更新

各国の有名紅茶ブランドLOOK BOOK「紅茶のブランドはイギリスだけじゃない!」

世の中はコーヒー専門カフェばかりもてはやされてるけど、実はコーヒー苦手。カフェのメニューの片隅に、控えめに載ってる紅茶がなんか愛おしい。飲んでみるとその優しい香りと味わいに心も体もほっとする。いいな、紅茶。もっとキミを知りたい…って気づいてみると、専門店からデパート、スーパー、コンビニにまで、紅茶のブランドってたくさんある! どこのを選べば良い?と悩めるあなたに、紅茶に興味を持ったらまず知っておきたい王道ブランドについて解説します。

各国の有名紅茶ブランドLOOK BOOK「紅茶のブランドはイギリスだけじゃない!」

各国の有名紅茶ブランドLOOK BOOK「紅茶のブランドはイギリスだけじゃない!」

1. 各国の紅茶のブランドリスト

 

紅茶のブランドは各国各社様々あり、創業から数百年という老舗から現代のニューカマーも続々と増えています。生活文化として紅茶と切っても切り離せないイギリスをはじめ、早い時期から中国よりお茶が伝わっていたフランスや、わが国日本もたくさんの紅茶ブランドがありますし、コーヒー主流のお国柄のアメリカにだってあるのです。

 

◆イギリスの紅茶ブランド

 

とにかく紅茶が国民生活に定着してからの歴史が長いため、その種類は各種多岐に渡るのですが、主にミルクティーにして飲むために、ミルクと相性がいい、濃く出易い茶葉が好まれるようです。イギリスの水は硬水が主なので、発酵が不完全な緑茶や烏龍茶よりも完全発酵茶の紅茶が濃く出やすく、酪農が盛んな土地柄ミルクを入れるととても味の相性がよかったことや、脂肪が多い食生活のため、脂肪分を洗い流す紅茶の効能もあわせて定着したようです。

①TWINING トワイニング

 

1706年創業のトワイニングの歴史は紅茶の歴史とも言われるほどの老舗中の老舗。その名の由来となったグレイ伯爵によって開発を命じられ作られた「アールグレイ」の元祖とされ、その味わいは一番オリジナルに忠実といわれています。

・アールグレイ リーフティ75g 540円レディグレイ リーフティ75g 540円
百貨店、大手スーパー、トワイニング公式HPなどで販売

②FORTNUM & MASON フォートナムアンドメイソン

 

1707年創業のイギリス王室御用達の老舗百貨店で、紅茶好きだったアン王女に仕えていたウィリアム・フォートナムが小さな店を持っていたヒュー・メイソンと出会ったのがはじまり。クイーンアンの名の茶葉もあります。代表的なものはアッサムベースのしっかりした味わいのブレンド茶葉が多く、ミルクティとして味わうのがお薦め。

・ロイヤルブレンド 125グラム 2160円
・ブレックファスト 125グラム 2160円
有名百貨店、輸入食品店、フォートナムアンドメイソン公式HPなどで販売

◆フランスの紅茶ブランド

 

コーヒーが主流の国であるので、紅茶はどちらかといえば嗜好品扱い。香水が発達しているお国柄のせいか、近年では茶葉に香り付けをしたフレーバードティが人気です。とはいえ、イギリスよりも紅茶の上陸は早かったため、老舗専門店も沢山あります。

①MARIAGE FRERES マリアージュフレール

 

1854年パリで創業した茶葉専門店。様々な産地農園から届けられる紅茶や、紅茶だけでなく緑茶やルイボスティといったもの、またそれらをベースにしたフレーバードティなど500種をこえる茶葉を取り扱っています。日本店舗も沢山あるので、伝統的なものから、最新のフレーバードティまで多岐にわたる圧倒的品揃えを体感してみるのも楽しい。

・マルコポーロ 100g 2600円
銀座店(中央区銀座5-5-6すずらん通り)ほか各店舗、百貨店、輸入食材店、マリアージュフレール公式HPなどで販売

②FAUCHON フォション

 

1886年、オーギュスト・フォションがパリで開いた食品店が始まりで、茶葉をブレンドするという技術を始めて取り入れたのがフォションだったとか。フレーバードティが有名で、アップルティーといえばフォション、という人もいるほど。

・アップルティー 140g 1944円
有名百貨店、高島屋オンラインストアなどで販売

◆日本の紅茶ブランド

 

日本に紅茶が始めてイギリスから輸入されたのは明治20年、たった100gだったそう。西洋化の波に乗って少しずつ浸透していったとはいえ、今のように紅茶専門店が増えてくるのはここ3~40年くらいのこと。慣れ親しんだ緑茶の味に近いせいか、ダージリンティをはじめ青みのある味わいの茶葉を得意とする専門店がなんとなく多い気がします。

①LUPICIA ルピシア

 

日本の紅茶ブランドとして店舗展開数と取り扱い数はトップクラスと思われる。取り扱う茶葉種は年間400種以上。産地農園別、シーズン別、ブレンドもの、フレーバードティと各種あるので、お店に行くなら店員さんに相談に乗ってもらおう。あちこちにあるので紅茶の初心者でも行きやすい。

・ダージリン・ザ・ファーストフラッシュ 50g 790円
・白桃 50g 610円
自由が丘本店(目黒区自由が丘1-25-17)ほか各店舗、ルピシエオンラインストアなどで販売

②dimbla ディンブラ

 

日本の紅茶専門家といえばこの方、磯淵猛氏の紅茶専門店。店名の通りディンブラ産の紅茶をはじめ、磯淵氏自ら買い付けた産地農園別の紅茶を取り扱う。ちょっと玄人好みな構えで、丁寧な説明と、紅茶に関する著書も多く、日本人にもっと紅茶に親しんで欲しいという気持ちが伝わる。紅茶そのものを味わいたい方に。

・ディンブラ 100g 1100円
ディンブラ店舗(神奈川県藤沢市鵠沼石上2-5-1)、ディンブラオンラインショップなどで販売

◆アメリカの紅茶ブランド

 

アメリカといえばアイスティーの発祥地。かつて南部アメリカの人たちが、当時出回り始めた冷蔵庫で冷やした紅茶を、たっぷりの砂糖で甘くして振舞うことをステイタスにしていたのがひろまったとか。

①LIPTON リプトン

 

私達にかなり馴染み深いブランド。ペットボトルや紙パックのアイスティでよく目にしますが、茶葉もちゃんと作っています。トーマス・リプトンが1871年に開業した食料品店から始まり、紅茶業界に着目してセイロンの紅茶園を買収したことで成功を収め、今に至ります。

・サー・トーマス・リプトン セイロン リーフ 100g 1512円
リプトンティーハウス銀座(中央区銀座1-3-1銀座富士屋ビル2階)、リプトンオンラインショップなどで販売

②HARNEY & SONS ハーニーアンドサンズ

 

1983年、ニューヨーク生まれの比較的新しいブランド。イギリスの紅茶の伝統をベースに様々な発想の創作茶を生み出している。バーニーズニューヨークでも取り扱ってるのでオシャレも気にしたいあなたに。ノンカロリーなのに甘さのあるシナモンティが人気。

・ホットシナモンスパイス サシェ30個入り 3240円
JR名古屋タカシマヤ直営店、DEAN & DELUCA、BARNEYSNEWYORK、オンラインストアなどで販売

◆その他代表的なブランド

 

●TWG Tea ティーダブリュージーティー 

2008年シンガポールで創業のブランド。黄色のパッケージが特徴的で、お土産でもらったことがある人もいるのでは。「1837 Black Tea」が人気。国内店舗、オンラインストアあり。


●Harrods ハロッズ

イギリス最大の老舗高級百貨店。食料雑貨店としてスタートしたときから紅茶は主力商品でした。「No.14 イングリッシュブレックファスト」が人気。三越から撤退してしまったので店舗購入は困難なようす。アマゾンなどのネット通販で。



ざっとあげてみましたが、その国の文化的背景や創業者の好みなど、ブランドによって紅茶といえども種類は様々。茶葉を買ってみるのもよし、ティールーム展開しているブランドもあるので、味見がてらアフタヌーンティと洒落込んで、お気に入りを見つけてみるのもいいかも。

 

1度は飲んでみたい高級紅茶!おすすめ8選

 

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事