更新

就活でパーマはNG?就活時の髪型で知っておくべきこと

test

パーマをかけたり髪色を変えたり、めいっぱいおしゃれを楽しめるのが学生生活。でも、就活の時期が近づいてくると「就活中もこの髪型で大丈夫なのか」と気になってくる人も多いのでは。
今回は「就活中のパーマはNGなのか」という視点から、就活時の髪型で気を付けたい点をまとめました!

就活でパーマはNG?就活時の髪型で知っておくべきこと

1. 就活での髪型は清潔感が第一!

 

就活の面接の髪型で大事なのは、「パーマをかけているか」ではなく「清潔感があるかどうか」です。パーマをかけているから、という理由でマイナス評価になることは、実際にはほとんど無いようです。必ずストレートにしなければならないというわけではありませんので安心してください。
ですが、就活時にはパーマはしないほうがいいと言われているのも事実。パーマを避けた方がいいと言われるのはなぜなのでしょうか。

 

■ 就活の時のパーマは必ずしもNGではない

 

あくまでも大事なのは清潔感。パーマでマイナス評価になることはほとんどないのですが、やはり業種によっては気にした方が良い場合もあります。金融や保険、証券会社や公務員など硬いイメージのある企業では、真面目な印象を持ってもらえずマイナス評価に繋がる可能性があります。
自分の志望する業種や企業の社風を理解しておくことも大切です。

■ 何故就活時のパーマはNGと言われるのか

 

パーマ自体はOKでも、パーマが避けられがちなのには理由があります。それはパーマをかけることによる影響が、面接で不利に働く可能性があるからなんです。

・髪の毛の痛みが目立ってしまう

パーマをかけているとどうしても髪の毛は傷みがちになります。痛みが目立ってしまうと清潔感も失われ、面接官の目にも良いようには映らないでしょう。髪の毛や身だしなみに無頓着な方はそれだけでマイナスのイメージがつきやすいので注意が必要です。

・真面目な印象をもたれにくい場合も

極端な例ですが、就活の面接にドレッドヘアやパンチパーマで現れた人を見て、一緒に仕事したいとはなかなか思えないですよね。
パーマ自体がNGではありませんが、目立ちすぎる髪型は真面目な印象をもたれにくく、面接ではどうしても不利になってしまいます。パーマをかけているかどうかではなく、一緒に仕事がしたいと思える見た目かどうか、という点で考えてみましょう。

■ 就活中でもNGなパーマ

 

くせ毛にみえるくらいのゆるいパーマは問題ありませんが、おすすめできないものもあります。カーリーヘア、パンチパーマ、ドレッドヘア等くせの強いパーマはやめておきましょう。また、根元からの強いパーマは面接官によっては「就活をする気がない学生」という印象を持つ可能性がありますのでこちらもおすすめできません。
こんなことで減点されてしまうのは、とてももったいないですよね。あなたの良さを最大限にアピールするためにも、就活の場で悪目立ちするようなパーマは避けるようにしましょう。

 

2. 就活でパーマをかけるメリットとデメリット

 

ここまで読むと、結局パーマはかけていない方が無難なのでは…と思われる方も多いかもしれません。しかし、パーマをかけることのメリットもあるんです。パーマを落としてしまう前に、パーマをかけることのメリットとデメリットを考えてみましょう。

 

■ パーマのメリット

 

パーマがかかっていると髪の毛がまとまりやすいため、思い通りの髪型に短時間でセットすることができます
就活中も例外ではなく、女性ならさっとポニーテールにするだけで綺麗にまとまったり、シニヨンを作りやすいため、朝の準備時間を短縮することができます。

■ パーマのデメリット

 

パーマのデメリットは、施術の時に加わるパーマ液のダメージや熱により、髪そのものが傷んでしまうことです。傷んだ髪は、パサついて広がりやすくなり、「だらしない」「不真面目そう」という印象を与えることにもなりかねません。傷みを軽減するために、就活中は特に毎晩のケアに気を使いましょう。

 

3. 男女別パーマで就活の面接に臨む際のポイント

 

就活でもパーマをかけた状態で面接に臨んだ場合どんなポイントを重視したらよいのでしょう?これもまとめてみました!

 

■ 【男女共通】就活をパーマで臨む際のポイント

 

・髪色は黒髪がベスト

アパレル等の個性が求められる業種以外は、髪色は黒で臨みましょう。パーマをかけているならなおさらです。傷みで毛先だけ明るくなってしまったりと、良いことがありません。

・清潔感を大事に

清潔感の感じられるまとめ方をしましょう。具体的には、前髪が目や顔にかかりすぎないようにすること。何度も髪をかき上げたり、目元が隠れてしまっているとやはり印象はよくありません。

■ 就活中にパーマの男性が注意すべきポイント

 

・整髪料をつけすぎない

ワックスを普段通りに使用してしまうと、ラフなイメージを与えてしまいがちです。自分では気づかなくても、面接官等の年配の方から見るとつけすぎに見える場合もあります。自分だけで判断せず、年上の人に確認してみるのが良いでしょう。
また、こちらも自分では気づきにくいですが、整髪料のニオイが不快に思われる場合もあります。香水同様つけすぎは禁物です。

・寝癖っぽくしない

パーマが寝癖に見えないよう、セットの仕方には気を付けましょう。だらしないと思われてしまうと就活では致命的です。
普段ワックス等をあまり使わず慣れていない方は、事前に練習をして自然なセットができるようにしておきましょう。

■ 就活中にパーマの女性が注意すべきポイント

 

・シニヨンやハーフアップでまとめよう
女性の場合、シニヨンでまとめてパーマ自体を隠すことも、ポニーテールやハーフアップでゆるめのパーマを効果的に見せることもできます。
シニヨンは就活にふさわしい清潔感のある髪型ですので、髪の長さがある方には一番おすすめです。
ハーフアップは女性らしい印象を与えたい時におすすめ。毛先が広がりやすいので、スタイリング剤でまとめましょう。

・お辞儀した時に顔に髪がかからないように対処
女性の場合は顔まわりの髪が気になる方が多いです。お辞儀をしたときに髪がかからないよう、ピンで止める、前髪も一緒にまとめる等工夫をしましょう。

 

4. 天然パーマの人はどうしたらいい?

 

就活で大事なのは清潔感。他のパーマ同様、天然パーマだからといって気にすることはありません。清潔感を意識して、しっかりとセットしましょう。女性は特に、まとめてしまえばほとんど気にならなくなります。
伸ばすとアフロ級のきつい天然パーマの方など、どうしても不安であればストレートパーマをかけることを検討するのもありですが、不自然なストレートは高校生のような印象を与えてしまう可能性や、縮毛矯正による髪へのダメージも心配。施術の際は美容師としっかり相談してくださいね。

就活でワックスを使うのはアリ?ナシ?使い方のポイントと注意点を徹底解説!

 

就活でパーマはNG?就活時のパーマで知っておきたいこと

  • 1. 就活だからといってパーマを落とす必要はない!
  • 2. パーマかどうかではなく、清潔感があるかを気にしよう!
  • 3. 大人の意見も取り入れて、就活にふさわしい恰好を!

ライター後記

パーマはTPOを守れていれば就活時も問題ありません。しかし、髪型が問題ないか気になってしまい面接に集中できないということになっては本末転倒。どうしても気になるのであれば、思い切ってパーマを落とすのも手です。面接に集中して臨めるよう、身だしなみに関しても準備を怠らないようにしたいですね!

 

test

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事