれません。

■ 粉瘤(=アテローム)とは?

粉瘤(=アテローム)とは、本来皮膚から剥げ落ちるはずの角質と皮脂が、剥げ落ちずに袋の中にたまってしまってできた腫瘍のこと。
袋の中には老廃物がたまっていて半円状に膨らんでおり、赤く炎症すると痛みを伴います。
身体のどの部位でも粉瘤は発生しますが、耳は特にできやすい部位。
発生原因ははっきりと判明していませんが、粉瘤が多発する場合は先天性の体質であることが多いです。

 

■ 粉瘤と耳ニキビの見分け方

大きさ

ニキビの場合はどんなに悪化しても数ミリ程度の大きさ。それに対し、粉瘤は数十ミリ、数十センチにまで大きくなる可能性あり

真ん中に黒い点があるかどうか

粉瘤には、中心に「開口部」と呼ばれる黒い点のようなものがある場合が多いです。この黒い点は、ニキビにはありません。
しかし、ニキビが黒ニキビだった場合は見分けが難しくなります。

悪臭がするかどうか

粉瘤は、袋の中に老廃物がたまっているため悪臭を放ちます。一方でニキビは臭いがありません。

年代と部位

そもそもニキビは、10~30代の顔面、上背部、前胸部に見られることが多いです。そのため、耳にニキビができたと思ったら、その特徴をチェックしたうえで「粉瘤」の可能性も考えましょう。

■ 粉瘤の治療法

 

粉瘤は、ニキビと違いセルフケアで完治させることは不可能。
粉瘤かなと思ったら、すぐに皮膚科へ行きましょう。
治療するには、医療機関で手術し袋ごと除去するか、切開で膿を出す必要があります。
袋ごと一緒に取らないと再発する場合があるので医師の説明を必ず聞き、わからないことは質問をするようにしましょう。

 

■ その他の腫瘍の可能性は?

 

耳にしこりができるパターンはニキビや粉瘤以外にもまだまだ存在しています。耳付近にしこりがあって、ニキビでも粉瘤でもない場合には下記の症状を疑ってみてください。

・肉芽

肉芽(にくが)あるいは肉芽腫は体内に入った細菌などの異物を隔離するために作られる腫瘍のような症状。
耳にできる場合はピアスが原因で出来る場合が主です。
ピアスを清潔な状態に保つ、金属ではなく樹脂のものを使用する、そもそもしばらくピアスをつけない、などの対応をすることで改善されていきます。

放っておくとかなりの大きさまで成長する場合もあるので、良くならない場合や綺麗に治したい場合には病院で診察を受けましょう!

・耳瘻孔(耳前瘻孔)

粉瘤とよく似た症状が現れるのが耳瘻孔(じろうこう)、または耳前瘻孔(じぜんろうこう)と呼ばれる病気です。
耳のやや前あたりに現れる場合が多く、小さく穴が開いているのが特徴です。
遺伝による先天的なものなので痛みや腫れなどが無ければ気にすることはありませんが、体調不良などで抵抗力が弱ってしまうと膿が溜まって腫れてしまう場合があるので要注意!
その場合は病院へ行き治療してもらう必要があります。

・リンパ節炎

細菌やウイルスなどがリンパ節に感染するとリンパ節が腫れあがりしこりができます。
首のあたりにできることがほとんどですが、耳の付け根付近に現れる場合もあるのです。
咽頭炎や扁桃炎など喉付近の感染症と併発することが多く、押すと痛みが伴います。
病気が良くなればそれに伴ってしこりも小さくなっていきますが、まれにリンパ節が硬くなって慢性化してしまう場合も。

長引く場合は他にも悪性リンパ腫など重い病気の可能性もあるので、不安なら病院で診断を受けましょう

・耳下腺腫瘍

耳下腺(じかせん)は耳の下にある唾液を作るための器官。耳下腺腫瘍とはその名の通りこの耳下腺に腫瘍ができる症状を指します。
こぶとり爺さんのこぶも耳下腺腫瘍だったのではないかと言われていますね。おたふく風邪で腫れるのもこの耳下腺です。
耳下腺腫瘍の原因は様々ですが、中には悪性腫瘍の可能性も考えられます。また小さいものもあればかなりの大きさまで成長するものまで存在しています。
悪化する前にまずは病院へ!

 

・流行性耳下腺腫瘍(おたふくかぜ)

おたふくかぜは耳下腺が腫れることで有名な疾患です。
熱発と共にしこりが確認できるのですが、自分で確認するよりも周りから教えてもらうことが多いかもしれません
おたふくかぜは重症化すると難聴になる危険があるためすぐに医療機関へと向かいましょう。

・耳介軟骨膜炎

工事現場やバイクに乗っている人が起こしやすい疾患です。
主にヘルメットをかぶった時、軟骨に傷を作ってしまいそこから細菌に感染し炎症を起こすと言われています。
予防としてはなるべく耳を圧迫しないことが1番。もし痛みがある場合は医療機関に受診をしましょう。



【まとめ】 自分だけでは見分けられない場合は皮膚科へ


耳のしこりにはニキビや粉瘤だけでなく、様々な腫瘍の可能性があることはお分かりいただけたかと思います。
しかし、どの場合にも皮膚科での受診がおすすめ。自分だけで判断がつかない場合は、セルフケアだけでどうにかしようとせず、すぐに病院へ行きましょう。
誤ってつぶしたり、いじったりすると、さらに炎症したり悪化したりする恐れも!

2. 耳ニキビの特徴と原因

皮脂の分泌はあまり関係ない!?

 

ニキビも耳にできやすい厄介ものです。
誤って触るものなら、とたんに激痛が走るし、なかなか治らないのも困りもの…。
ここからは耳たぶニキビの特徴や治療方法を紹介します。

耳ニキビは、名前のとおり耳たぶや、耳の中、耳の裏などに赤く炎症を起こして発生し、何かの拍子の触れたとたん痛みが走るのが特徴です。

そもそも耳は皮脂分泌が少ない部位。
ですので、皮脂分泌はあまり関係なく、時期的にも、思春期よりも、大人になってからできやすいニキビと言えます。
そんな耳たぶニキビの原因は、大きく3つに分けられます。

① 不衛生

耳周辺が良く洗えていない

 

耳は複雑な形をしていますよね。そのため垢や皮脂が溜まりやすい場所。そして整髪料や汚れが付いた髪の毛が、常に触れている場所でもあります。
また、耳自体を良く洗えていなかったり、シャンプーなどのすすぎ残しもニキビの原因になります。もちろんお風呂上りに濡れたまま放置しておくのNG
蒸れて雑菌が増えてしまうのです。

イヤホンやインカムの汚れ

 

イヤホンのお掃除はしていますか?
使った後→バッグやポケットに拭かずにしまう→再度そのまま使う

というルーティンを繰り返していると、どんどん雑菌が増えてしまい、その雑菌をまた耳に入れてしまうという悪循環に。同じ理由から、当然インカムなどもこまめなクリーニングが必要です。

枕などの寝具の汚れ

 

耳が常に触れている枕カバーが、汗や皮脂、さらにはヨダレなどで汚れていたりするとNG
また、洗髪後などに髪が濡れたままで寝ていると、耳周辺が蒸れて雑菌が増殖する原因につながります…。

寝具の洗濯はコインランドリーで楽々その日に持ち帰れます!

【参考記事】『今、最新大型コインランドリーが劇的進化!しつこい布団のダニだって一撃!!

② 耳の傷

 

耳は意外と傷がつきやすい部位です。
何気なく爪で引っかいてしまうこもありますが、もっとも多いケースが〝耳かき〟によるものです。一度耳の中に傷ができてしまうと、そこからさらに炎症を起こしてニキビになる可能性が高まります。
また、そもそもが傷などが治りにくい部位のため、ニキビが繰り返し発症してしまうこともしばしば…。

③ ホルモンバランスによる不調

 

ストレスや生活習慣により、ホルモンバランスが崩れると血流が悪くなります。

ストレス解消の方法は瞑想!詳細はこちらでチェック!

【参考記事】『驚異の瞑想効果!マインドフルネスストレス低減法を徹底解説!!

 

耳ニキビの治療法を次のページで解説!
1 2




RELATED POSTS / 関連記事


test

RELATED POSTS / 関連記事