更新

男のスキンケア入門~メンズ化粧品の選び方からおすすめブランドまで~

test

肌のコンディションが良くないと感じつつも、いざスキンケアとなると何となくハードルが高く感じてしまい、結局入浴ついでに顔を洗うだけという男性も多いはず。
今回はスキンケア初心者向け男性のために、化粧品の選び方と基本的なケア方法をご紹介します。

男のスキンケア入門~化粧品の選び方からおすすめブランドまで~

男のスキンケア入門~化粧品の選び方からおすすめブランドまで~

1. 男性はメンズ化粧品を使おう

 

実は男性と女性ではそもそも肌質が異なります。
せっかくケアを始めるなら、男性専用のスキンケア用品を使って効果を実感しませんか?

 

◆ 女性の肌と男性の肌は違う

 

女性と男性の肌は何がどう違うのか、まずはそこから見ていきましょう!

◎ 皮脂の量

 

男性の肌の皮脂量は、女性の3倍も分泌されていると言われています。皮脂の量自体は10代~50代までさほど変化はないのですが、水分量は年齢とともに減少することで皮脂分泌が盛んになります。これが『中年男性=テカっている』というイメージの要因です。

◎ 皮膚の厚さ

 

男性の皮膚は女性と比べて厚みがあります。皮膚に厚みがあることで、紫外線などの外的なダメージには男性のほうが強いのですが、皮膚が薄いほどキメが細かく柔らかくなるため、厚みのある男性の肌はゴワゴワ、ザラザラした印象を受けるのです。

◎ 毛穴

 

毛穴が開いてしまう大きな原因は“老化によるたるみ”です。キメの細かい毛穴は丸い形をしているのですが、年齢を重ねて皮膚が垂れ下がることで、毛穴が楕円形になります。これよって毛穴の面積が広がり、毛穴が目立ってしまうのです。

◆ 肌が違えばスキンケア方法も違う

 

外からのダメージにはある程度強い男性の肌ですが、皮脂量が多いため毛穴が目立ったり、日々のヒゲソリダメージを受けていたり、男性ならではの肌トラブルがあるのも事実。それらを解消するために男性の肌専用に開発された化粧品を使うのがより効果的と言えます。

 

2. 洗顔、化粧水、乳液で肌を整える

 

美肌の基本3ステップは、洗顔、化粧水、乳液です。まずはこの3つを完全にマスターして習慣づけてしまいましょう。

 

◎ 美肌の基本ステップ①: 洗顔をする

 

肌は冷水ではなくぬるま湯を使います。人肌程度のぬるま湯で洗うことで、毛穴を開き洗顔料が密着しやすくなります。チューブに入った洗顔フォームが一般的ですが、べたつきが気になる場合はジェルタイプも良いでしょう。敏感肌なら肌に優しい固形タイプを。毛穴をしっかり洗浄するニキビ専用の洗顔料もありますが、スクラブは肌に刺激が強いので、使うとしても週に1回程度にします。

1. 洗顔料をよく泡立てて、たっぷりの泡を作ります。洗顔用の泡ネットを使うと簡単です。また、泡立てるのが面倒なら、最初から泡が出てくる洗顔料もあります。
2. 泡で顔を撫でるようなイメージで優しく顔を洗います。決してゴシゴシと擦らないようにやさしく泡で汚れを浮き立たせ、ぬるま湯できれいに落とします。すすぎ残しは肌荒れの原因になるので丁寧に洗い流します。
3. 最後に冷水で引き締めると、血行がよくなり毛穴も締まるのでおすすめです。


◎ 美肌の基本ステップ②: 化粧水をつける

 

手でバシャバシャとはたいているだけでは十分な効果は得られません。しっかりと肌へと浸透させるためには、化粧水を肌につけて押さえるようにパッティングすることが大切です。コットンを使ったパッティングは、手よりも清潔な上、凹凸がないため全体的に化粧水がいきわたりやすく、正しく角質層まで化粧水が浸透します。敏感肌・ニキビ肌・乾燥肌・脂性肌など、様々なタイプがありますので、自分の肌に適した化粧水を選んで使いましょう。

◎ 美肌の基本ステップ③: 乳液

 

化粧水をつけたまま放置すると、化粧水が蒸発する時にかえって肌の乾燥を促すため、乳液の油分で化粧水を封じ込める必要があります。また、乳液には化粧水と同様、油性の美容成分を肌に届ける役割もあるので、乳液までを1セットと考えたスキンケアが効果的です。自分は脂性肌だから、と乳液を付けずにいると、化粧水の効果も薄れてしまうことになります。さっぱりタイプの乳液を選べばべたつきは軽減されますので、自分の肌タイプや好みのテクスチャーで選ぶと良いでしょう。

 

3. おすすめメンズ化粧品ブランド5選

 

ラインナップ豊富なメンズ化粧品の中から、自分に合うアイテムを見つけるのも一苦労ですよね。「何を基準に商品を選べば良いのかわからない」と言う方に、おススメのブランドをご紹介します。

 

◆ おすすめメンズ化粧品ブランド1位: バルクオム スターターキット

 


ご購入はこちらから



価格: \2,700



メンズコスメで常時上位ランクインする大人気のシリーズです。男性の肌の構造に本当に必要なスキンケア方法は何かを研究されて開発されました。「洗う」・「潤す」・「守る」という、シンプルかつベーシックなスキンケアで、確かな効果を実感できます。スターターセットはお試しにピッタリです。

Amazonで購入する


 

三浦翔平が愛用していることで人気になったBULK HOMME

 

◆ おすすめメンズ化粧品ブランド2位: DHC MEN オールインワン モイスチュアジェル

 


ご購入はこちらから



価格: \1,064




これ1本で化粧水・美容液・乳液・クリームの基本のスキンケア、ひげそり後のアフターケア、更には体の乾燥が気になる時のボディクリームの機能までを凝縮した欲張りなアイテムです。「あれこれ揃えて順番を考えてケアするなんて面倒くさい!」という男性のためのオールインワンジェル。

Amazonで購入する




◆ おすすめメンズ化粧品ブランド3位: ルシード 薬用 トータルケアシリーズ 化粧水

 


ご購入はこちらから



価格: ¥633




男性の年齢肌に対応したエイジングケア成分により、若々しく健康的な肌に導いてくれる、薬用フェイスケアシリーズです。中でもトータルケアラインは1本で7つの肌悩みをまとめて対策してくれます。さっぱりとした使用感で、スーっと肌になじんで、角層深部まで贅沢に保湿し、カサつきを防いでくれます。

Amazonで購入する




◆ おすすめメンズ化粧品ブランド4位: クワトロボタニコ メンズ 化粧水 オールインワン

 


ご購入はこちらから



価格: ¥2,160




メンズコスメに見受けられがちなアルコール臭がなく、オーガニックの香りが特徴です。うるおいをしっかり閉じ込めてくれるようとろみのあるテクスチャーで、しっとりと伸び、高い保湿力が期待できます。皮脂をケアする植物エキスが働きかけて肌の水分と油分のバランスが整えられますので、オイリー肌の方にもおすすめです。

Amazonで購入する




◆ おすすめメンズ化粧品ブランド5位: 資生堂 シセイドウ メン スキンケアキットH

 


ご購入はこちらから



価格: ¥2,650




資生堂が長年積み重ねてきた、男性特有の皮膚生理の研究成果から生まれたスキンケアシリーズです。高品質で美肌作りに効果的な成分がたっぷり入っているので、お値段が若干他の製品と比べると高めですが、多くのメディア媒体の化粧品ランキングやレビューで高評価を得ていて、その実力は実証済みです。

Amazonで購入する


 

test

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事