• up
    早い、おいしい、ふるまわない。ふつうの「家ごはん」で大事なことだけ、集めました。まあまあ疲れていてもサッと作れ、簡単でおいしい。誰にふるまうでもない、独り、いや男一匹、自分のために作るごはんレシピです。
  • up
    美容男子編集長、松井が綴るゆる~い食レポ。オトコが漢になるために、松井が気になるあの店この店、憧れの名店へ自腹でGO! 取材にかこつけて副編集長めとき子の行きつけで奢らされてるだけという噂にも、負けないでGO!
  • up
    週刊誌インタビュアー暦10年超えのベテランライターが、突如始めた「無職生活」。20代半ばを過ぎてからゲイであることを受け入れ、30代になって仕事仲間にカミングアウト。数年を経て専属契約を辞めて絵を描いて暮らすことを決定←いまココ。ほとんど無視に近いレベルにしか返事をしてくれない超絶無口なパートナー男子との穏やかな生活やその他のアレコレをつづる日記的コラムです。
  • up
    日々のストレスにさらされて、肌荒れ、薄毛、肥満化……働く男の悩みは尽きない。健康でいるだけでも大変なのに、見た目まで気にしていたら仕事にならん! そんな超多忙メンズに送る、からだの話、こころの話。女医、松村圭子史による、男を上ゲルお役立ち情報満載のコラム
  • up
    エリ、ソデ、スソと、微妙な違いでTPOすら変わってくるシャツ。それは面倒、と思わずに基本からキッチリおさえていくことが大事です。シャツの着こなし方のサワリだけでも知っておけば、プライベートでも活躍してくれる強い味方になってくれるはず!
  • up
    お揃いのジャケットとズボンのことを、スーツと言います。上着は襟つきであり、ベストも必須で三つ揃いを指すのが正式など、あるひとによっては当然の認識も、あるひとにとってはチンプンカンプン。ここではスーツについて、全方向からわかりやすく解説していきます。飽きずについてきてください。
  • up
    ネクタイ。ボタンをとめればシャツが開いてしまうことはないのに、なぜか襟元を締め付けるヒモ状のもの。衣類小物として「必要」ではないのに、「不可欠」なシチュエーションが多い不思議なシロモノ。ネクタイに関する様々なマメ情報をご紹介いたしますので、何かのタイミングでお役にたてれば幸い。という主旨のコラムです。
  • up
    「美人カレンダー」は、美容男子のユーザーを応援してくれている女の子たち。毎日更新されている「今日は何の日??」のモデルとして登場中。彼女たちの笑顔から今日1日の元気をもらって欲しい!と魂を込めて編集長自らが撮影しています。
  • up
    誰もが気になる、”ヒト”のカバンの中身。選ばれたモノたちには、それぞれにストーリーがあるものです。消耗品から七つ道具的アイテム、お守り代わりの大事な宝など、モノを見れば持ち主の思考や人柄が推し量れるかも。ていうかみんなカバンに何入れてんの? そんな好奇心を満たしてくれる役に立ちそうで立たないかもしれない連載です。
  • up
    道を極めたひとは、強い。その強さはしなやかで美しい。内側から輝く魅力の根源、人間力の秘密の答えを探ります。
  • up
    外食=体に悪い。体に悪い=髪に悪い。髪に悪い=ハゲまっしぐら!? それはムリ。ということで、毎日弁当作って会社に持っていけば節約にもなって一石二鳥。ってなるかい! という悩めるサラリーマンの皆様へ。管理栄養士が監修するヘルシーな生活を送るための“外食のススメ”をお届けします。大好きな牛丼から毎日でも食べたいラーメン、財布に優しい立ち食い蕎麦など、注文する前にコチラをチェックよろしくです。
  • up
    「編集長が行く!」。その名の通り、編集長松井が何かを体験したり、ただただ見学したり、誰かの話を聞いたりと、わりとなんでもありのレポ連載。率直に、わかりやすく、皆様にお伝えします。目指すトコロは「味のあるオトコ」、「博識なオトコ」。単なるモテではなく、女性から求婚されるレベルまで己をブラッシュアップさせていきます! 
  • up
    東京と京都にて、ボディメイクトレーナーとして活躍中のKANAKAさん。ピラティス、ストレッチ、マスターストレッチ、ヨガ、TRX、マットトレーニング、リンパマッサージなど様々なムーヴメントを取り入れ、指導しているボディトレマスターです。そんな彼女が教える、ビジネスマンの体メンテ、ワンポイントコラムです。
  • up
    副編集長めとき子の身近にいる(または目撃した)○○な男子レポ。あるある話を「こんな男子いるいる、いるわ〜」という女性目線から鋭くゆるく解説します。
  • up
    平常時のほとんどの行動が「徳を積む」ことにつながっていると認識している辛酸なめ子さんによる、職レポです。あなたの知らない世界よろしく、なめ子の知らない世界を覗いた率直な感想をイラストと共にご紹介する連載企画です。掲載ペースは不定期ですが、2週に1度を目指します。
WHAT'S NEW / 新着記事
    いろいろと大変なおもいをした方が多数いたようで、 死とむきあう極限状態だった人もいたのだろう東京大雪の日は、 郊外のわが家周辺もそれはもうBig Snow!(60センチくらい積もった) 翌日の…
    空から初めて雪が降るのをみた人間は、いったいそれをどのように受け止めたのだろう。なんの象徴として捉えたのだろう。 もしも雪が黒色をしていたら、きっとものすごく恐ろしかったにちがいない。 そんな…
    その昔、風水の先生がその月の満月のエネルギーを体現するための過ごし方を教える、という連載の担当をさせてもらったことがある。 当時のぼくは、あまり月の満ち欠けに関心がなく、 取材時は真剣に話を聞…
    先日、わが一家での新年会のことをここに書いたのですが、読んでいただけましたでしょうか。 もしお時間ありましたら、それらにお目通しいただければうれしいです。でも、読まなくてもいいです。 ええと、…
    ”すでに書かれている”という意味の「マクトゥーブ」なる言葉をしったのは、パウロ・コエーリョさんの本によってでした。 人生とは、あらかじめなにかの意思によりデザインされている。 いつかのぼくはそ…
    こういうことが才能の有無なのかな、と感じるのだが、 この数ヶ月、ホロスコープのことをよく調べているものの、ちっとも理解が深まらないし、身につかない。 そこに才のある人がこれくらいのエネルギーを…
    わが家は1月2日に家族で集まり夕飯を食べるのが近年のならわしでして。 びっくりするくらい過去のことを忘れてしまうので超アバウトな記憶ですが、 数年前に仕事をやめてから、父がまるで別人になったよ…
    あけましておめでとうございます、と、そう誰にも言わぬまま、年があけてはや10日弱。 年末年始のブランクを利用し、この雑記のストックをつくろうと意気込んだのは一瞬で、 けっきょくひとつの記事も書…
    日々になにかしら新しいアイディアを取り入れてみることがわりあい好きなのですが、 その取り組みに際してぼくは「実験」という言葉を与えています。 いつも通るのはこちらの道だけどなんとなくあちらが気…
    きょうの自分を肯定したいな、と思う年の瀬のわたしです。 ふしぎなのか、まったくふしぎじゃないのかわかりませんが、 変わった出来事もなければ、人とのやりとりもそうない流れのなかにあっても、 冬至…