更新

gackt(ガクト)の髪型の作り方特集!ショートとパーマのセット方法を徹底紹介!

test

端正な美貌を誇るgackt。もともとビジュアル系バンドのメンバーだったこともあり、その髪型も変幻自在かつどれもカッコいい!
gacktを目指したいのなら「どのgackt」を目標にしているのか、ヘアスタイルからしっかり真似ていきましょう。

gackt(ガクト)の髪型の作り方特集!ショートとパーマのセット方法を徹底紹介!

gackt(ガクト)の髪型の作り方特集!ショートとパーマのセット方法を徹底紹介!

1.gackt(ガクト)の髪型まとめ

 

カッコいいgacktの髪型をまとめてみました。真似できるか否か不安なところもありますが、ご参考ください。

 

●ベリーショート

 

ミステリアスな雰囲気から、なんとなく毛先感のあるイメージを連想しがちなgacktですが、ベリーショート時代もあります。
こちらは2011年頃。サイドバックというよりは、フロント部分も思い切りよく刈り上げていますね。
サイドの刈り上げ部分はラインアート入りで、トップの毛を立たせていることがわかります。
全体を同じ長さにすると「伸びかけ坊主」になってしまうところを、細かく変化をつけることで立体的かつおしゃれに仕上がっています。
明るい髪色も注目。また、ここからトップの毛が伸びたモヒカンバージョンもカッコいいです。

さらに前髪を伸ばして、額に流したパターンも。伸ばしかけだっていつもカッコいいのがgacktです。


●ショート

 

最近のgacktといえばこの髪型。

 

光がまぶしいのかgacktがまぶしいのか分かりませんが(笑)、リッジ感(毛束感)を出しつつセットされたショートヘアは、やはり立体感があります。
髪色もおそらく部分的に色を変えているのではないでしょうか。のぺっとした平面的なところがないため、gacktの彫刻のように彫りの深い顔とよく合って、より「異国感」がにじみ出ていますね。

日本人に比べ欧米人は顔の正面が細く、奥行きがあると一般的に言われていますが、そのイメージに近いでしょうか。


 

こちらは同じショートでも、黒髪バージョン。
スタイリング剤も変えているのか、プロフィール画像ほどの「毛束感」はありませんが、トップから髪の毛の長さを変えてカットしているため、やはり立体感があります。前髪は再度に流していますが、こちらもアシンメトリーのため平坦になっていませんね。
黒髪はgacktの色白さを強調、落ち着いた雰囲気を漂わせています。


●ミディアムショート

 

以前のgacktは、ビジュアル系バンドの名残か今よりやや髪が長かったようです。

 

こちらは、写真からはわかりにくいのですが髪色自体はかなり明るいもよう。
トップと襟足は長めにし、サイドはふんわりと耳に乗せています。
中性的な雰囲気が漂う、やわらかカッコいい髪型ですね。


 

いつの時代か不明ですが、やはりかなり前かと思われます。
こちらはかなりの金髪で、目にかかるぐらいの前髪が特徴的。
スパイラルかツイストパーマをかけているかもしれません。
束感はありますが、まだウエット&ハードなスタイリングではなくふわふわしている感じ。

現在の色っぽい大人の男性というイメージとはまた違う、線が細く耽美な美青年という風情を漂わせていますね。


●パーマ

 

先の写真もパーマヘアっぽくはありますが、「gacktのパーマ」といえばこちら。

 

男性にしてはかなり大胆なパーマで、ロットの跡がしっかり残る「半縦ロール」ともいえるパーマスタイルです。
しかしこちらそれぞれの束感がしっかり出ており、かつ黒髪とツヤ感がマッチしていますね。

毛先が遊ぶようにパーマ&スタイリングされていて、ゴージャス&セクシーな魅力が爆発しています。

 

2. gacktの髪型の作り方

 

では実際に各髪型を真似するときのポイントについておさらいしていきましょう。
髪型だけでもgacktに近づけるよう、努力を…!

 

●gacktの髪型の作り方【ベリーショートver.】

 

ベリーショートの場合ですが、フロントまでがっつり刈り上げてしまうのはgacktレベルの美形以外にとってハードルが高めです。
ここは上の写真のように、前髪も少し残したモヒカン的髪型を真似てみてはいかがでしょうか。
サイドは耳が出るぐらいしっかり刈り上げ、ラインアートも忘れずに。
フロント〜トップの毛はハードワックスなどでしっかり立ち上げ、立体感を出すことがポイント。
このときのgacktに近づけるにはウエット感が出ないスタイリング剤を使うとよいでしょう。


 

なお、前髪をさらに伸ばせばこんな感じに。あまり短すぎるとゴリラになってしまうという人や、も少し中性的にいきたい方はこちらを真似てみてはいかがでしょう。前髪は横に流ししっかり寝かせつつ、トップの毛は垂直というより前に突き出すように立てることがポイントです。

このときはツヤ感がありますのでスタイリング剤もそれに対応したものを。また、先程より毛先に長さがあるので、ハードスプレーなどでキープするとよいでしょう。


●gacktの髪型の作り方【ショートver.】

 

ショートの場合、トップの髪は少し短めにして自然と立ち上がるようにカットしてもらいます。

そこから、前髪にかけて長さを出していくことで立体感と動きを出していきましょう。
おそらく全体にシャギーが入っていると思われます。

これによって自然と毛先に向かって細くなっていき、漫画のようなトゲトゲ感(失礼)が出しやすく。こちらもハードめのワックスを両手にしっかりもみこんだ上で、トップは根本から立ち上がるようにしつつ、前髪にかけて毛束をつくるようにつまみながら、根本に立ち上がりをつけましょう。

前髪部分は、毛束ごとに△を作るようにワックスでまとめていくとほらgackt!
額の真ん中に毛束をひとつ垂らし、大きな△を両目の上に2つ作るおうにするとバランスがいいですよ!


●gacktの髪型の作り方【ミディアムショートver.】

 

ミディアムショートのときは、前髪は目にかかるかかからないか、
サイドの髪は耳にかかるかかからないか、という絶妙な長さを出すことがポイントです。

襟足もやや眺めですが、ここはいまの流行にあわせて長さを変えてもよさそうです。
ふわふわエアリー感が中性的な魅力となっていますので、ぺたんとしたマッシュルームカットにはならないよう。
動きが出るように、サロンで軽くすいてもらい、パーマヘア用のワックスなスタイリングするとよいでしょう。

ホールド力のあるワックスを指先によく伸ばした状態で、毛先をねじると、写真のように遊びのある毛先になります。
しっかり根本にもワックスをもみこみ、頭頂部が寝てしまわないようにしましょう。


●gacktの髪型の作り方【パーマver.】

 

これはもう「美容院いってください」なのですが、かなりしっかりパーマがかかっていますので、ある程度髪の毛を伸ばしてから行くようにしましょう。

ツイストパーマは髪の毛をねじねじしてかけるパーマのため、できあがると思ったより髪が上がり、短くなってしまいます。
また、毛先まで全部くりくりにしていないのがgackt流(の、もよう)。

その余韻のある毛先が「スキ」という名のエロスを生み出し、結果スキのない髪型になっています。

前髪にはあえてパーマをかけずはらりと額にかければ小顔効果も生まれますが、顔がごつい人がやるとかえって面白いことになってしまうこともありますので、要注意。ある程度年齢を重ねた男性なら、潔く額を出したほうがいいかもしれません。

パーマをしっかり見せたいときは、パーマヘア用のミルクやフォームを。
ドライな感じを出したいときはウエット感のでないワックスで無造作感を出すなど、日頃のスタイリングも使い分けましょう。


●gacktに近づくなら髪色も考えよう!

 

gacktはその時々で髪色も変えています。

漆黒から金髪、オレンジまでさまざま。
長い時は暗め〜短いときは明るめの色という傾向がありますが、どの時代のgacktになりたいかも考えつつ髪色を決めましょう。

 

3. gacktの髪型を目指すなら美容院へ

 

さて、ジャンル別に見てきたgacktの髪型ですが、いずれも基本は「カット」や「パーマ」などプロの技術が必要です。

gacktの画像は山程ありますので、一言で「ショート」といっても、金髪なのか黒なのか、前髪をアシンメトリーにしているときなのかそうでないのか細分化されていますので、なりたいgacktの画像を手にスタイリストさんに相談するとよいでしょう。

髪質によって仕上がりも変わってきますので、そのあたりはしっかり相談を。

場合によってはあえてパーマをかける必要が出てくることもありますので、予算は多めに用意しましょうね。

gacktになるには投資も必要!!

 

gacktの髪型の作り方特集!ショートとパーマのセット方法を徹底紹介!

  • 1. gacktの髪型はベリーショートからパーマまで変幻自在
  • 2. それぞれにスタイリングの仕方が違うので、相性のいいものを用意
  • 3. とりあえず美容院へGO!

 

test

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事