ニュー男子
週刊誌インタビュアー暦10年超えのベテランライターが、突如始めた「無職生活」。20代半ばを過ぎてからゲイであることを受け入れ、30代になって仕事仲間にカミングアウト。数年を経て専属契約を辞めて絵を描いて暮らすことを決定←いまココ。ほとんど無視に近いレベルにしか返事をしてくれない超絶無口なパートナー男子との穏やかな生活やその他のアレコレをつづる日記的コラムです。
WHAT'S NEW / 新着記事
    先日、え???? ってな留守電があった。 お世話になっている編集部からのそれは、その声や話し方から誰かが想像つかず、 そうした時に限って音声が小さく、誰からの連絡なのかがわからなかった。 メッ…
    暑い暑いとつい口にしてしまいますが、 どうもその「暑い」の言葉には何かしらの不満の色がこもっているのか、 同居人Mから「暑いっていいすぎ」と叱られ、なんとなくいろいろ反省気分のこのごろです。 …
    わが家の猫らはみなグッタリとしている。 そりゃそうだよね、だってあなたたちはこの暑いのに毛皮をまとっている! すると、人間でも体毛が濃い人は薄い人よりも暑さに弱いのだろうか。 などというどうで…
    こんにちは、梅雨ですね。 こんなに気分が天気に影響されるお天気依存人間なのにもかかわらず、 どうして展示を6月にひらくのだろう、と、日程を希望したいつかの自分にクエスチョン。 まあ、でも、なる…