• up

    早い、おいしい、ふるまわない。ふつうの「家ごはん」で大事なことだけ、集めました。まあまあ疲れていてもサッと作れ、簡単でおいしい。誰にふるまうでもない、独り、いや男一匹、自分のために作るごはんレシピです。

  • up

    美容男子編集長、松井が綴るゆる~い食レポ。オトコが漢になるために、松井が気になるあの店この店、憧れの名店へ自腹でGO! 取材にかこつけて副編集長めとき子の行きつけで奢らされてるだけという噂にも、負けないでGO!

  • up

    週刊誌インタビュアー暦10年超えのベテランライターが、突如始めた「無職生活」。20代半ばを過ぎてからゲイであることを受け入れ、30代になって仕事仲間にカミングアウト。数年を経て専属契約を辞めて絵を描いて暮らすことを決定←いまココ。ほとんど無視に近いレベルにしか返事をしてくれない超絶無口なパートナー男子との穏やかな生活やその他のアレコレをつづる日記的コラムです。

  • up

    日々のストレスにさらされて、肌荒れ、薄毛、肥満化……働く男の悩みは尽きない。健康でいるだけでも大変なのに、見た目まで気にしていたら仕事にならん! そんな超多忙メンズに送る、からだの話、こころの話。女医、松村圭子史による、男を上ゲルお役立ち情報満載のコラム

  • up

    エリ、ソデ、スソと、微妙な違いでTPOすら変わってくるシャツ。それは面倒、と思わずに基本からキッチリおさえていくことが大事です。シャツの着こなし方のサワリだけでも知っておけば、プライベートでも活躍してくれる強い味方になってくれるはず!

  • up

    お揃いのジャケットとズボンのことを、スーツと言います。上着は襟つきであり、ベストも必須で三つ揃いを指すのが正式など、あるひとによっては当然の認識も、あるひとにとってはチンプンカンプン。ここではスーツについて、全方向からわかりやすく解説していきます。飽きずについてきてください。

  • up

    ネクタイ。ボタンをとめればシャツが開いてしまうことはないのに、なぜか襟元を締め付けるヒモ状のもの。衣類小物として「必要」ではないのに、「不可欠」なシチュエーションが多い不思議なシロモノ。ネクタイに関する様々なマメ情報をご紹介いたしますので、何かのタイミングでお役にたてれば幸い。という主旨のコラムです。

  • up

    「美人図鑑(仮)」は、美容男子のユーザーを応援してくれている女の子たち。毎日更新されている「今日は何の日??」のモデルとして登場中。彼女たちの笑顔から今日1日の元気をもらって欲しい!という心を込めて編集長自らが撮影しています。

WHAT'S NEW / 新着記事
    体は友だち、と思うことをときどきしています。 それはつまり、体を自分の所有物と考えないということであります。 それって自分と体を分離しちゃっててダメじゃね? とも言えましょうが 体を友だちのよ…
    今日はいい話を聞いたので教えてあげましょう。はい、上から目線でこんにちは。 いい話を教えてくれたのは行きつけの整体の先生でして、 腰が痛かったいつかに、近場でいいところないかと検索し、 からだ…
    ぼくの趣味は、インターネット検索することなのですが、 なんといいましょうか、目的地を目指さない検索がぼくのそれでして、 いつかは、夢にでてきた謎のフレーズを検索してみることを発端に、 まったく…
    もしかしたら文章のテンションなどからお気づきの人もいるかもしれませんが、 当方、個展のことを振り返り記すことに飽きてきてしまった。 どうやら自分のどこかが「それはもう終わったこと」と冷めてしま…
    展示の会をひらいて毎度感心するのは その日、その時間、その場に集う人の組み合わせの妙です。 今回、とても興味深かったのは、 とある土曜日の夜は演奏時間に、 「今日行きます」「今日いる?」など立…
    まず、そこが暗いということが自分の居心地に大きく影響を与えていることを思う。 ギャラリーJは、地下のお店で、まるで洞窟のような細長いつくり。 そうした空間に身を置くと、自動的に内観モードになっ…
    ダメだ、暑いのか眠いのかただの無気力かわからないけどとにかくまた頭が働かない。 ほんとにぼくは、この自らのやる気みたいなものの扱いに手を焼く人生。 うまい広告コピーだなあ、と感心する”やる気ス…