• up
    美容男子編集長、松井が綴るゆる~い食レポ。オトコが漢になるために、松井が気になるあの店この店、憧れの名店へ自腹でGO! 取材にかこつけて副編集長めとき子の行きつけで奢らされてるだけという噂にも、負けないでGO!
  • up
    日々のストレスにさらされて、肌荒れ、薄毛、肥満化……働く男の悩みは尽きない。健康でいるだけでも大変なのに、見た目まで気にしていたら仕事にならん! そんな超多忙メンズに送る、からだの話、こころの話。女医、松村圭子史による、男を上ゲルお役立ち情報満載のコラム
  • up
    週刊誌インタビュアー暦10年超えのベテランライターが、突如始めた「無職生活」。20代半ばを過ぎてからゲイであることを受け入れ、30代になって仕事仲間にカミングアウト。数年を経て専属契約を辞めて絵を描いて暮らすことを決定←いまココ。ほとんど無視に近いレベルにしか返事をしてくれない超絶無口なパートナー男子との穏やかな生活やその他のアレコレをつづる日記的コラムです。
  • up
    早い、おいしい、ふるまわない。ふつうの「家ごはん」で大事なことだけ、集めました。まあまあ疲れていてもサッと作れ、簡単でおいしい。誰にふるまうでもない、独り、いや男一匹、自分のために作るごはんレシピです。
  • up
    お揃いのジャケットとズボンのことを、スーツと言います。上着は襟つきであり、ベストも必須で三つ揃いを指すのが正式など、あるひとによっては当然の認識も、あるひとにとってはチンプンカンプン。ここではスーツについて、全方向からわかりやすく解説していきます。飽きずについてきてください。
  • up
    エリ、ソデ、スソと、微妙な違いでTPOすら変わってくるシャツ。それは面倒、と思わずに基本からキッチリおさえていくことが大事です。シャツの着こなし方のサワリだけでも知っておけば、プライベートでも活躍してくれる強い味方になってくれるはず!
  • up
    ネクタイ。ボタンをとめればシャツが開いてしまうことはないのに、なぜか襟元を締め付けるヒモ状のもの。衣類小物として「必要」ではないのに、「不可欠」なシチュエーションが多い不思議なシロモノ。ネクタイに関する様々なマメ情報をご紹介いたしますので、何かのタイミングでお役にたてれば幸い。という主旨のコラムです。
WHAT'S NEW / 新着記事
    個性的な人だね、という言葉は 便宜上、ときどき口にしていますが 口にしながらも、おかしな言葉だな、とも思ったりしていて。 なんでおかしいのかというと この世に存在しているすべての人は 絶対的に…
    こんばんは。いまは夕方です。 わりとあたたかい1日に気分のよい私から あなたに向けてお届けしたいのは そもそもお前は誰やねん? へのお答えのようなものについてです。 多くの人はそうかと思うので…
    前回は、記者の面接を受けるところまでの話を書きましたので その続きから書きますね。 あれでしたら、プロフィール1から読んでくださいね。 ええと、そんな経緯で とある週刊誌編集部で 人生迷子男子…
    今朝、気がついたことがあったので、書きますね。 ぼくは、ゲイなのですが 今はそんな告白をそうためらわずにできるようになりましたが かつては、ゲイであることは死ぬまで誰にも言えない、 とそれはそ…
    いろんな友だちやら知り合いやらがいますが とくに付き合いやすい人というのは、 これを言ったらダメということの少ない人かもしれない。 しかし、友だちと知り合いの境界線ってどこにあるのでしょう。 …
    この世に存在するものはすべて 表と裏があるといわれていますが それは、ようするに物の見方ということなのだと思います。 たとえば。 ワガママな人という言い方は悪意方面からの捉え方であり 善意方面…